魔王様、溺愛しすぎです!

necoaya

61. 姿が見えないと不安でした

 鼻先に抱きつき、もそもそと耳のほうへ這うリリスの後ろで、手を差し出した姿でおろおろするルシファーがいる。落ちそうになったら受け止めるが、彼女の成長のために多少のお転婆は許すようミュルミュール先生に言われてから、手出しを自分なりに控えているのだ。


 ヤンも器用に角度を動かして、リリスが落ちないように手助けする。


「ルーファ?」


 耳の間までたどり着いたリリスだが、振り返ってルシファーがいないことに気付く。実際にはヤンの陰にいるのだが、ふさふさの毛に埋もれたリリスからは見えなかった。不安になって周囲を見回し、名をつぶやいたのが限界だった。


「るーふぁ、うああああぁ……っ」


「はいはい、ここにいるよ。リリス」


 羽ばたいたルシファーが満面の笑みで手を伸ばすと、2階以上の高さがあるヤンの上からリリスが飛びついた。落ちたら一大事なので、下に受け止める用の安全ネットも張る過保護ぶりだ。もちろん、幼女は魔王の腕に無事抱きついた。


「うぅっ……ダメぇ」


 離れるなと泣くリリスの頬にキスをしても、まだ玉のような涙が零れ落ちる。保育園に預けた初日より泣く彼女の様子に、困惑顔のルシファーだが黒髪を何度も撫でた。ぎゅっと抱き締めて背中をとんとん叩いて落ち着かせる。


「ずっと一緒だぞ、リリス」


 蕩けそうな甘い声で何度もリリスの名を呼んでやる世界最強の魔王を横目に、ヤンとアスタロトは顔を見合わせて苦笑いする。


 これで将来、思春期になったリリスに「パパと一緒は嫌」とか「大嫌い」なんて言われたら、大地を割る騒動になりかねない。そんな思いが過ぎったアスタロトは「今後のことを考えると対策が必要だ」と真剣に考え始めた。


「……我が君がここまでご執心とは」


「大切にし過ぎてて引きますけどね。将来が心配です」


 ふとヤンの耳が動いた。外へ向けた耳が聞き取った同胞の声に、喉を鳴らす。伏せていた身体を起こして、ルシファーへ向き直った。お座りして声をかける。


「我が君、そろそろ息子達が戻ってきます」


「うん、今忙しい」


「存じ上げておりますが、兵を労うのは陛下のお役目でしょう」


 アスタロトが低い声で忠告した。びくりと肩を揺らしたルシファーが「そうだった」と呟く。目の前の欲望に忠実なルシファーだが役目を放り出す気はない。そしてアスタロトも側近として、彼に放り出させる気はなかった。


 魔熊と違い、魔狼は森の中でも足音を立てない。塀を切り裂いたスロープを使って、こちらへ戻ってきた魔狼達は一斉にひれ伏した。


「魔王陛下、砦の占拠が終わりました」


「ご苦労。今日からお前にセーレの名を授ける。今後も励め」


 名を告げる儀式に、複雑な手順はない。先代の交代時もそうだが、ルシファーが宣言するだけでいいのだ。セーレの息子改めセーレとなった若いフェンリルは、驚いたように父である元セーレに視線を向けた。頷く父狼に実感がわいたのか、身を起こしてウォーンと遠吠えをした。


「名と領地、群れの継承が終わり次第、ヤンは魔王城の森に住むように」


 命じる形でヤンの願いを叶えてやる。これも上司であるルシファーの役目のひとつだった。


 信賞必罰しんしょうひつばつ――賞すべき功績のある者に褒美を与え、罪を犯した罰すべき者は罰する。単純なようだが、魔王を頂点とした魔族社会の基礎だ。


「承りました」


「かしこまりました」


 セーレとヤン親子が恭しく受けたあと、セーレとなった息子は首をかしげて質問をした。


「ところで、ヤンとは父上のことですか?」


「……言ってなかったっけ?」


 頷く魔狼達の様子に、代替わりの名を授ける宣誓を思い浮かべる。確かにセーレと名乗れと告げたが、元セーレがヤンになると言わなかった。


「5代目からの継承と違い、セーレが2人になっちゃうからな。引退後の名を与えてみた」


 さらりと忘れていた事実の修正をはかるルシファーに、セーレが目を輝かせた。


「つまり、次の代替わりで私はヤンになるのですね」


「「「え?」」」


 アスタロト、ルシファー、ヤンは一斉に首を横に振る。が、嬉しそうなセーレの様子に「こちらも受け継がれそうですね」とアスタロトが呟いた。

「魔王様、溺愛しすぎです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く