魔王様、溺愛しすぎです!

necoaya

260. じっくり、きっちり絞られました

「リリスを寝かせてくる」


 叱られるのは諦めた魔王の後ろに、項垂れた尻尾の幻影が見える。しょんぼりしながら、寝着のリリスを自室のベッドに寝かせた。ここからして問題なのだが、今夜は仕方ないと眉をひそめながら待つ。


 風呂に入れた時点でほとんど寝ていたリリスは、ぎゅっとルシファーの左腕を掴んで離さない。可愛いからこのまま隣に滑り込みたいルシファーの中で、葛藤が始まる。ここで無視して寝たら、明日の朝は目が覚めないかも知れない恐怖に、ごくりと喉が鳴った。


 恐る恐る振り返ると、側近のアスタロトがを作って腕を組んでいる。満面の笑みが恐怖をあおり、ルシファーは覚悟を決めて右手で取り寄せたぬいぐるみを、リリスと腕の間にそっと押し込んだ。頬ずりしたリリスの手を解いて、ぬいぐるみを抱っこさせる。


「……成功した」


 むずがる仕草を見せたが、リリスはそのまま眠ってしまった。音を立てないように後ろに下がるルシファーの肩を、ぽんと叩く。びくっと肩を揺らした魔王が慌てて口を手で押さえた。


「お、脅かすな」


「隣の部屋でじっくり、きっちりお話を伺います」


 青ざめたルシファーを引きずるようにして、リビングルームと化したリリスの私室へ移動した。すでに食卓の上は片付けられており、言い訳のように椅子が増えている。小細工は忘れないルシファーへ着座をすすめた。


「さてと。最初から行きましょうか」


 取り出した顛末書をテーブルに並べる。1枚目は視察で壊した塔について。2枚目は焼き払った魔の森、次は魔物退治で吹き飛ばした村の弁償。凍らせた火口の経済損失を補填する予算案の申請、攻めてきた人族の戦士や騎士と戦った際にダークプレイスの屋敷を一部壊した件。


 驚くほど騒動を起こしている。声に出して20枚ほど読み上げたところで顔をあげると、ルシファーがしょんぼり項垂れていた。子供の頃からバレるくせに小細工して隠そうとする。


 顛末書にも小細工の跡が残っているが、そこは見ないフリをした。


「反省しておられますか?」


 小細工の一部である増えた椅子から立ち上がり、テーブルを挟んだ向かい側のルシファーのほうへ足を向ける。わざとゆっくり近づいて、彼の後ろへ回り込んだ。覗き込むようにすると、金の髪がさらりと流れる。


「えっと……その、悪かった」


「何に対しての謝罪でしょうか」


 鬼の居ぬ間の洗濯とは言いますが、好き勝手に選択したようですね――嫌味に身を竦めるルシファーの姿に、呆れ交じりの溜め息が漏れた。


「あなたの小細工は毎回気付かれるでしょう。好き勝手に振舞って、どうしようもなくなると頼りに来る。同じ事を繰り返して……どうしたら治るのでしょうね」


 バカと何とかは死なねば治らぬと言いますが?


 言葉の端に滲ませる脅しに、ルシファーが反論を試みる。


「魔族の人的被害はないぞ!」


 物は壊したが、人は無事だと胸を張る。純白の髪に触れながら、顔を覗き込んだ。


「当然でしょう。何も威張ることではありません」


 一言で封じられた魔王から離れ、風で手元に引き寄せた書類の続きを確認する。


 リリスのために購入した家具の明細、彼女の側近達に買い与えたあれこれ。我が侭を言って私室を変更したせいで工期が遅れ、魔王城の内装が予定の半分も終わっていない件。リリス用の厨房を作れと命じて、ベールが慌てて取り消したこと。


 予算の一部に紛れた不正処理、城の魔法陣を弄ったことで起きた爆発、その修復予算と工期の延長。竜族の卵を食べたいというリリスの我が侭で、彼らと対立したこと。リリスの飴を勝手に予算で追加購入した着服。


 些細な出来事から、大きなトラブルまで。その数は三桁に及んでいた。


「わずか数ヶ月ですよ。陛下……たったの数ヶ月留守にしたら、このような状態になるなど」


「すまん」


「口先だけの謝罪は聞き飽きました。きっちり反省していただきます」


 その後、説教されながらの書類処理で夜を明かしたルシファーに告げられた罰は――最愛のリリスと過ごす時間の制限だった。

「魔王様、溺愛しすぎです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く