魔王様、溺愛しすぎです!

necoaya

244. 凍結による経済損失が深刻

 ピヨを火口に放り込んだ鳳凰は、こちらへの威嚇もやめてじっと火の水面を見つめる。マグマの表面が湖面のように揺れて、時折大きな気泡が破裂した。陽炎が発生して揺らぐ視界の中、鳳凰の視線は一点に集中している。


「あの場所にいそうだが……」


 結界を張っても近づきたくない火口に下りることを決め、ルシファーが飛び立った。もちろん腕の中のリリスは大喜びだ。赤く燃えるマグマの表面が近づくと、上から羽音が追いかけてきた。


「ん?」


『邪魔をするな、魔王』


 ばさっと影がかかり、鳳凰の爪が結界に当たる。かちんと硬い音が響いて、一番外の結界に細いヒビが入った。さらに攻撃を仕掛ける鳳凰の様子に気を取られたルシファーの腕から、鳳凰の爪に引っかかったリリスが落ちる。


「リリスっ!?」


「我が君! 姫!」


 凝視していたヤンの叫びが耳に届くより早く、手を伸ばす。ぎりぎりの位置をすり抜けたリリスの白い手に、背筋がぞくっとした。


 考えつく限りの魔法陣をすべてリリスへ送りながら、自身も全力で火口へ飛び込む。


「ぱぱぁ」


 ずっと守られてきたリリスに危機感はない。何かあればパパが助けてくれるのが当たり前で、自分に害をなす存在もほとんど知らずに育った。痛いのも苦しいのも、パパが何とかしてくれる。


 そう信じる幼女は、必死の形相で手を伸ばすルシファーへにっこり笑った。


「っ!」


 背中からマグマに落ちていくリリスへ、ルシファーは最後の魔法陣を展開した。


 真っ直ぐに飛び込んだ火口のマグマがリリスが触れる寸前、ぎりぎりの位置で魔法陣が発動して銀色の魔力が火口を覆う。視界が真っ白に染まる強い光が放たれ、魔力酔いするほど強い魔力が周囲を包み込んだ。


「……やってしまいましたか」


 アスタロトが頭を抱える。ベルゼビュートは見たことのない複雑な魔法陣に目を輝かせた。白銀の魔法陣は一気に広がり、火口全体を覆うと弾けるように凍りつかせた。


 マグマの流れはすべて止まり、かなり深部まで凍っている。


「すごいわ。この魔法陣は初めて」


「感激しているところ申し訳ないのですが、周辺の経済損失の計算をお願いします」


 指摘されて、無邪気に喜んでいたベルゼビュートが顔色を青くした。


 火山が近い地域は、熱帯気候で果物の生産地が多い。少し離れると温暖な気候を利用した観光業、火山の地熱を利用した温泉の恩恵もあった。つまり、魔族にとって憩いの場である亜熱帯が壊滅したのだ。


 経理や数字に強いベルゼビュートが視線を泳がせる。火山から得られる恩恵がすべて止まったとしたら、天災並みの被害が予想された。


「……何年で溶けるかしら」


 計算の基礎を尋ねるベルゼビュートの声は暗かった。一瞬で一年の損失が脳裏に浮かんでくる。観光に頼る街では、経済が壊滅的な被害を受ける地域もあるだろう。


「推定で80年前後でしょうか」


 前回はその程度で溶けましたよと軽く告げられた内容に、ベルゼビュートが溜め息を吐いた。


 火口が凍った以外の被害がないため、リリスの無事を確信した大公2人は別の心配を始める。もしリリスに何かあれば、ルシファーの怒りで火口どころか世界が凍り付いたはずだ。この場にいた彼らも無事で済む筈がなかった。


 我を失ったルシファーの八つ当たりで殺される可能性すらあるのだから。しかし、事情を理解していないヤンは慌てて身を起こした。


「我が君と姫をお助けしなくては」


 凍った火口へ一目散に駆けていくフェンリルは、すり鉢状の崖を器用に下りていく。そのまま凍ったマグマの上に飛び降りて、人影に向かった。

「魔王様、溺愛しすぎです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く