魔王様、溺愛しすぎです!

necoaya

166. リリスに嫌われたかも

「鳳凰には毒がある。確かに有名な話だが……いつ毒を混入……あっ」


「あのときですわ! 青い卵」


 料理の手順を思い浮かべたルシファーとアデーレが顔を見合わせた。ひとつだけ青い殻の卵を割って中身を入れた。蒸す途中でヒナが孵った? 割って混ぜちゃったのに? まあ鳳凰側の事情はわからないが、とにかく温かい周辺状況に触発されて孵ったのだろう。


 卵を攪拌したため、すべてのプリンに毒が万遍なく入っているはずだ。


「リリス嬢は無事なのですか?」


「吐かせたし、解毒魔法陣5つくらい連発したから平気だ」


 リリスの安全を確認してほっとした顔のベールは、原因追求を始めた。中庭のベンチの上で、幼女を抱いた魔王と側近や侍女……珍しい光景ではない。


「青い卵を間違えて入れたとして、なぜ孵ったのでしょうか。それにその卵はどこから?」


 入手先を探るベールに、アデーレが申し訳なさそうに眉尻をさげた。


「卵は私が食料貯蔵庫から持ち出したものですわ。リリス様が失敗すると思い、沢山持ってきました。その中のひとつだと思います」


「他にもまだ持っていますか?」


「はい。プリンを渡した後は掃除をしていましたし、そのままこちらに来ましたので……すべて」


 収納空間から取り出された卵が、リリスが持ち歩いていた籠に並べられていく。20個ほど入れたところで溢れそうになり、アデーレが敷きマットを取り出して続きを並べた。最終的に43個あった卵は、すべて白い色をしている。


「こちらの卵は今朝納入されたばかりのものです」


 料理長イフリートから聞いた話を付け加える。卵を見ていたルシファーが顔を上げた。背後から駆けてくる子供と、慌てて追いかける聞き慣れた足音だ。


「アスタロト、悪かったな。状態異常だと思わなくてさ」


 怒られる前に謝っておく。眠ったリリスがいるため動けないルシファーへ、アスタロトは苦笑いして一礼した。


「それは仕方ありませんね。危険だと書き残す前に意識が途絶えました」


 吸血種族系の彼が危険だったということは、同族のアデーレも同じような症状が出た可能性が高い。リリスの目の前で、お気に入りの侍女がダイイングメッセージ書き残す状況にならなくて、本当によかったとルシファーが大きな息を吐いた。


「毒殺未遂事件ですか?」


「いや、ただの事故。卵の食中しょくあたりか?」


 食べても平気な種族と駄目な種族が一緒に食べた結果なので、食中りよりアレルギーが近いかもしれない。ルシファーは胸元で寝息を立てる娘の旋毛に接吻けながら、心の底から困っていた。


「あのさ……」


 すごく言いづらそうに口を開くが、肩を落としながら溜め息を吐く。心なしか、顔色も青ざめていた。


「オレ、リリスに嫌われたかも」


「「「はあ?」」」


 パパ大好きっ子のリリスが、ルシファーを嫌う? 誰も想像していなかった言葉に、ヤンも含めて場は騒然とした。


「何を言い出すのです?」


「それは何故ですか」


「ないよ、そんなの」


 口々に告げられる言葉を遮って、ルシファーは哀しそうな顔で腕の中のリリスの髪をなでた。


「リリスがおやつ作ってくれたのに、取り上げて、無理やり押さえて、吐き出させたりしたし……最初にオレが食べれば良かったんだよな。そうしたら毒効かないし、きっと味に気付いただろうし、リリスを苦しませたり、泣かせなくて済んだはずだ。それにまだ美味しいって伝えてないし、初めてリリスがオレのために作ってくれたのに」


 言い訳じみた後悔がループし始めた魔王の沈みっぷりに、アスタロトもベールも顔を見合わせて首を横に振った。これは面倒くさい方へ沈んだので、浮き上がるまでに時間がかかる。


「パパは毒効かないの?」


 ぱちっと目を開けたリリスが大きな赤い目でルシファーを見上げる。治癒したため目元や頬の赤い色は引いていて、いつも通りの可愛い姿だった。ぎゅっと掴んだ髪はまだ離そうとしない。


「ああ、まったく効かない」


 前に何度も毒を盛られたが、一緒に食事をした連中が全滅しても生きていたので……毒で死ぬ心配はなかった。多少腐ってようと菌が繁殖してようと、状態異常に掛かる心配もなさそうだ。嫌われるんじゃないかと不安が全面に出たルシファーは、ぼそぼそと答えた。


「リリスのプリンは毒なの?」


「毒がある卵が間違って入ってただけで、リリスが失敗したわけじゃないぞ。ベールやルキフェルは平気だったし、たまたま気分悪くなった人もいただけで」


 たまたま気分が悪くなった人代表のアスタロトが口を挟んだ。


「うちの種族は鳳凰や神龍と相性が悪いのですよ」


 通常の毒はほとんど効かないアスタロトだが、さすがに神獣系は相性が悪い。浄化魔法が使えないのと同じ理由だった。今回のプリンもエルフ辺りなら、腹痛で済んだ可能性が高かった。


 鳳凰の毒に耐性がないのは、ヤン、アスタロト、アデーレのみ。情報が少なすぎて、リリスの毒耐性は不明だった。危険ならば食べさせなければいいし、間違えて食べたら今回みたいに吐かせる。


 対処が分かっていれば、毒もさほど怖くはないが……今のルシファーが恐れているのは、リリスからの「大嫌い」だった。

「魔王様、溺愛しすぎです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く