魔王様、溺愛しすぎです!

necoaya

306. あんなのアシュタじゃない

「やっぱり、か」


 転移した先で、なぜか側近2人が剣先を交えていた。想像通りの光景に苦笑いして、赤黒い炎が渦を巻く広場の中に結界を敷く。銀色に光る魔法陣が描かれた石畳の広場に、涼やかな風が吹き込んだ。結界に浄化の効力を織り込んだ魔法陣が、アスタロトの放った炎獄えんごくを浄化して昇華しょうかしていく。


「イポス、リリスを守れ。この結界から出るな」


「はっ」


 イポスの腕にリリスを抱かせようとすると、リリスは純白の髪を握って抵抗した。必死に両手でしがみ付くリリスの姿に、ルシファーは一度抱き直す。黒い衣ごと髪を掴んだリリスは「やだ」と小さな声で拒絶を口にした。


「リリス、本当に危険なんだ。お願いだからここで待っててくれ」


「ダメ! だって、アシュタが赤じゃなくて紫だもん! あんなのアシュタじゃない」


「紫?」


 魔力の色を見るリリスならではの表現だ。普段は赤だと以前も言っていたから、濁って紫になったという意味だろうか。魔力が変質しているなら、感情もすべてが引きずられたはずだ。そしてこの惨状を引き起こした。


 リリスはアスタロトじゃないと言ったが、ある意味真理をついた表現だ。今の彼に普段の側近の面影はない。にやりと口角を持ち上げて、ルシファー達を新たな獲物と認識したアスタロトが赤い瞳を輝かせた。


「わかった、気を付けるよ」


「ダメ」


「リリス?」


 説明しようとして迷うリリスは言葉を探しているようだ。このまま待ってやりたいが、ベルゼビュートが押され気味なので、早く助太刀してやりたい。黒髪を撫でながら右手のひらに魔法陣を作り出した。


 気づいたイポスは何も言わずに見守る。2回ほど頭を撫でると、リリスの大きな赤い瞳がとろんと光を失った。そのまま眠りへと誘い、崩れるように倒れ込んだ身体を受け止める。


「任せる」


「畏まりました」


 手にした剣を地面に突き立て、膝をついてリリスを受け取ったイポスが首を垂れる。眠るリリスの眦に涙が滲んで、ルシファーはそっと指先でその雫を拭った。


 ばさりと長い衣を捌いて結界の縁に立ち、背中の6枚の翼を広げる。


「デスサイズ」


 相棒の名を呼び、左手に顕現した死神の鎌に笑いかけた。


「久しぶりの大物だ。殺すなよ」


 意思を持つ武器に語り掛け、結界から足を踏み出す。灼熱の温度を白い肌に感じる。身の丈より大きな三日月の鎌の石突きで地を叩くと、気づいたベルゼビュートが飛び退った。アスタロトと距離を置いて、ひとつ息をつく。


 本気で戦えば、どちらもいい勝負だろう。純白の魔王ルシファーが現れるまで、精霊女王ベルゼビュート吸血鬼王アスタロト幻獣霊王ベールの実力は拮抗していた。ベルゼビュートがアスタロトを殺す気になれば、互角の戦いが展開できる。


 しかし彼女がアスタロトを仲間だと判断する限り、剣先は鈍る。迷いが太刀筋を揺らがせ、じりじりと後退を余儀なくされた。ベルゼビュートの肌は、いくつか切り傷を受けている。逆に言うなら、手加減してこの程度の傷で済むなら、ベルゼビュートの腕前も大したものだ。


「下がれ、ベルゼ」


 ベルゼビュートを守る形で燃える青白い炎がゆらりと、赤黒い火との間に陽炎かげろうを揺らした。生身の存在を焼き尽くす高温の炎がルシファーの姿を歪める。


「陛下、アスタロトが……っ」


「わかってる。ちょっと血迷ってるだけだ。問題ない」


 泣き出しそうな表情で叫んだベルゼビュートを宥め、彼女の前に立った。途端に叩きつけられる殺気は、背筋が凍るほど鋭いものだ。獲物を認識した吸血鬼王の赤い瞳が、瞬きせずにルシファーを映し続ける。そして剣を握り直した。


「認識してくれたら楽だったが」


 溜め息をついてデスサイズをわずかに傾けた。整った顔を獣のように歪めたアスタロトの突きを、デスサイズの刃で受け流す。鎌の曲線を利用して剣を滑らせ、たたらを踏んだところを横に薙ぎ払った。


「ベルゼ、第一師団を治癒して連れ帰れ」


「しかしっ!」


 この状態で魔王とアスタロトを放置できない。もっともなベルゼビュートの言い分に、ルシファーはくすくす笑いながら次の攻撃を避けた。余裕ある戦いを目にして、ベルゼビュートは冷静さをわずかに取り戻す。


「オレは『戻るな』と命じてないぞ。ちゃんと考えろ」


「っ! わかりましたわ。すぐに戻ります」


 ヒントを与えて答えを促すルシファーへ、ベルゼビュートは一礼して転移した。一瞬だけイポスと視線を交わし、互いに頷く。第一師団はどうやら近くに避難して無事らしい。


 言葉もなく唸り声をあげたアスタロトが、地面を擦るように下から剣を振り抜く。以前に見たことがある動きに、とっさに身体が動いた。鎌の先で受けて滑らせる。刃を返すようにデスサイズを捻ると、剣の先が石畳を抉った。

「魔王様、溺愛しすぎです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く