魔王様、溺愛しすぎです!

necoaya

203. 緊急会議に溢れる危険な単語

 以前の魔王城の謁見の間を数倍にした大広間で、大公達が待っていた。広すぎて怖いくらいだが、よく柱なしで崩れないものだ。ドワーフ達の建築技術に関心しながら、ドーム状の天井を眺めた。仮設えのときは狭かったが、今なら子爵男爵まで招集しても入れそうだな。

 しかし現実逃避が許される時間は長くない。

「魔王陛下、足をお運びいただき感謝申し上げます」

 にっこりと笑うベールが、凄く怖い。銀の髪を珍しく結っているのは、公式の場であることを強調する意味があるのだろう。青い瞳はぜんぜん笑っていなかった。そして敬称をきっちり口にした以上、何らかの説教が待っている。

「ああ」

 短く答えて玉座に腰掛ける。当然、抱っこしてきたリリスは膝の上にお座りさせた。ここが彼女の定位置なのだ。将来的には隣にリリス用の椅子が設けられるだろうが、今はまだ玉座ひとつだけ。短い足をぶらぶらさせるリリスは、ルキフェルに手を振った。

 子供同士なので嫉妬の対象にしないが、ちょっとムッとする。

「春から準備を進めておりました『リリス姫のご学友候補』を集めた、お泊り会の予定をご報告させていただきます」

 淡々とした口調で、ベールは詳細を並べ始めた。

 集めた子供達は女児のみで、基本的には各種族から1人以上参加させた。偏らないよう、貴族の子だけでなく平民からも募集したこと。お泊り会は3日間の予定で、魔王城の居住スペースで5回行われること。

「ん? 3日間を5回?!」

「はい、半月かかります」

 予想外に候補が多いらしい。各種族から1人以上集めたのなら、仕方ないだろう。問題は……リリスのご機嫌である。我が侭が許されてきた彼女は、基本的に我慢が苦手だった。側近候補達はリリスと同じか少し年上程度。幼児なら当然だが、全員が我慢とは程遠い年齢層だ。

 派手なケンカをするかも知れない。

「1回の顔合わせで10人に絞りました。50人と一度に顔を合わせても、一度も話をせずに終わる子が出ますから」

 アスタロトの追加情報に「なるほど」と納得した。確かに50人も一度に紹介されたところで、リリスはまったく覚えないだろう。保育園で仲の良かった子が参加していれば、その子としか遊ばない可能性もある。

 きちんと考えられたシステムに、ルシファーは頷いた。

「さて……陛下におかれましては、人族から救った子供を保護したとお伺いしました」

 …………ぎくっ!

 ついに始まった本題の追求に、顔を引きつらせるルシファー。背中の2枚の羽もしょぼんと床についている。何を言われるか不安な彼に、ベールは笑みを向けた。

「構いませんよ、いまさら。あなた様があちこちで拾い物をなさるのは、です。そう……後先や面倒を考えずに動くのも、ですから」

 なぜ二度繰り返す? その笑顔こそが怖いのだ。ベールは言い聞かせるように続けた。

「狐獣人系の女の子だそうですが。まさかリリス姫が正王妃で、今回の拾い子を側室になさるおつもりではありませんよね? いくら『幼女趣味ロリコン』が巷の噂になっているとはいえ、そこまで節操なしですと……」

 そこで意味深に言葉を切ったベールの声が低くなり、表情から笑みが消える。

ますよ」

 ナニをぉ!? 絶叫しそうになったルシファーは、膝の上のリリスを強く抱き締める。振り返ったリリスが何とか抜いた腕で、近くにあるルシファーの頭を撫でた。

「パパ、怖くないよ」

「……怖い」

 切られるのも怖いし、目の前の側近も怖い。

「そ、側室なんて考えてないぞ」

 必死で言い訳を考えるが、素直に否定だけした方が被害が少ないと言葉を搾り出す。背を預けていたリリスは膝の上で向きを変えて、震えるルシファーを正面から抱き締めていた。最愛の娘の黒髪を撫でて気持ちを落ち着かせる。

「引き取り手となる親がいないから、アデーレに預けた。今後の身の振り方はリリスの決断次第だ」

 そうだ、リリスが決断したんだった。最高の大義名分を手にし、ほっと胸を撫で下ろしたルシファーは気付いていない。まだベールの追求しか受けていない現実を。

「魔王様、溺愛しすぎです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く