魔王様、溺愛しすぎです!

necoaya

24. 犬ではありませぬ!

「はぁ……凍らせて、ついでに森を再生しておこう」


 ちょっと散歩にいってきます、そんなニュアンスで魔法を展開する。膨大な魔力が注がれた森は一度凍りつき、すぐに新しい芽が顔を出して蘇った。ついでに攻めてきた人族を凍らせてしまったが、見なかったことにする。


 再生や回復はあまり得意ではなく、制御に集中した結果のささやかなミスだった。少なくともルシファーはそう考えている。排除派のアスタロトは満足そうに頷いた。


「大変結構です」


 教師の褒め言葉のように告げると、彼は転移して消えた。様子を見に来ただけらしい。魔狼もセーレも、股の間に挟んだ尻尾をようやく解放する。


「人族もだいぶ片付けたが、森の外にまだいるぞ。子狼も森の外だな。ここから先は任せていいか?」


 数匹の魔狼を残し、群れは子狼の救出に向かう。音もなく森を走り抜ける彼らの姿を見送り、セーレはゆったり伏せた。頭をこすり付けて感謝を示す。


「はい、我が君。ご面倒を……」


「いいさ。養い子の子孫だし、オレの民だもんな」


 砕けた口調でセーレの鼻先をかいてやる。他の魔狼と同じ程度まで身体を小さくしたセーレは、ごろんと寝転がって腹を見せた。それでも馬や牛より大きい。腹を撫でてやると、セーレは鼻を鳴らした。


 嬉しそうに尻尾を振るセーレに、リリスは興味を持った。怖いもの知らずの赤ん坊は手を伸ばし、小型化したセーレの耳をぎゅっと掴む。


「きゃん!」


 さすがに鳴いたセーレに、驚いたリリスが手を離す。その手に引き抜いた数本の毛が付いていた。勢いよく引いたらしい。


「こら、リリス。犬の耳は急所だぞ。引っ張るのはダメだ」


 リリスの手の甲をぺちんと可愛い音をさせ、ルシファーの指が触れる。叩くより明らかに弱い動きだが、何度もされた経験があるリリスは大人しく手を引いた。


「……我が君、お言葉ですが…犬ではありませぬ」


 犬と狼の間には大きな溝がある。そう告げる配下の声は複雑な響きを滲ませていた。


「悪い」


「だあ!!」


 いきなりのけぞったリリスが腕から落ちそうになり、反射的に魔法で受け止めたルシファーが安堵の息をつく。最近、よくのけぞって暴れるので対処も慣れたものだ。


「おっと! 危なかった」


 風のクッションに落ちたリリスは、身を乗り出してセーレの尻尾を掴もうとする。抱き起こしたルシファーが、セーレを手招きした。身を起こして近づくセーレは、リリスの手を警戒している。子供の力だが、急所を攻撃されれば痛い。ましてやリリスは手加減を知らなかった。


「あう! だああ」


 こっちに来いとばかり、両手を差し出して触ろうとする。手が届かないぎりぎりで止まったセーレに苦笑し、ルシファーはリリスの手を掴んでから尻尾に触れさせた。握らぬよう、注意して近づける。


「撫でるだけだぞ。握っちゃダメ」


 最近はダメの単語を覚えたのか、言われると無茶苦茶をしない。リリスの賢さに頬を緩めながら、尻尾に数回触れると満足したらしい。彼女はルシファーの耳を引っ張って、白い髪を口元に運んだ。


「我が君、この赤子は……」


「オレの養い子だ。可愛いだろう?」


 でれでれと鼻の下を伸ばした主の姿に、可愛いか? と疑問に首をかしげながらも、セーレは「そうですね」と相槌を打った。先ほど耳の毛を引き抜いた所業は、悪魔のようだったが。


「うー! うー!」


 ルシファーの髪を涎塗れにしながら、何度も同じ声を出す。その姿に、ルシファーは目を輝かせた。


「もしかして、オレの名前か! ルーだぞ」


 聞いたこともない愛称を作ってご満悦なルシファーから、そっと目をそらしたセーレが呟く。


「たぶん、違うのでは……」


「わんわっ!」


 今度は大きな声でセーレを指差して叫んだリリスが、どうだと胸を張る。その姿にルシファーは顔中にキスを降らせながら「本当に可愛い、賢いぞ、リリス」と、文字通り舐め回して褒め千切った。


「ですから……犬ではありませぬ」


 項垂れたセーレの抗議は、森の中にむなしく響いた。

「魔王様、溺愛しすぎです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く