魔王様、溺愛しすぎです!

necoaya

04. 拾いものは得意でした

「ルシファー様、何をして……?」


 後から追いかけてきた側近アスタロトの声が途切れる。首を傾げた青年が振り返ると、驚きすぎて目を見開いたまま固まる20歳前後の青年がいた。魔族特有の抜けるように白い肌を波打つ金色の髪が縁取っている。真紅の瞳は零れ落ちそうだ。


 先ほどまで侵入者相手に振るった剣は、右手に握られたままだった。


「どうした、アスタロト」


 主の右手に抱かれた布包みが動いている。声は聞こえているが、凝視したまま無言で近づいた。手を伸ばすと避けられる。


「……なぜ避けるのですか」


「だって、何するかわからねえじゃん。だいたい手が汚い」


 砕けすぎた口調に額を押さえ、アスタロトは聞こえよがしに大きな溜め息を吐いた。血塗れの剣と手の血を消してから口を開く。


「ルシファー様、何度も申し上げておりますが……あなた様は『』なのです。そのように品のない言葉遣いは、下の者に示しがつきません」


「公式行事のときはちゃんと話すだろ。私的なときくらい許せ。お前の言う品のない言葉とやらは、オレの大切な民が使う言葉だ。失礼だぞ」


「……本当に、口は達者ですね」


 ああ言えばこう言う。まさに見本のような魔王の切り返しに、アスタロトは眉を顰めた。


 魔王に相応しい振る舞いを求めても、普段はまったく聞いてくれない。公的な場ではそれなりに振舞ってくれるため大目に見てきたが、他の大公から苦情が出ているのだ。そして苦情を受け付けて処理し、頭を下げるのは側近であるアスタロトの役目だった。


 あまり自由にさせると後始末が大変だ。


、何を拾ったのです? まさか、あなたの御子おこではないですよね」


「今回は、と強調するほど拾ってないぞ。それに単独ひとりで子供は作れない」


「そうですか? あなた様なら作れても驚かないですが……大きな拾いもので2万年前に神龍シェンロンの卵、わずか1000年後に灰色魔狼フェンリルの子、上級妖精族ハイエルフの少女は1万5000年前でしたか。あとは……」


 数千年に一度拾う程度、そこまで怒らなくてもいいじゃないか。アスタロトは記憶力がいいので、忘れていた拾い物まで挙げ連ねられそうだ。


 まだ続けそうなアスタロトを左手で遮る。その手で優しく布をどけて、右腕に抱く赤子を見せた。ルシファーに抱かれて安心したのか、すやすやと眠っている。


「わかった。確かに拾うけど、今回は城門に捨てられたんだからオレが育ててもいいだろ」


「城門に、人族の赤子ですか?」


 魔族領に出入りを規制する結界はない。そのため人族や妖精族、魔物も自由に往来していた。だが魔王城の城門は守衛がいるのだ。勝手に赤子を捨てていけば、さすがに気付かれるだろう。おくるみに包まれた赤子が這って来れるわけはなく、大人が抱いて近づけば守衛が見逃すはずはなかった。


「ふむ……守衛がサボった、とか」


「まあ、その辺はどうでもいいけど。とにかくオレの家の門前に捨てられたんだから、家主のオレが育てるさ。普段からお前が言う『責任感』ってやつだ」


「意味が違います」


 ぼやきながらも、アスタロトは強行に反対しなかった。

「魔王様、溺愛しすぎです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く