話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

とある異世界転生記(テンプレすぎてつまんねぇorz)

Z〈ゼット〉

無名の英雄

「ハァァ!」
「朱雀!」
「玄武!」
「白虎!」
「青龍!」
「麒麟!」
俺は魔法で彼等を作り出し雑魚を狩っていった。
すると突然索敵魔法に化け物みたいに強いやつの反応があった
向かってみるとそこには人がいた
『マスター!あれは魔族です!』
なんだと⁈魔族ってあのよくある悪い奴か
くそっ、こんな早く…
「貴様か我が眷属を殺し回っているのは」
「だったらなんだ」
「いやなに、それほどの力があるなら魔王軍に入らぬかと提案にきたんだ」
「魔王軍?ハッごめんだね」
「そうかそうか、なら」
「死ね」
なっ!速い!
『マスター右です!』
クソッ防ぐので手一杯だ!
「そんなものか!」
くそ!
「雷龍!」
「召喚?いやこれは魔法で作っているんだな?なるほどそれはいい。こちらも真似しよう」
なに⁈
「来い、魔竜」
なんだと⁈
「ふむ、最初だからうまくいかなかったなだがまぁこのくらいであれば大丈夫か」
これで失敗って…
「行け!魔竜!」
くそ!迎え撃て!雷龍!
バチィッ
お互いのブレスが弾き合う
クソッ!雷龍が劣勢か…
その時
「観戦してる場合か?」
ドゴッ!
すぐに殴られたとわかった
「グハッ!」
『マスター!』
くっ!来い!聖剣エクスカリバー!
「フン!そんなおもちゃで我を倒せると思うな!来い!魔剣デュランダル!」
何時間にも思える剣戟の中やつに隙ができた
「ここしかない!」
「身体能力増強 鬼神化 筋力増強 限界突破 剣神招来 剛力etc…」
俺は大量のステータスアップのスキルを使った
「ここだァァァァ ︎」
「なっ!」
瞬刻後俺の刃は相手を切り裂いていた

「とある異世界転生記(テンプレすぎてつまんねぇorz)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く