全ての魔法を極めた勇者が魔王学園の保健室で働くワケ

雪月 桜

心優しい愚か者

「……そういえば、こうして向かい合って話すのは、シルクさんが転生してきた夜以来ですよね? なのに、それほど久しぶりという実感が無いような……」

俺が、どうやって話をいつわろうかと、必死に頭をひねっている間に、ルクスリアが核心へと近付いていく。

不味まずい、とにかく適当に誤魔化さないと!

「あー、ルクスリアも、そうなのか? 実は俺も同じ事を考えてたんだ。でも、それは、きっと頻繁ひんぱんに手紙のり取りをしてたからじゃないか? それで、お互いの存在を身近に感じていたから、久々に会った実感がかないだけだろ。つまり、気のせいって事さ。だって、現に俺と会ったのは3ヶ月ぶりな訳だしな」

頭に浮かんだ言葉を、そのままり出しているせいで、不自然なほど早口になってしまう。

そんな俺を怪訝けげんそうな顔で見つめて、何やら考え込むルクスリア。

「……それほど頻繁ひんぱんに手紙の遣り取りをした覚えは、ありませんが……。それに、覚えが無いと言えば、女子寮に入った記憶も無いんですよね。まぁ、この学園に着いた時点で意識が朦朧もうろうとしていたので、単に記憶が抜け落ちているだけかも知れませんけど……」

どこか納得のいかない顔で、うんうんとうなり続けるルクスリア。

このままだと、真相に辿たどり着くのも時間の問題か。

取り敢えず、落ち込んでいたルクスリアの気分をまぎらわせる、という当初の目的は達成できた事だし、さっさとヴェノの所に向かおう。

敬愛する魔王様の顔を見れば、些細ささいな違和感なんて吹き飛んで、そのまま忘れてくれるに違いない。

そう思って、俺は自分とルクスリアを転移させようとした。

しかし――、

「……シルクさん、私に何か隠し事をしていませんか?」

何かをひらめいた様子のルクスリアの、鋭い眼光につらかれる方がわずかに早かった。

何とか全神経を集中させて、動揺を表に出す事は避けられたものの、そのせいで転移のタイミングを逃してしまう。

「……そりゃあ、お前と知り合って、まだ3ヶ月程度だからな。しかも、こうして直接、話すのは、まだ2日目だ。隠し事の一つや二つは当然だと思うけど?」

あんに、お前だって俺に全てをさらけ出している訳じゃないだろう? と問い掛ける。

気の弱い相手なら、これで引き下がってくれるんだろうが、流石さすがに魔王の右腕に通じると期待するのは楽観が過ぎるか?

そして、案の定、ルクスリアの視線が揺れる事は無く、真っ直ぐに俺を射抜いぬいてくる。

彼女自身を羞恥心からかばうためとはいえ、隠し事をしているのは事実なので、みょうに居心地が悪く、俺は思わず目をらしてしまった。

そんな決定的なリアクションを見たルクスリアは、ハァ……と深い溜め息を吐き、あきれたように口を開く。

「本当に、貴方あなたという人は……。そんな態度を取っていたら、思い当たるふしがあると言っているようなものじゃないですか。どうせ隠すなら、もっと上手く隠して下さい」

「め、面目めんぼくない……」

少し理不尽なものを感じなくもないが、言っている事はもっともなので、素直に頭を下げる。

すると、彼女は相変わらず呆れたようでありながらも、どこか慈愛に満ちているような、不思議な笑みを浮かべていた。

「……それに、こんな馬鹿な女のために、慣れない嘘を吐いてまで余計な重荷おもにを背負って。本当におろかな人です」

「ん? 何か言ったか?」

くちびるの動きで、何かしゃべっているのはかろうじて分かったが、読唇術どくしんじゅつ心得こころえなど持ち合わせていないので、内容は不明だ。

しかし、俺の疑問を無視するように、くるりと振り返ったルクスリアは、自分だけ先に転移の魔法陣を描いてしまう。

「何でもありませんよ。あ……とう……います」

「……アイツ、また聞こえない声で何か言ったろ」

白々しらじらしい言い逃れと共に、転移で去って行ったルクスリア。

その最後の瞬間に言い残した言葉の断片が、いったい何を意味するのか。

それを知るのは、ずっと後になってからの事だった。

「全ての魔法を極めた勇者が魔王学園の保健室で働くワケ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く