魔王様、溺愛しすぎです!

necoaya

59. 名付けはセンス命です

「魔王城の近くの森に住めばいいさ……ん? 住処すみかを入れ替える形か」


 今は息子が魔王城の城門に陣取っているが、今後は逆になる。父が魔王城近くに住み、息子は受け継いだ群れを守りながら魔の森に住むことになるだろう。


 嬉しそうに尻尾を振るたび、森の木はみしみし音を立てながら台風並みの風に耐えていた。魔王とリリスは気付かぬまま、ぬくぬくと毛皮に包まれる。


「ルーファ、ルー…」


 ぱちくりと赤い目を瞬いたリリスが、ごしごしと目元を擦る。慌ててとめようとしたが、それより早くリリスは歓声をあげた。


「わんわん、すごぃ! わんわんっ」


「リリス。セーレって呼んでごらん」


 複雑そうな音を立てたセーレの喉に気付いて、名前を教える。名をもつ魔獣は上位のものだけで、自分より格下に名乗ることはなかった。しかし「わんわん」と犬扱いされる現状に不満があるセーレは、ルシファーの言葉に期待を滲ませる。


 名を呼ばれれば、わんわん扱いから脱出できるのだ。もうすぐ引き継いでしまう名であっても、犬呼ばわりから逃れられるかも知れない。


「せぇれぇ?」


「ちょっと違う、それだと精霊になるからベルゼビュートだぞ」


「ベウゼ?」


 余計な名前を口にしてしまい、反応するリリスの頬をつつく。素直に顔を上げたリリスの額にキスをして、もう一度言い聞かせた。


「セーレだ」


「せぇれ」


 かなり近づいたが、そこで気づいた。この名前はすぐに譲渡されるため、リリスが呼ぶ期間は非常に短いのだ。また覚え直しさせると混乱させてしまいそうだった。


「ちょっと待っててな。リリス」


「ぁい」


 いい子でお返事したリリスの黒髪を撫でながら、寄りかかったセーレに声をかけた。


「なあ、新しい名前付けるか? 息子に譲った後が不便だろう」


「先代は亡くなって我に名を譲ったので……確かに今後困ります」


「うーん。オレが考えてもいいけど、アスタロトが反対するんだよな。なんかセンスがないとか言ってさ」


 ここ2万年ほど何かを拾うたびに言われ続けたため、ちょっとしたトラウマ状態だった。ベールにも「センスというより頭がおかしいのでは?」と辛辣な言葉を向けられたくらいだ。自分では気付かないが、そうとう酷いのだろう。


「我が君が名付けてくださるなら不満は言いませんが……リリス嬢は我が君が名付けられたのでしょう? よい御名ではありませんか」


「お前って優しいよな」


 ぽんぽんと毛皮の塊を叩いて、真剣に悩み始めた。


 フェンリル……をもじってフェンとかフェルとか付けたら、また側近連中が騒ぐだろう。リリスが発音しやすい名前で、それなりに格好いい名前か。


「にゃん、ルーファ」


「ああ……っと、さすがにニャンは酷いな。オレでもつけないぞ」


 リリスの言葉に苦笑いする。わんわん扱いに不満があるセーレは、種族としては魔狼族の最上位となるフェンリルである。猫のにゃんは付けられない。しかしリリスは首を横に振って、毛皮をなでた。


「にゃ……やん」


 ヤンか? ニャンじゃないのか。


「セーレ、『ヤン』というのはどうだ?」


「………我が君、さきほどのニャンから思いついたのでは?」


 ぎくっとするが平然と言い切った。こういうのは、照れたり目をそらしたら負けだ。よく分からない理論でルシファーは押し通す。


「いや、リリスがヤンがいいと言うので提案したまでだ」


「我が君がくださる御名です。ありがたく拝領いたします」


 その割には文句言ったよな? そんな気持ちを込めてぽんぽんと尻尾を叩いて、「よろしくな、ヤン」と声をかけた。

「魔王様、溺愛しすぎです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く