話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

とある異世界転生記(テンプレすぎてつまんねぇorz)

Z〈ゼット〉

カイの覇道

魔将軍?とかいう奴を倒してしまった…
『マスター…これはまずいですよ』
だよな…よし、逃げよう!
そして俺は森の奥深くに逃げ込んだ









ふーっ
ここまでくりゃ大丈夫だろ
『それにしてもマスター、、、』
なんだ?
『いや、ここ…』
なんだよはっきり言えよ!





『ここダンジョンの中なんですけどォォォォォォ!』




いーっ!うるせぇ…それがなんだよ!
『いやいや普通のダンジョンならともかくここは古代の神、覇神様の作られたとっても危険なダンジョンなんですよ⁈』
あぁそうだな
『いやいや…神ですら攻略できてないのに…死ぬだけですよ!今からでも遅くありません!戻りましょう!』
えーでも道覚えてないから
『マップのスキルあるでしょうが!』
まぁそこまでいうなら…帰るか
『よかったです、マスターが神級のバカからとんでもないバカに格上げされました』
…上がってんの?それ
まぁいいや、はいじゃあマップ出して
『わかりました』
…………
え?はやくだしてよ
『え?まってください…汗』
どうしたの?
『アハハ(乾いた笑い)ここどうやらマップ使えないですね』
はぁ⁈
てことはどうすんだよ ︎帰れないぞ!
『幸い私は道をある程度把握できるので今から歩いたところなら道を覚えてある種のマップとして使えますが…』
それなら入った時からしとけよ⁈
『いやあの時は焦ってて…』
はぁ仕方ねえ、ならここ攻略するか
『え⁈普通この階をくまなく探して出入り口みつけるとかでは⁈』
いやあっても覇神のダンジョンなら出られないとかあるかもだし、それに面白そうだからな
『いやでも!』
ほらいくぞ!
『はぁ、わかりましたよ…』
そうして俺はダンジョンを進んでいった…この先に進むということがどういうことか知らずに…


〈ダンジョンNo.00 難易度EX 覇神への道〉

「とある異世界転生記(テンプレすぎてつまんねぇorz)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く