こんなスキルでチートしていいのか~クラス召喚で弾き出されたら転生賢者と天災級ドラゴンとパーティ結成!?~

霧崎夜宵

こんな感じの召喚あっていいのか

「朽葉って、変な名前だよねーww」
「ホントそれなーww」
「………はぁ。」
うるさい。
自分は一冊の読んでいた文庫本を閉じる。
そして、着ていたブレザーの内ポケットにその文庫本を突っ込む。
なぜなら机に入れればこの同級生どもにビチョビチョにされるからな………
………とかドシリアスなこと言うと思ったか!残念だったね!私は超ポジティヴ人間なのだよ!詰まりこんな事うるさい&めんどくさいとしか思わない!
はーいこんにちは私は高校2年、朽葉御簾葉クチバミスハという!現在進行刑でいじめられッ子をやってるよ!(マジ)
ちなみに本水浸しにされたのもホント。
ホントあの時は“この世界が異世界だったらこいつらどうしようか………”って考えた。
たぶん異世界だったら間違いなく………この先はお察し!
あ、ちなみにねぇ、今脳内でこそこんなバカ騒ぎしてるけどいつもは鉄の仮面つけて学生生活送ってるよ。
あーあ、ホント異世界クラス召喚とかされたいな………それでさ、召喚特典で『結界』スキルと『無限応用』スキル貰って、“アンタは勇者パーティー(クラス召喚に巻き込まれたいじめられッ子あるある)に相応しくないからバイバイbyクラスの女子軍”ってなって、世界最強のイケメンボーイとパーティー組んだり………
ってナイナイ!
私は島国の女子高校生らしく勉強すればいいんじゃぁぁぁぁ
………とか思ってた矢先だよ。
立体魔方陣が立って、先生すら巻き込んで召喚されたのは。











─────────どれ程経っただろうか。
気付けば自分は大理石調の建築物の中に居た。
「………はっ?」
おぉ。我ながら変な声が出た。
とかふざけた事は置いておき、状況確認をする。
「アー………アー………」
うん。声は出る。
ペタペタ体を触ってみるけど、あったかい。
足も透けてない。
て事は死んでない………?
………待てよ?
ここに来る前自分は何を見た?
本を閉じて………脳内茶番をして………それから………
………立体魔方陣。
「………召喚かよぉぉぉぉぉぉぉ!」
「わぁ、朽ちた葉っぱがなにか言ってる~ww」
この聞き慣れた草マークの持ち主は………
………もみじさんか。
何はともあれ、その声に頭をあげれば………
「………どっかのデスゲーム系MMORPG小説で見たような………」
蒼いライトエフェクトがあちらこちらに立ち込めていた。
てか、デスゲーム系MMORPG小説じゃないよね。なんだろああいう剣の世界みたいなのが舞台の小説の名称………もうデスゲーム系MMORPG小説でエエか。
「ホントになに言ってるの~?」
うーん………椛さん。そんな下らんこと言ってる暇あったらその時間を状況把握に回せば?
今私たちは何のために異世界召喚されたかどうかわからへんのやから。
………てか、そんなこと考えてたらクラス全員の召喚が終わったみたいだ。
皆キョドッってんなぁ………
「皆!落ち着くんだ!」
お、このいかにもクラスの中心的人物が掛ける台詞を言ったのは我がクラスの正に中心人物、舟松勝ふねまつまさるだ!
「今僕達はどういう状況におかれているかわからない!
だからこそ、落ち着いて!
大丈夫。落ち着けば状況は改善する!」
ホントにさー、こんな奴クラス召喚あるあるのクラスの中心者みたく勇者になりゃいいのにねー
………自分?
ま、あわよくば“影の実力者”的な感じかな?
危ない危ない。あともう少しである本の題名を言うとこだった。
とりあえず、自分は中心キャラとかクソ喰らえ。
無駄にフラグ立ちやすい端くれ主要キャラもご勘弁。
頑張りゃAランク冒険者になれるくらいの素質を持った危なげのないmobキャラが一番いい!
あれね?ちょっと強めのスキル1つ2つと普通のスキル幾つか持った、王都にちょっと探せば居るようなキャラクターよ。ワシが望むのは。
ま、そんなこと言うようじゃ「結界」スキル望むのは高望みじゃね?って話なんだけど………それはスルーで。
………ヤバイ。そろそろ虚しくなってきたぞ。この城の長老もしくは召喚者召喚指示者来ーい。
「勇者一行の皆様、ようこそお出で下さいました。」
来た───────────!!!
「私はこの城の長老のジュウジと申します。」
しかも丁度いい名前と役柄と外見だった─────────!!!
「ひゃっはー!来たぜ異世界召喚ー!」
はーい外野のmob男は黙っとけー
けどホント、長老でジュウジでじっちゃんて………どこまでいい場面が揃ったんだか………
「それでは、先ず皆様一列にお並び下さい。」
「あ、ジュウジさぁん!これって、勇者候補探しみたいな感じですかー?」
「おお………さすがは勇者の卵たるお方………その通りで御座います。
先に端折はしょって伝えてしまいますと、この度亜空間を根城とする黄泉の闇王が勢力を拡大し………この城に属する6人ばかりの聖騎士では封じ込めが効かなくなって参りまして………
よって、貴殿方に力を請いたいので御座います。」
あ、魔王じゃなくて闇王ムギミなのね。あと魔王軍勢じゃなくて黄泉の軍勢なのね何その無駄な陰陽要素。
「だったらー、ここの御簾葉さんは要らないですよー?だってこんな変な名前の人が勇者な訳無いんですからーww」
おーおー、酷い言いようだなオイ。
さぁジュウジ!この発言に対し君はどう反応する!

「こんなスキルでチートしていいのか~クラス召喚で弾き出されたら転生賢者と天災級ドラゴンとパーティ結成!?~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く