魔王様、溺愛しすぎです!

necoaya

147. あれは……やめよう

「陛下、いま私に攻撃しませんでしたか?」


「いや……してない、はず」


 言い切れなかったのは、サーペントを切り裂いた刃のとばっちりらしき切り傷ゆえだ。ベールの衣の一部が切れている。どうやら彼の結界を通過し、落ちた威力で衣を裂いたらしい。


「悪かった。本当にごめん」


 幼い頃から面倒を見てもらった過去があるため、強く出られないルシファーが素直に謝る。溜め息をついたベールは、低姿勢の魔王に言い聞かせた。


「いいですか? 私だから良かったですが、万が一にもルキフェルを傷つけていたら」


 そこで意味深に言葉を切られ、恐る恐るベールの顔を見たルシファーが悲鳴をあげる。


「うわっ」


「生まれたことを後悔させますよ」


 こくこくと頷いたルシファーに満足したのか、ベールはそれ以上追及しなかった。もぞもぞ動いたリリスがベールを見送り、こっそり耳元で囁いた。


「パパ、ベルちゃん怖いね」


「べ、ベルちゃん?」


 驚きすぎて素っ頓狂な声を上げるルシファーに、リリスは幼子特有の残酷なまでの素直さで頷いた。


「うん、お菓子くれるベルちゃん」


 へえ、知らないところでお菓子くれてたんだ。ちらりと視線を向けると、バラされて動揺してるくせに誤魔化そうとするベールがいた。


 知らない場所でリリスを手懐けていたとは……油断ならない。ショタコンかと思ったら、ロリコンもいけるのだな。不名誉な称号を増やされているとも知らず、ベールはいそいそと距離を取った。もちろん、返り血で真っ赤に染まったルキフェルを連れて。


「餌付けしたのですか。道理でベールがくると喜ぶはずです」


 執務室でルシファーが仕事をしているとき、ソファで大人しく遊んでいたリリスが、書類を運ぶベールに笑顔で手を振る姿を目撃したアスタロトは「疑問が解けました」とすっきりした顔を見せる。


 仮にも王妃候補として立后したリリスに『餌付け』表現はどうだろう。そんなルシファーの疑問は、賢明なことに言葉に出されることはなかった。おそらく尋ねていたら、ワイバーン以外の血の雨が降ったと思われる。


 いつも通り微笑んだ美貌の側近は、白い肌に飛んだ返り血に気付いて眉をひそめた。袖で血を拭い、真っ赤に染まった大地を眺める。ワイバーンの欠片がいくつも落ちているが、完全な死体はない。ベールの魔法陣が機能している証拠だった。


 そう、ベールの魔法陣はきちんと機能している。この場にいる魔物すべてに……。


「パパ、あれ欲しい。捕まえて!」


 肩書きが娘から嫁に変わったリリスのお強請ねだりに、ルシファーは美貌を緩めてだらしない笑顔で頷く。


「どれだ?」


「あれ!」


 彼女の指差した先には、輪切りにしたはずの蛇……もとい、サーペントが復活していた。首を切られても即死じゃなかったらしい。爬虫類の生命力を舐めていた魔王が顔を引きつらせて飛び退る。


「やあ、あれ捕まえるのぉ!」


 幼いリリスの目に、色鮮やかな蛇はどう映っているのか。きっとカラフルな紐が歩いている程度の感覚だろう。大好きなパパに捕まえてくれるよう頼んだのに、なぜか飛び退って離れるので不満顔だった。


「あれは……やめよう」


「やだ」


「噛まれると大変だぞ」(主に毒の分離が)


「捕まえるんだもん」


 唇を尖らせたリリスは、地団太を踏むように腕の中で暴れた。落とすことはないが、暴れた手足がルシファーを軽く殴る形となり、困った魔王の眉尻がさがる。


 サーペントに近づきたくないが、リリスは欲しがる。即死させないと復活するから……どうやって殺すかも問題だった。首を切ってもすぐは死なないから、頭を潰すか? でもぐちゃぐちゃの死体にしたら、リリスが嫌がるだろう。


 迷う間にサーペントが距離を詰めてくる。


「うぎゃぁっ!」


 飛び上がって攻撃するサーペントに、魔王はらしからぬ悲鳴を上げて逃げ回った。

「魔王様、溺愛しすぎです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く