全ての魔法を極めた勇者が魔王学園の保健室で働くワケ

雪月 桜

駆け付けたのは

「おっ、この魔力は……」

結界が破られたのは、人が1人通れるようなせまい範囲で、すぐさま再生した。

しかし、当の本人が通り抜けるには、それで充分だったらしく、すごい勢いで接近してくる。

そんなに慌てなくても、問題なら無事に解決したのにな。

「シルクさん! 大丈夫ですか!?」

「見れば分かるだろ、ルクスリア。この通りピンピンしてるよ」

そう、結界を強引に突破して侵入しんにゅうして来たのは、魔王の右腕ルクスリアだ。

わざわざ俺の身体をペタペタと触って、傷が無いことを確認すると、彼女はようやく肩の力を抜いた。

「……はぁ。それなら良かったです」

「なんで、そんなに慌ててるんだ? というか、どうして、お前がココに?」

コイツは俺の魔法を受けて、女子寮で寝てたはずだけど。

それとも、とっくに目が覚めて、この近くまで試験を見に来てたのか?

「どうしても何も、姫様から緊急通信が届いたのです。それで反射的に飛び起きて話を聞いたら、シルクさんが正体不明の敵と交戦中とのことでした。その上、シルクさんが姫様を遠ざける程に危険な相手だとか。……そ、そんな話を聞かされたら心配で、居ても立っても居られないじゃないですかっ」

どこか言い訳がましくまくし立てるルクスリア。

俺は別に責めたつもりは無いんだけどな。

……いや、僅かに顔が赤くなってるから、一人相撲ひとりずもう羞恥心しゅうちしんを取りつくろいたかったのか?

「そ、そうなのか。余計な心配を掛けて悪かったな」

「……いえ。私の方こそ冷静に対応すべきでしたね。本当に切迫せっぱくした状況なら魔王様から命令が下るはずですから。それが無かったということは、シルクさんだけで対処可能だと判断されたのでしょう」

ばつが悪そうに目をそむけるルクスリア。

寝起きの頭と本調子でない身体で、咄嗟とっさに動けるだけ大したもんだと思うけどなぁ。

「例え、そうだとしても、俺は嬉しかったけどな。ルクスリアが心配してくれて」

――なんせ、勇者としての俺を心配してくれたのは、ほんの一握ひとにぎりの人間だけだったからな。

「な、何を言ってるんですか。まったく……元勇者ともあろう者が、人をこんなに不安にさせて。精進しょうじんが足りませんよっ!」

「へいへい」

……それにしても、ルミナリエのやつ、この対応は本当に心配してたのか、それとも仲間外れにした腹いせなのか、いったいどっちなんだろう。

可能性としては、どちらも半々の割合というのが、一番ありそうだな。

ルミナリエの事だから、俺を困らせたいだけなら他人を巻き込んだりしないだろうし。

「全ての魔法を極めた勇者が魔王学園の保健室で働くワケ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く