灰色の詩

カムラ(仮村)

愛の事実

一目見るだけで 忘れられてしまう
そんな僕のちっぽけさを

憎む 憎い
どうしようもない
どうでもいい

すれ違うだけで 消えさってしまう
そんな君の薄情さえ

愛しい 辛い
どうしようもない
どうでもいい

世界はそれでも
何もなかったように
君と僕を運んでゆくから

どうか 忘れさせてよ
どうか 思い出してよ

愛の事実を
世界の理を

これは愛じゃない
こんな汚い感情を

愛と言うなら
僕は君を許さないよ

「灰色の詩」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く