トップウォーター

銀足車道

ブローティガン

だんだんときみをその気にさせよう、
夢のなかでピクニックを
しているような気持ちに、ね。
蟻なんていないよ。
   雨なんて降らないよ。

リチャードブローティガン詩集「突然訪れた天使の日」

「トップウォーター」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く