魔王様、溺愛しすぎです!

necoaya

02. 後片付けは最低限のマナーです 

「人族など滅ぼしてしまえば良いのに」


 溜め息混じりに、アスタロトは剣に魔力を流す。己の魔力で作り上げた虹色の剣は、主である魔王のお気に入りだ。そのため常に美しく保つ努力をしてきた。


「あの方は慈悲深い。さきほどの魔術師も殺していないでしょうね。ですが、私はそこまで優しくありません」


 美しい顔に浮かんだ酷薄こくはくな笑みは、触れたら切れそうな三日月に似ている。刃のような鋭さを感じさせる表情で、剣を一振りした。森の茂みが大きく割れる。


 木々を切り裂き、岩を砕く無粋な真似はしない。ここは魔王城の庭である魔の森の一部で、魔王陛下の日課である散歩のコースだった。無残な風景にしてしまったら、彼が悲しむだろう。


 アスタロトの言動の中心は、常に魔王だった。


 風の魔法で葉を揺らす茂みの間から、覚悟を決めた剣士が3人飛び出してくる。浅黒い肌は魔力が少ない人族の証拠だ。濃い茶色や黒の髪を揺らして駆け寄る男達は、四天王の一角を担う魔族へと切りかかった。


「死ねっ!」


「父の仇!」


 叫んで振り上げる剣を纏めて2本受け止める。流すこともできるが、アスタロトはあえて受け止めた。怒りに顔を赤くした人族の男に嫣然えんぜんと微笑んで、優雅に彼らの剣を払う。左へ落とされた剣に引き摺られて体勢が崩れたところを、返す刃で切り裂いた。


 赤い血がぱっと散る。城門の外に広がる草原の緑を、赤が花のように彩った。崩れ落ちる男が剣を身体に留めるために掴む。


「いまだっ!」


「気付いていないとでも? バカにされたものですね」


 3人飛び出したうちの1人が後ろに回りこんだことくらい、魔力を探るまでもなく気付いていた。囮となった2人をそのままに、アスタロトは左手を後ろへ翳す。風の刃で腹から二つに切られた男が最後の足掻あがきに剣を振り下ろした。


 キンッ、硬い金属音で右手の剣に弾き飛ばされる。


「はぁ……汚してしまいました」


 剣の柄や右手に飛んだ赤い血に眉をひそめ、アスタロトは嫌そうに呟く。


 魔族は大きく二つに分かれる。人族を容認する者と排除を望む者だ。言うまでもなくアスタロトは排除を望み、魔王は容認していた。


 同情なのか、魔王は人族に襲われても追い返すだけで殺さない。人族の間で魔王城が『人食い城』と揶揄やゆされる原因の一端は、アスタロトを中心とした排除派の行動だった。


 主の機嫌が悪くなるから、人族が近づかなければいいと殺してみたが……さらに襲撃者が増える結果となっている。裏目に出た作戦に、アスタロトを筆頭とする排除派が頭を抱えたのは数百年前だった。


 あれからも人族は懲りずに襲いかかってくる。


「本当に愚かですね」


 近づかなければこちらから攻撃はしない。大人しく己に与えられた領地で暮らせばいいものを、豊かな魔王領に手を伸ばそうとする。分不相応ぶんふそうおう――そんな単語がアスタロトの脳裏を過ぎった。


「片付けますか」


 地を割って死体を飲み込ませようとしたアスタロトだが、ふと感じた気配に動きを止める。魔の森から姿を見せた狼に微笑んで一歩さがった。


「お久しぶりですね、始末はあなた方にお任せします」


 アスタロトの丁寧な口調は素なので、相手が魔王でも魔物でも崩れない。アスタロトが譲る姿勢をみせたことに、頭を低くしたまま灰色の巨大な狼が近づいた。


 灰色魔狼フェンリルは群れの長で、小山ほどもある。後ろに数匹仲間を連れているが、やはり熊くらいの大きさがあった。人が乗っても平気そうな大きな魔狼達は、目上に対する礼儀として出来るだけ身体を地に伏せて近づく。


「人族もこのくらい礼儀をわきまえていれば可愛いのですが」


 自分の言葉に苦笑がこみあげて、アスタロトは城門を振り返る。すでに城門付近まで戻った魔王の後を追うべく、彼も歩き出した。後ろで、予定外のご馳走に喜ぶ魔狼の咆哮が聞こえる。しかし振り返ることはなかった。

「魔王様、溺愛しすぎです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く