魔王様、溺愛しすぎです!

necoaya

311. パンドラの箱を回収せよ!

 穏やかな日差しを浴びながら、ルシファーは遠い目をしていた。


「陛下、パンドラの箱を取り返してください」


「やだぁ」


「危険だから封印した物を与えるなど……何を考えていらしたのか」


 進言するベールに、拒絶するリリス。後ろから呆れ声でアスタロトが止めを差す。すっかり元通りになった側近の逞しさに、喜んだらいいのか。それとも少しは反省しろと沈めた方がいいのか。ルシファーは板挟みだった。


 ここでアスタロトを追い討ちしたら、間違いなく返り討ちにされる気がする。そのため反論できずに、ルシファーは流れる空の雲を見ていた。


「陛下、聞いておられますか?」


「……聞こえてる」


 聞いていないが、聞こえている。視線を戻すと、腕の中のリリスは『お菓子が湧き出る魔法の箱』を大切そうに抱きしめていた。これを取り上げるのは嫌われそうだ。


「リリス、他にもお菓子がでる宝石箱があるから交換しようか」


「やだ」


 妥協案も蹴られてしまう。執務室の外はよい天気で、外で昼寝なんてしたいと現実逃避を始めた。戦というより、一方的な駆除も終わったことだし……あと数年は勇者騒動どころではないだろう。人族も落ち着いたことだし、ここは視察なんていいかもしれない。


 完全に逃げに走るルシファーの思考に気づいたアスタロトが、大げさに嘆いてみせた。


「側近の私が不甲斐ないばかりに、魔王陛下は私の進言すら聞いていただけないのですね」


 舌打ちしたい気分で、逃避していた意識を引き戻す。暴走事件後は、何かにつけて自虐して嘆く手法を身につけた、アスタロトの狡猾さに内心で舌打ちしながら、リリスの手に握られた宝石箱に眉尻を下げた。


「リリス、その箱は悪魔が出るぞ」


 お化けが出るぞ感覚で脅せば返すと考えたが、リリスは逆に目を輝かせた。両手をぶんぶん振るので、危険を感じて指先を掴んでしまう。


「出たら、どかんして捕まえるの!」


「あ……ああ、そうか。いや……前にオレが退治してるから出ないかも」


 前言撤回である。敗走を続けるルシファーの『パンドラの箱回収作戦』は、これで15回目の失敗だった。無理やり奪うことは可能だが、泣いて怒るリリスに嫌われるのが恐くて手が出せない。


「こっちの箱はどうだ? 一度にたくさんのお菓子が出るぞ!」


 別の宝石箱を引っ張り出す。魔王城の宝物庫は危険な封印物が多数あるため、収納魔法で片づけて忘れていた箱をみせた。これは危険な曰くはなかったはずだ。


 透かし彫りの黄金の内側は、色とりどりの宝石がはめ込まれている。カラフルで美しい箱の中は幻想的で、ステンドグラスのようだった。窓から入る日差しに、埋め込まれた紅石ルビー青玉サファイヤ緑柱石エメラルドが光る。


 リリスによく見えるよう目の前に掲げた。色石を通した光が、リリスの白い肌に模様を描く。花や氷など自然物の形に透かした黄金の箱は、芸術品としても一級品だった。


「きれぇね」


「交換しよう」


「……でも」


 初めてリリスが迷うそぶりで口ごもった。パンドラの箱と、一回り大きな透かし彫りの箱を見比べる。交換してくれるかもしれないので、箱に魔法陣を付与してお菓子が出るように大急ぎで加工した。開いて閉じてを繰り返すと、一度に3個ずつお菓子が出る。


「ほら、お菓子がでるだろ?」


 息をのんで見守る側近達の前で、リリスは「うーん」と指をくわえて考え込んだ。彼女は気づいているのだ。そこまでして交換したがるなら、手にした箱の方が価値があるのではないか? と。


「お菓子、ずっと出る?」


「オレの魔力があるかぎり、ずっとだ」


「なら交換してあげる」


 にっこり笑って、手にした金剛石の箱を差し出したリリスに「ありがとう」とお礼を言って、気が変わる前に受け取った箱をしまった。目の前から消してしまえば、もう返せと言われてもこっちの勝ちだ。黄金の透かし彫りの箱を両手で抱えたリリスは、箱をぶんぶんと縦に振った。


「パパ、お菓子!」


「蓋を開け閉めしてご覧」


 開けると3枚の焼き菓子が入っていた。目を輝かせて中身を出し、ルシファー、アスタロト、ベールに1枚ずつ渡す。すぐに蓋を閉めて、次に出てきた飴細工に頬を緩めた。花の形をした飴を口に放り込み、幸せそうに笑う。


「陛下、ところでこのお菓子の出所は……」


「ちゃんと私費で払ってるぞ」


 自分のポケットマネーだと言い切ったルシファーだが、後日ベルゼビュート経由で公費横領を指摘されて、大公総掛かりで叱られる羽目になった。

「魔王様、溺愛しすぎです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く