魔王様、溺愛しすぎです!

necoaya

158. やった!! パパ、大好き

 違和感を感じたのは、料理長であるイフリートのおやっさんだ。不思議な音がして、蒸し器のフタががたがた揺れている。不思議な現象に首を傾げた彼がフタを取った瞬間、それは起きた。


 ドカンッ!!


 コンロ周辺を蒸気が覆い、真っ白な景色となる。アデーレは熱を遮断する結界を張り、ドアの外でお座り待機のヤンが飛び込んできた。もちろんルシファーも結界を展開して、腕の中のお嫁さん候補を守る。


「今のは、何だ?」


「我が君、危険ですぞ。外へ」


「……まあ、プリンが爆発するなんて」


 口々に叫びながら蒸気に包まれる炎の妖精族イフリートの動向を見守る。炎を操るだけあって、熱への耐性が高い彼は、素手で鍋を手にもどってきた。蒸し器からプリンを数えながら取り出す。火傷とは縁遠い彼が不思議そうな顔をした。


「ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ、いつつ、むっつ、ななつ、やっつ、ひな、とう」


「うん?」


 ルシファーが疑問の声を上げる。何かいま、途中に奇妙な数?が混じっていなかったか。『ひな』とか言わなかったか。イフリートをガン見するルシファーへ、ひょいっと摘んだヒナを差し出した。


「どうぞ」


「……魔物、かな?」


 青みがかった白い羽毛の鳥らしき生き物だ。小さなくちばしが餌を求め、ぱくぱくと動いていた。見覚えがない種族だが、そもそも種族すべての幼児期を知っているわけでもない。魔物か、動物か。困惑顔のルシファーの腕に抱っこされたリリスが「かぁいい!」と叫んで手を伸ばす。


「こら、まだ危ないぞ」


「やぁ、触るだけぇ」


 語尾を延ばしてのお強請りに、つい頬が緩むダメパパ魔王が「じゃあ触るだけ」とリリスごと近づいた。イフリートが摘んだヒナを手の上に受け取るが、別に攻撃したりしてこない。それ以前に目が開いていない気がした。


「いやな予感が……」


 前に鳥関係の魔族を拾ったとき、アスタロトに説教された。目が開いていない鳥は、はじめて目にした生き物を母親だと思い込むとか何とか。そんな話じゃなかったか?


「リリス、そっと戻…………せないな」


 がくりと肩を落とす。目を見開いたヒナは「ピーッ」と鳴いて羽ばたいた。じたばた暴れてリリスの手のひらから零れ出て、そのまま大きな毛玉の上に落ちる。


「我が君、これは……」


「あれだ、刷り込み効果インプリンティングとかいう現象か」


 リリスの手の上で目を開いたヒナが最初に目にした生き物は――フェンリルのヤンだった。ここから導き出される結論として、ヤンがヒナの母親をしなくてはならない。


「がんばれ」


「他人事だからと酷いですぞ、我が君」


「だって他人事だもん」


「パパ、かぁわいい! これ飼ってもいい?」


 リリスが言うと「狩っても」に聞こえて怖いな。バレたら叩かれそうな考えを過ぎらせるルシファーは、うーんと悩んだ。鳥が増えるくらい個人的には問題ないが、アスタロトは怒るだろう。また新しい魔物を拾ったと責められるのは困る。


 毎回何かあるたびに叱られていては、魔王の貫禄やらパパの威厳が危ない。奴らの命は風前の灯になりつつあるのだ。これ以上ライフを削られるイベントは危険だった。


「お願い、ぱぱ~ぁ」


 両手を合わせてお願いしたリリスが、首に手を回して抱き着いた。頬ずりする可愛い幼女のお強請りに、魔王の貫禄も威厳も吹き飛ぶ。


「わかった、アスタロトにはパパが説明しよう」


「やった!! パパ、大好き」


 ちゅっと頬にキスをされて舞い上がるルシファーの側で、アデーレは冷静に無事なプリンを数えていた。ヒナとなった入れ物は破裂したし、隣も1つ巻き添えを食っている。つまり、残りはぴったり8つ。


「陛下、プリンは8つ残っておりますわ。すぐにカラメルをご用意します」


 テキパキと準備を始める侍女を見送り、呆然としていたイフリートもプリンから粗熱をとって冷蔵庫へ並べている。リリス初めてのお菓子作りは、かろうじて無事に終わりそうだった。


「ど、どうしたら……我が君、リリス姫……あ、そこを突いては………あっ」


 餌をくれないママに焦れたヒナは、遠慮なくヤンを突きまわす。悲鳴を上げて逃げるフェンリルに苦笑いしたルシファーが、ヒナを拾い上げてリリスの手の上に置いた。


「ふわふわだね、パパ」


「……我の方がふわふわですぞ」


 なぜか張り合うヤンの声が寂しそうに調理場に響いた。

「魔王様、溺愛しすぎです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く