魔王様、溺愛しすぎです!

necoaya

13. 魔王陛下の一大事

 夜泣きも一段落し、最近は大人しく寝てくれるようになった。数年は寝なくていい魔族の特性に感謝しながら、ルシファーは腕の中のリリスを揺らす。


 おしゃぶりが動くので、まだ寝ていないのだろう。だが瞼はおりていて、あと少しで眠ってくれそうだった。寝かしつけに失敗したせいで、2時間はこうして抱いている。彼女が大きくなって一人で眠れるまで、ルシファーと睡眠の関係は断絶状態になりそうだった。


「リリスのためならいいんだけどね」


 寝ることに執着しない魔王だが、前代勇者を倒したあとに50年ほど寝ていたことがある。まとめて寝溜めしたと本人は言い放ったが、その間の事務処理を担当したアスタロト達は大変だった。


 魔王本人の決済なら1つで済む署名が、四大大公だと3人以上の連名でようやく効力を発揮する。アスタロト一人では対処しきれず、ベールとルキフェルを巻き込んで壮大な書類整理に追われた。ぐっすり50年寝て起きた魔王へ、青ざめた顔色のアスタロトが詰め寄ったのは当然だった。


「リリスは可愛いなぁ」


 ひそめた声で告げると、すこしだけ目が開く。赤い色が覗くけれど、すぐに閉じられてしまった。反応してくれたリリスが愛しくて、瞼に触れるだけのキスを落とす。


「人族の寿命は短いらしいけど、何とでもなるさ」


 アスタロトが聞いたら頭を抱えるような発言をさらりともらし、魔王ルシファーはだらしなく美貌を緩めた。身体ごと揺すりながら、リリスを寝かしつける。


 魔王の執務室は質のいい机と椅子、膨大な知識を支える壁一面の本棚があった。重厚な作りの家具に混じり、最近は白い木製ベビーベッドと、月や星を飾ったベビーメリーが吊るされている。部屋の雰囲気は台無しだった。


 だが部屋の主は満足しているため、アスタロト含め誰も文句を言えない。


「魔王様! 大変です!!」


 ばたんと大きな音を立てて開いたドアに、魔王の周辺がぴきんと凍りついた。それは空気などという目に見えない存在ではなく、物理的に足元が凍っている。


「ふ…おぎゃああああああ」


 折角眠れそうだったのに起こされたリリスの癇癪かんしゃくじみた泣き声に、魔王はその称号に相応しい恐怖の表情で振り返る。しかし腕の中の赤子を揺すって宥めることは忘れない。アンバランスな視覚的情報に、飛び込んだ魔族は言葉を失った。


 どうしよう、怖いんだけど……ほのぼの映像にしかならない。


「リリスが起きちゃっただろ! もっと静かに来い。そもそも、リリスの寝起き以上の大事件はない」


 言い切った魔王は、後ろから飛び込んだ側近のセリフに眉を寄せた。


「何を馬鹿なことを……陛下、勇者らしき人族がきました」


「そ、そうです! 勇者がっ!!」


 攻め込んできたと騒ぐ兵と、訪ねてきたと気楽に言い放つ側近。対照的な2人だが、報告内容は同じだった。ただ感じ方が違うだけだ。


 どうせ魔王に一蹴されると決め付けるアスタロトは、眉をひそめたルシファーへ手を差し出す。


「なんだ、この手は?」


「リリス嬢を預ります」


「預けるわけないだろ」


「「は?」」


 報告に飛び込んだ兵とアスタロトの声がハモった。


「勇者か、仕方ない。すぐに片付けて帰ってもらおう」


 友人に「用があるからまた今度」と話しに行くような態度で、ルシファーは黒いローブの裾を揺らして歩き出す。その左腕にぐずるリリスを抱いたまま。

「魔王様、溺愛しすぎです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く