魔王様、溺愛しすぎです!

necoaya

325. 着飾って狩りの準備完了

「準備はできた?」


 素の口調で声をかけたリリスが振り返る。鏡の前でアデーレが準備を整えた美少女は、桜色のドレスを翻して立ち上がった。ビスチェの胸元はほんのりふくらみを見せ、飾りの白薔薇が揺れる。同じ薔薇を黒髪に散らしたリリスが、ドレスと同色の唇を笑みに歪めた。


「ええ、万全ですわ」


「もちろん抜かりなく」


 ルーシアとシトリーが答える。少し離れた場所に腰掛けたルーサルカとレライエが頷いた。それぞれの手に握られた花束や仮面は、今夜の仮面舞踏会を彩るアイテムだ。舞踏会である以上、それぞれにパートナーが必要だった。


 レライエとシトリーは家族が名乗りでており、ルーシアは親の決めた婚約者が迎えに来るらしい。ルーサルカはアデーレの弟が付き添う予定になっていた。


「それじゃ、手順通りに追い込んでね」


「リリス様、お言葉が……」


「あら、ごめんなさい。皆様、私を支えてくださいね」


 言い換えただけで、まったく別の発言に聞こえる。実際に内容は同じだが、侍女のアデーレは満足そうに頷いた。最上級の教育と躾を施した、自慢のお嬢様だ。どこに出しても恥ずかしくない振る舞いができるよう、マナーも言葉遣いも教えてある。


 舞踏会という名の戦場へ送り出すのに、何も不安はなかった。


「アデーレは、大公夫人として参加なさるの?」


「……いいえ。あの人は陛下の護衛を買って出ましたし、私も仕事がございますので」


 遠回しに護衛が必要な舞踏会だと情報を漏らす。何らかの騒動が持ち上がると踏んでいるアスタロト夫妻の「援護します」という申し出に、リリスはご機嫌で頷いた。


 楽しみにしてきた狩りの時間だ。今夜は大きな獲物を追いかけ、包囲してから息の根を止める。ここ数カ月狙ってきた獲物のために、ここまで手をかけて準備した。


「久しぶりの大きな狩りね」


 白いレースの長手袋をつけた両手を合わせて、うっとりと呟く。手袋に隠れるため指輪をせず、ティアラとネックレスに留めたジュエリーが光を弾いた。


 ルシファーが選んで与えたのは、瞳の色と同じ紅石ルビー。黒髪に映える清楚なイメージを大切に、銀色の地金を使った揃いのお飾りは値段がつけられない高額品だった。耳は小さなピアスのみにとどめて、豪華すぎるネックレスとのバランスを取る。


 少女の清楚で可憐なイメージに、ごてごてした耳飾りは不要だと考えたルシファーのチョイスだ。


「あまり浮かれてはバレてしまいます」


 ルーサルカの忠告に、リリスは口元を引き締める。それでも浮かんだ笑みは隠しようがなかった。扉をノックする音がして、隣室につながる扉が開く。一斉に跪礼カーテシーを披露した4人の少女と侍女へ、ルシファーが「気楽に」と声をかけた。


「綺麗だ、リリス。こんなに可愛くて美しいと、人前に出すのが嫌になってしまうな」


 抱き寄せたルシファーの純白の髪はゆるやかに結われている。足元まで届きそうな髪を肩甲骨あたりの長さに纏め、柔らかなループを描く形で留めた。公的な場に出る際は結うのが一般的らしいが、普段は滅多に結ばない髪は、お揃いの紅石ルビーが付いたかんざしと髪留めが飾られる。


 黒髪の上に、続いて頬にキスを落としたルシファーへ、リリスは目を閉じて待つ。


「お姫様は欲張りで我が侭だ」


 くすっと笑ったルシファーの声に、ルーサルカ達は窓の方へ視線を向けた。アデーレは片付けをするフリで手元から目を上げない。気遣いに感謝しながら、長いまつ毛に彩られた瞼に、鼻の上に、最後に唇に触れるだけのキスをした。

「魔王様、溺愛しすぎです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く