魔王様、溺愛しすぎです!

necoaya

410. 異世界の作法と名前

 お土産よろしく持ち帰られた勇者は、予想外の好待遇にびっくりした。魔王を倒しに来た勇者が魔王城で与えられる部屋は、地下の牢屋だと思っていたのだ。それが普通に窓の外は庭で、1階の客室らしい。


 逃げようと思えばいつでも外に出られる環境で、しかもベッドが柔らかかった。ふかふかの絨毯が敷き詰められているので、思わず靴を脱いで座ってしまう。高そうな家具が備え付けられた部屋を見回しても、牢屋という表現は似合わなかった。


「贅沢だ」


 前世界もアパートじゃなくて一軒家だったけど、こんな立派な部屋じゃなかった。絨毯に座ってきょろきょろしていると、案内して姿を消していたルキフェルが戻ってくる。


「あれ、なんで床に座ってるの?」


「靴も? 異世界の作法でしょうか」


 やたら美形のすらりと背が高い銀髪のお兄さんと、愛らしい水色の少年はまるで主従のようだ。少年はタメ口で、年上のお兄さんが敬語だった。しかし彼らの会話から推測すると、対等の地位らしい。魔王の隣にいた赤い瞳の綺麗だが怖い兄さんもそうだが、城仕えが長いと敬語になるのかも知れない。


「僕のいた世界は部屋の中で靴脱いで、床に座る習慣がある」


「ふーん。あんたがいいなら、僕は気にしないから好きにしたら」


 ルキフェルは他人にあまり興味を持たないらしく、突き放した口調で近くのソファに近づいた。しかし座らずに待っている。何を待っているのかと首をかしげた勇者の前で、ベールがルキフェルを抱っこして座った。


 兄弟や親子でも同じことをするのに、恥ずかしい気がして目を逸らしてしまう。


「ところで、あんたの名前は? 誰も聞いてないよね」


「……阿部瑠海あべるかい


「アベル? カイ? どっちが名前」


「ルカイが名前」


 切る場所が違ったらしい。異世界の発音は難しいと「ルカイ、ルカイ」とルキフェルが繰り返す。どうもしっくりこない。


「アベルじゃだめ?」


「……それでいい」


 諦めた勇者の名は、本日からアベルになった。この世界で使うなら、こちらの響きの方が皆が覚えてくれるだろう。苦笑いして受け入れたアベルだが、考えてみれば囚人であり研究動物モルモットである自分の名を覚えたり尋ねる必要はないことに気付く。


「どうして名を聞く?」


「?? 呼ぶのに不便だから」


 意味不明の質問をされたと顔に書いたルキフェルの対応に、アベルは想像と違う……と内心で首をひねる。やたら待遇のいい捕虜みたいだ。馬小屋の隣みたいな部屋と残飯生活だったので、余計に恐い。どんな実験に協力させられるんだろう。


 実験とやらの後、召喚直後に放り込まれたボロ小屋に入れられたら、より辛く落差を実感するはずだ。


「ご飯、食べたいものある?」


「えっと……残飯以上なら文句ないです」


 気の毒そうな顔をするルキフェルの視線が突き刺さる。後ろのベールは絶句してから、大きな溜め息を吐いた。仮にも勇者として戦わせるために召喚したのなら、最低限の面倒は見るべきだろう。衣食住に不自由させないのはもちろん、死なない程度の訓練も必要だ。


「本当に人族は魔物以下の屑ですね」


「いつものことじゃん」


 2人の会話の意味がわからない。異世界に召喚されて、魔法陣から引きずり降ろされ王様に命令されてから、ずっと隔離されていた。この世界の常識や強さのレベルも何も知らずに連れ出されたのだ。知識などなかった。


「苦痛がなければ全面的に実験に協力する、から……よろしく頼む」


 きょとんとした顔のルキフェルはすぐに笑い出し、「別に解剖したりしないよ」と冗談交じりに告げた。後ろから水色の髪を撫で続けるベールは、しばらく考え込んだ後呟いた。


「宣伝効果は高いかもしれませんね」

「魔王様、溺愛しすぎです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く