魔王様、溺愛しすぎです!

necoaya

110. お揃いピンクがお望みでした

「……納得できない」


 保育園前に集合した人々が、遠巻きに見る。どの親もリュックを背負っているが、明らかに魔王ルシファーは浮いていた。理由は一目瞭然……ピンクのリュックだ。


「パパ、可愛い」


「可愛いのはリリスだよ」


 反射的に返して、溜め息をついた。白い肌を黒衣に包んだ魔王陛下は、純白の髪をポニーテールにされている。リリスとお揃いのピンクのリボンで結んだが、それは許容範囲だった。問題は、荷物をつめたリュックである。


 可愛いピンク色のリュックには荷物がぎっしり。とてもじゃないが、幼子に背負わせる重さじゃないし、ルシファーだって任せる気はなかった。ただ……色が気になるのだ。桜色より鮮やかなピンクのリュックには、可愛い花柄の絵が踊っている。散らばる花柄から判断しても、完全に女物だった。


「……嫌がらせなのか?」


 アスタロトの嫌がらせかと邪推するが、昨夜のリリスの説明によると彼女自身が選んだらしい。寝かしつける前に聞きだした話では、いくつか布を見せられたリリスが「ピンクのお花畑がいい」と指示した。サンプルになかった布を探したアスタロトが、その生地でリュックを作らせた結果がコレである。


 たぶん、彼は悪くない。


「抱っこして、パパ」


「あらリリスちゃん、遠足は歩くものよ」


 ミュルミュール先生の言葉に、「はい」と元気よく返事をするリリスが可愛い。背中のリュックは気にしなければ、何とかなるだろう。こんなに楽しみにしているリリスに、リュックの色くらいでがっかりさせたくない。


「パパと手を繋ごうか」


「うん」


 手を繋いだリリスがお友達に手を振っている。向こうも振り返してくれた。明るい茶色の巻き毛の女の子だ。少しかがんで尋ねた。


「あの子はなんていうお友達?」


「アリッサ! アリッサパパと一緒」


 送迎の時に見かけた記憶を頼りに教えてくれるリリスに、「ありがとう」とお礼を言って頭をなでた。そうか、あの子が「パパとお風呂はいる」と言い放った子か。よく覚えておいて、あとで何らかの礼をしよう。アスタロトは止めるが、やっぱりお礼は必要だと思う。


 暴走気味のルシファーは、我知らず浮かれていた。


 手を繋いだリリスは可愛いし、天気はいい。彼女が楽しみにしている親子参加の遠足は、ルシファーにとっても嬉しい行事だった。


 出発した一行はそれぞれ歩き出す。目的地を示した地図を渡され、自由に歩かせるスタイルだった。親が一緒のイベントなので、列を組んで歩くのは止めたらしい。


ルシファーも後ろを歩くヤンがいるため、列に並んで歩かなくて済むのは助かった。子供達に絡まれる気がすると、小型化を拒んだヤンは大きな尻尾を振りながら着いてくる。


おかげで周囲からすこし距離を置かれていた。彼がいれば、魔獣に襲われる心配もなく、保育園からは感謝されている。


「パパ、疲れたらリリスに言って」


「わかったよ」


 大人のように振舞いたい年頃らしく、面倒を見たがるリリスに頷く。手を振って歩くリリスの歩幅に合わせてゆっくり歩いた。木々が風に葉を揺らし、小鳥の声が聞こえる。こんな時間を過ごすのは久しぶりだった。朝の日課も最近は物騒なので、こういった光景は気持ちが和む。


「青い鳥さんがいる」


「本当だ、よく見つけたな」


 褒めると嬉しそうに笑う。ベールやアスタロトは甘やかしすぎだと言うが、子供のうちは甘くていいと考えていた。大きくなれば嫌でもあれこれ我慢するはめになる。それまでは褒めて甘やかして、素直に元気に育ってくれるのが一番だ。


 ルシファーと同じポニーテールにした黒髪が、歩くたびに揺れる。リボンと同じピンクのキュロットとブラウスのリリスは、隣のルシファーを見上げた。


「パパもピンクのお洋服にすればよかったのに」


「……リュックがピンクだからいいんだ」


 今朝のやり取りを思い出す。同じピンクの服を着て欲しいと駄々を捏ねられ、なんとかリボンとリュックだけで我慢させた。再び蒸し返すリリスの気をそらそうと、地図を目の前に差し出す。


「今どのへんかな?」


「ここ」


 適当に指さすリリスに「よくわかったな」と頭を撫でて誤魔化し、ルシファーはほっと息をついた。

「魔王様、溺愛しすぎです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く