魔王様、溺愛しすぎです!

necoaya

133. 翼の出し方

「リリスちゃんは今年お披露目を行うのですか?」


 担任のガミジン先生の声に、ルシファーは機嫌よく振り返った。


「ああ、側近からの勧めだ。すでに魔力の流れも感知しているから問題ないだろう」


「それなら今年の代表をお任せしましょうか」


 途中で話に口を挟んだドライアドのミュルミュール先生が、笑顔で提案する。しかし、ここで綿菓子を振っていたリリスが強権発動した。


「いやぁ!」


 苦笑いした大人をよそに、リリスは楽しそうに綿飴を食べ始める。機嫌は悪くないようだ。気づくと綿飴を手離して、ルシファーの髪飾りに手を伸ばしていた。


 しゃらしゃら…音を立てて飾りを揺らす幼女は、無造作に魔法で綿菓子を浮かせたまま、両手で遊び始める。着付けたアスタロトやベリアルが見たら、悲鳴をあげそうな光景だった。


 ひとつ飾りを手に入れてご機嫌のリリスに、ルシファーが再び提案する。手に馴染む黒髪を手早く結って、自分の髪から外した飾りをつけて止めた。


「リリスが代表しないなら、パパがやろうかな〜」


「だめ! いや!!」


「どうして?」


「リリスがやるもん」


 得意げなリリスの宣言に、ミュルミュールがくすくす笑う。見事な手並みに、ガミジンも驚いて魔王を凝視した。


「すっかりパパですね」


「難癖つける貴族より、素直な分だけ楽だぞ」


 ルシファーに撫でられるリリスは、黒髪についた飾りに満足げだ。手にしたもう1つも差し出した。


「これも!」


「左右につけるか。似合うぞ、リリス」


 先ほどの飾りの位置を直し、左右対称になるよう付け直した。リリスが頭を動かすと、しゃらんと涼しげな音がする。


 宙に浮いたまま放置された綿菓子を消すと、リリスに頬ずりした。


「パパ、おかしは?」


「お部屋にあるよ」


 ふーんと納得したリリスは、ルシファーの首に手を回した。抱き着いた娘を抱き締め返すルシファーの頬が笑み崩れる。


「本当に可愛い」


「リリス、かわいいの?」


「パパが知る誰より可愛いぞ!」


 全力で愛情を伝えるルシファーが、ふと我に返って振り返った。


「ところで、お披露目の代表とは何をするんだ?」


 子供がいなかった魔王が、子供のイベントの詳細を知っているはずがない。当然の疑問へ、ミュルミュールが笑顔で答えた。


「種族によって違いますが、魔法を使ったり、魔力を解放したり。魔獣の子だと変化したりしますね。子供によって違いますよ」


「リリスは種族がわからないから……翼でも出すか?」


 そこではたと気づく。リリスが羽を出したとき、彼女は自分の魔力を暴走させていた。自分の自由意志で翼の出し入れが出来るのか?


 教えた覚えがないので、焦りで汗が滲む。教えておけばよかった。


「リリス、翼出せる? パパみたいに、こうやって」


 4枚ある背中の翼を広げてみせると、リリスが考え込んでしまった。と、突然ばさりと翼が生える。


落としそうになって、慌てて魔力でリリスを支えた。リリスの背に白い翼が2枚現れると、頭上に光の輪が浮かぶ。どうやらセットらしい。


「こう?」


「そうだ! よく出来た、すごく似合うぞ」


ぶわっと周囲の風が動いた。旋風つむじかぜのように巻く風を、ルシファーが中和する。魔王の魔力に反応したリリスが首をかしげた。


「あったかいかんじする」


「それなら良かった」


冷たいとか、気持ち悪いと言われずにほっとする。翼を広げた黒髪の天使を抱き締めた、純白の魔王は幸せそうに笑った。

「魔王様、溺愛しすぎです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く