魔王様、溺愛しすぎです!

necoaya

425. 異世界にもハゲはある

 結論から言うと『綺麗』にはなった。オレリアは肌艶がよくなったと喜んでいるし、服も新品同様だ。リリスも清めた手を振って、にこにこと機嫌よく笑っていた。


 万能結界が仕事をしたあと、被害をこうむっていたのは足元の兎だ。リリスとオレリアに向かう筈だった魔法の大半が兎に適用され、気の毒なことに毛皮が行方不明になった。家出した、失踪したとも表記できるが……まあ、丸ハゲで震えている。


「……食材みたいですね」


 引きつった顔で指摘したエドモンドの言葉を、リリスは違う意味に受け取った。


「これ、ごはんにするの?」


「出来なくないけど、倫理的にアウトだな」


 震える兎を抱っこしたリリスが、とことこと歩いてくる。膝をついて兎ごと抱き上げて眉尻を下げた。なんとも哀れな姿である。毛を生やす魔法陣なんてストックないぞ。今まで縁はなかったが、初めて発毛関係で悩むルシファーは溜め息をついた。


 子供のミスをカバーするのは親の役目だ。


「兎さん、寒そうだね」


「風邪はひくだろうな」


 病気もだが、この状態で魔物行きかう魔の森で生きていけると思えない。撫でてやりながら、時間を戻す魔法陣は生き物に適用できなかったか……と頭の中で、大量の魔法陣から使えそうな物を探した。


「魔王陛下、この魔法陣などいかがでしょう」


 唸っているルシファーを見かねたのか、エドモンドが提案する。魔法陣を浮かべて一部を指さした。


「この辺りを改変すれば使えそうです」


「あら、生き物でしょう? これだと兎肉(美味)になってしまいますわ」


 オレリアが不備を指摘した。これだと美味しい食肉加工で間違いない。やはり生き物に使える魔法陣は限られてしまう。多少の改良では追いつかなそうだ。悩むルシファーの髪を引っ張ったリリスが「兎さんはふわふわがいい」と声をあげた。そのまま毛皮がない兎の背を撫でる。


「ふわふわ~、ふわ~、ぶわぁ……?」


 リリスの手が覆った部分から、兎に毛が戻ってくる。巻き戻しなのか、新しく生やしたのか。分からぬまま兎はふたたび茶色い毛皮を取り戻した。元のふわふわを通り越して、長毛種みたいに毛が溢れていく。


「リリス?!」


「ふさふさのぉ、ぼさぼさになっちゃった」


 毛が絡まる長毛種と化したモップのような姿の兎に、リリスは「何か違うの」と言いながら指でハサミの真似をした。切る仕草と同時に、兎の背がすっきりしていく。そのまま兎の毛刈りを行う非常識さに、エドモンドもオレリアも言葉を失った。


 周囲の魔族は茫然としている。そもそも毛を生やす魔術があるなら、ハゲに悩む購入希望者が殺到するだろう。彼女が魔法陣を使用しなかったので、毛が生えた魔術の理屈が誰もわからない。


「……ルキフェルはどこだ?」


 ぼそっと名を呼ぶと、転移で目の前に現れた。不思議そうな顔をするルキフェルは状況がつかめていない。呼び声に応えたら、ルシファーが兎を抱いたリリスを抱っこしており、衣服は短い茶毛で汚れていた。さらに茫然としたオレリアと、顎の外れそうなエドモンド。狂喜乱舞する一部の種族がいた。


「どうしたの?」


「あ、ああ。リリスが兎の毛を生やしたんだが……魔法陣に起こせるか?」


 直前の魔法を写し取る魔法陣があったはずだ。そんなルシファーの問いかけに、きょとんとしたルキフェルが「毛を生やした?」と繰り返す。頷くルシファーと周囲の魔族の様子に、間違いないと理解したルキフェルの行動は早かった。


 特殊な魔法陣を複数編んで、あっという間に兎を包囲する。四方から囲んで読み取りを行う。


「出来ましたか?」


 期待の眼差しを向けるドワーフや一部の獣人に、ルキフェルは頷いた。


「あとで再構築してみるけど、たぶん出来ると思う」


 わっと盛り上がる魔族の様子に、足元でアベルが呟いた。


「異世界もハゲはある……でもハゲは直るのか」

「魔王様、溺愛しすぎです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く