魔王様、溺愛しすぎです!

necoaya

48. 羨ましくないけど、尊敬しますよ

 夜中に『大公全員集合』の騒動は噂となって城下町に届く。


「なんでもリリス嬢に言い寄った奴がいて、陛下が出撃を指示したらしい」


「戦争か?」


「大公閣下達が何とかしてくれるだろう」


「にしても……「「「迷惑だよな、その言い寄った奴」」」」


 締めくくった言葉を溜め息混じりに吐き出しながらも、魔王領の住民の顔に悲壮感はなかった。この国で戦争が起きても、戦うのは貴族階級以上と決まっている。圧倒的な魔力量を誇る魔王ルシファーが降臨すれば、戦場は一方的な虐殺と変わらなかった。


 そのため自分達が戦場に行く必要がない民は、無責任に戦争を賭けの対象として楽しむ。胴元バアルがこの噂を利用しないはずがなかった。


「さあ賭けた! 戦争がある、ない。どっちだ!」


「俺はお小遣いすべて戦争ありに賭ける」


「なしに銀貨5枚!」


「じゃあ、私はありに金貨1枚ね」


 艶かしい声で参加を告げるフード姿の女性が金貨を差し出す。6本の腕を持つ助手は、慣れた様子で手帳に書き込んだ。ベルゼビュート金貨1枚……と。










「民の間で戦争の噂が広まっています」


 明日は人族の砦を襲うという夜、リリスにプリンを食べさせながらルシファーが首をかしげた。


「何が問題だ?」


「戦争ではなく、報復ですよ。誤解は早めに訂正した方がよいでしょう」


「そうだな、その辺は任せる。リリス、食べ物で遊んじゃいけません」


 プリンを半分ほど食べたところで、お腹いっぱいになったのか。リリスは手でプリンを潰している。握った時の感触が楽しいようだ。すでにプリンは液体状になっていた。


「めっ?」


「そう、ダメ」


「ルー、あーぁ」


 口をあけろと握ったプリンを差し出すリリス。さすがにないと思ったアスタロトだが、ルシファーは気にした様子なくリリスの指から崩れたプリンを食べる。


「次に潰したら、もうプリンを上げないぞ」


 言い聞かせながら、残ったプリンをリリスの手から食べていく魔王。真っ白な髪にプリン塗れの手が絡みついても、くすくす笑いながら許していた。


「……羨ましくありませんが、尊敬はします」


 アスタロトが今まで押し付けられて育てたのは、基本的に自分のことを自分で出来る者ばかりだった。卵の頃は手がかかったが孵れば手がかからなかった神龍シェンロンや、食事や散歩だけで済んだ灰色魔狼フェンリルを思い出す。妖精族ハイエルフの子も自分で食事や着替えができた。


 ここまで幼い子供の世話はしたことがない。ましてや人族はもっとも手がかかる種族で、成長が遅いくせに非力すぎて脆く壊しそうだった。


「ん? 尊敬?」


 不思議そうなルシファーの口元は、プリンを擦り付けるリリスのせいでべたべただ。同様に彼女もプリンで黒髪が頬に張り付いていた。


「リリス、こっち向いてごらん」


 さっき侍女が風呂に入れたばかりでは……そんなことを考えながら見ていたアスタロトの前で、ルシファーはリリスの頬についたプリンの欠片をぺろりと舐め取った。擽ったいリリスが、きゃっきゃと声を上げて笑う。


「これでよし。もう一回パパとお風呂しようか」


「あ、ぃ!」


 保育園で同年代の子供と遊び、普段からルシファーが話しかける。リリスの言葉に対する理解力は高かった。先日はドラゴンが使う言語をまぜて話していたくらいだ。多種族が通う保育園であるため、飛び交う数種類の言語をつまみ食いのように拾って覚えるらしい。


「リリスは賢いな」


 親バカここに極まれり。失礼なことを考えながら、アスタロトはタオルや着替えを用意して後を追った。

「魔王様、溺愛しすぎです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く