話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

とある異世界転生記(テンプレすぎてつまんねぇorz)

Z〈ゼット〉

テンプレなんだよなぁ





悲鳴の聞こえた方に駆けつけると豪華な馬車に乗ってる人達が悪そうな人達に襲われていた
「ナビ、サポート頼む」
『了解です』
ナビのサポートを受け俺は盗賊っぽい奴らを切り裂いた
「ふぅ、精神耐性あってもきついな」
盗賊たちを片付けると騎士(仮)が話しかけてきた
「お前は何者だ」
「えっと、怪しいものではないですよ…」
そんなやりとりをしていると、
「やめなさい」
その声の方を向くとそこには綺麗な女の子がいた
(ナビ?あの人多分貴族だよな?)
『でしょうね』
「その人は私達を助けてくれたのですよ」
「ですが…」
「私が大丈夫と言ってるのです」
「…分かりました」
どうやら警戒を解いてくれるらしい
「申し遅れました、私はわたくしはアルセット王国の第三王女、シャルロットです。先程は助けて頂きありがとうございました。」
どうやらめんどくさいことになったみたいだ…






「とある異世界転生記(テンプレすぎてつまんねぇorz)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く