全ての魔法を極めた勇者が魔王学園の保健室で働くワケ

雪月 桜

決着と……

「ッ!?」

今まさに突撃せんと構えていたアイネが、何かにおびえたように全力で飛び退いた。

頭で考えた動きではなく、無意識に身体が反応したという様子だ。

直後、アイネの立っていた枝が水のかたまりに打ち付けられ、ミシリと音を立ててれる。

回避が後1秒でも遅れていたら、撃ち抜かれていたのはアイネ自身だっただろう。

背後からの奇襲きしゅうを狙っていたはずが、逆に先制攻撃を受ける形となり、アイネは悔しげに歯噛はがみする。

しかし、そんなひまは無いとばかりに、ルミナリエの追撃が襲い掛かった。

「くっ、このっ!」

乱立する木々を遮蔽物しゃへいぶつとして利用しながら必死に逃げるアイネ。

そんな彼女を執拗しつように追い詰めているのは、水属性の初級魔法――【水球】だ。

そう、何の変哲へんてつも無い、ただの初級魔法である。

しかし、その数と質が異常だった。

本来であれば、大した威力を持たないはずの初級魔法。

しかし、ルミナリエの放つ水球は、魔族の少女が放った中級魔法と同等の破壊力を誇っている。

そんな厄介やっかいな水球が、まるで雨のような勢いで降り注ぎ、周囲のみきや枝を次々とえぐり取っていくのだ。

このまま続ければ、5分もたないうちに辺りが更地さらちになるだろう。

「ルナちゃん、容赦ようしゃなさすぎぃっ!」

「……これでも瞬殺しないように、最低限の手加減はしてる。それに、これくらいは乗り越えないと、魔王学園では生き残れない」

……まぁ、一理いちりあるな。

革命派の対抗戦力を整えるため、そして魔界の未来をになう人材を育てるため、魔王様は結構、鬼畜きちくなカリキュラムを用意してるみたいだしなぁ。

それに、入学直後から命懸いのちがけのイベントもひかえてるらしいし、充分な実力が無いなら不合格になった方が本人のためだ。

「あーもう、上等だよっ! これくらいの試練なんて、婆様ばばさまの修行に比べたら大したこと無いんだから!」

なかばヤケクソ気味に自らを鼓舞こぶして、気合を入れるアイネ。

そんなアイネを見て、わずかに微笑ほほえんだルミナリエは、静かに鎌をかかげる。

「……そう? なら追加する」

「えっ、ちょ、まっ!?」

「……待たない」

ルミナリエが勢い良く鎌を振り下ろす。

次の瞬間、それまでの倍の数の水球がアイネに殺到さっとうした。

「きゃあああ!?」

もはや、攻撃が苛烈かれつ過ぎて、肉眼ではアイネの姿を確認できない。

加えて、周囲一帯にルミナリエの魔力が充満しているせいで、アイネの魔力までとらにくくなっている。

朧気おぼろげに感じる魔力の活性具合から察するに、何とか生きてはいるようだけど……。

おっ、これは?

「……しまった」

どうやら、ルミナリエも気付いたようだ。

アイネがえて羽衣はごろもを解除し、気配と魔力を遮断しゃだんした事で、き散らした自分の魔力に完全にまぎれてしまった事に。

いくら気配感知に優れたルミナリエでも、この環境で相手の位置を探るのは困難だろう。

ルミナリエも魔法を停止して、キョロキョロと辺りを見回すが、アイネの姿は見当たらない様子。

とはいえ、アイネの事だから、逃げたという訳ではないだろう。

木々の影か、あるいはしげみの中か、どこかしらに身をひそめて、機をうかがっているに違いない。

再び背後を取られないよう、油断なく辺りを警戒するルミナリエ。

しかし、アイネは、一向いっこうに姿を見せない。

やがて、辺りをめ尽くしていた魔力が霧散むさんし、ルミナリエが気配を探ろうとした瞬間――、

「ハァァァッ!」

裂帛れっぱくの気合いと共に、アイネが姿を現した。

それも、ルミナリエの正面方向の茂みから。

「……フッ!」

あまりにも愚直ぐちょくな突撃に、多少は面食めんくらったようだが、それだけで硬直こうちょくするルミナリエでは無い。

すぐさま鎌を一閃し、それに合わせて水球が乱れ舞う。

ところが――、

「セイヤッ!」

アイネに向かって放たれた水球は、その小さな拳でことごとく弾かれていく。

良く見れば、その両手はゴツゴツとした岩におおわれていた。

いかにも原始的で無骨ぶこつなグローブは、もしや羽衣の応用だろうか?

ただの身体強化で、ルミナリエの水球に耐えられる訳が無いし、あんな魔法を見たことも無いから間違いないとは思うけど……。

というか、そもそも【羽衣】なんて魔法も、俺は知らないんだけどな。

この100年で新たに開発された魔法は、あらかた調べたはずだし……となると、アイネのオリジナルだろうな。

系統としては身体強化に分類される魔法なんだろうけど、いったい、どんな魔法なのやら。

「ルナちゃん、覚悟!」

俺が、あれこれと推測を重ねているうちに、ルミナリエの目前まで迫っていたアイネ。

そのままの勢いで拳を突き出し、ルミナリエのどうを狙う。

しかし、対するルミナリエは、鎌で迎撃する素振そぶりもなく、いつものように眠たげな瞳で待ち受けるのみ。

まるで、アイネの拳が見えていないかのような振る舞いだ。

だが、勿論もちろんそんな甘い話ではなく、ルミナリエは、ただ見極めていただけだ。

カウンターを打ち込む、最適のタイミングを。

「……【ブラスト】」

ルミナリエの小さな胸に、アイネの拳が触れる寸前、ポツリと呟かれた一言ひとこと

相変わらず、小さいのに良く響く、天使のようなささやきは、目の前のアイネにとっては死神の宣告に聞こえたかもしれない。

……いや、むしろ何も聞こえなかったという可能性が高いか。

なにせ、ルミナリエが言葉を放つと同時に、彼女を中心とした突風が生じ、アイネは悲鳴を上げることも出来ずに、後方に吹き飛ばされたのだから。

そうして数秒間の滞空たいくうの後、アイネは飛び出して来た茂みの手前で、背中から地面に叩き付けられた。

「かはっ!? ……けほっ、こほっ」

肺の空気を強制的に排出させられ、盛大にき込みながらも、必死に呼吸を整えるアイネ。

それからうるんだひとみぬぐい、ルミナリエと視線を交わす。

「今のは……」

「……風属性の初級魔法――ブラスト。殺傷力さっしょうりょくのない突風を生み出すだけの魔法だけど、相手と距離を取る時に便利」

まぁ、普通は少し後退あとずさるレベルの威力なんだけどな。

人体を吹き飛ばすレベルの強風を生み出すなんて、並の使い手では不可能だ。

「何とか目の前までは辿たどり着けたのに……。結局、一撃も入れられなかったか」

分かりやすく、肩を落として自嘲じちょうするアイネ。

ブラスト自体には殺傷力が無いし、地面に叩き付けられたダメージも、それほど残っているようには見えなかったが、どうやら先程の強引な突撃で魔力を使い切ったようだ。

加えて、両手が不自然なくらい傷だらけになっている。

ルミナリエの水球は完璧に防いでいたようだけど……もしや羽衣の影響か?

「……そんな事ない。見て」

アイネの言葉を否定するように、ふるふると首を振ったルミナリエが、自分の胸の下あたりを指差した。

いったん疑問をたな上げにして、俺もルミナリエに意識を向ける。

すると、服の一部に小さな穴が空いており、その奥の青白い肌が少し赤くなっていた。

「……拳は当たっていなかったけど、圧力は僅かに届いてた。10発程度とはいえ、水球の直撃もさばいてたし、充分に及第点きゅうだいてん。……まぁ、かなり強引だったから、そこは要改善だけど」

「る、ルナちゃん……」

感極かんきわまったように立ち上がり、覚束おぼつかない足取りでルミナリエに向かって歩き出すアイネ。

――しかし、

「……えっ?」

何が起こったのか分からない、という困惑こんわくが、アイネの口かられる。

当然だ、何せ自分の脇腹に、いつの間にかナイフが刺さっていたのだから。

「……あはっ。余裕ぶってとどめを刺さないから、こんな事になるのよ」

ゆっくりと振り返った、アイネの目の前にあったのは、意識を失ったはずの魔族の少女の、狂喜にゆがんだ笑顔だった。

「全ての魔法を極めた勇者が魔王学園の保健室で働くワケ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く