全ての魔法を極めた勇者が魔王学園の保健室で働くワケ

雪月 桜

月下の語らい

「……今日のところは、この辺りで、お開きにしましょうか。もう夜も遅いですし、シルクさんは転生したばかりで疲れているでしょうから。細かい話は、また明日から詰めていくという事で」

「……そうだな。まだ微妙に身体が重いし、そうさせてもらうよ。……ありがとな」

なんとなく、気を使わせてしまった気がしたけど、ここで断ったら余計に気を揉ませるだけだ。

俺は大人しくうなずいて、厚意に甘えることにした。

「ふふっ、お気になさらず。それでは、ルクスリアさん。男子寮の職員用エリアまで、彼の案内をお願いします。それが終わったら、貴方あなたも休んで下さいね。王都に戻るのは、明朝みょうちょうで構いませんから」

「かしこまりました。お先に失礼いたします。ほら、行きますよ、シルクさん」

「おう。……あっ、そうだ。その前に、いつまでも魔王って呼ぶのもアレだし、これからは、ヴェノって呼んでもいいか?」

魔王ケルヴェノムだから、りゃくしてヴェノ。

安直だけど、どうせ洒落しゃれ渾名あだななんて考えられる程のネーミングセンスは無いんだ。

だったら、分かりやすく、呼びやすいものが一番だろう。

「……あははっ。えぇ、大歓迎です。それでは、おやすみなさい、シルクさん」

何故か、ツボに入ったらしく、やたらと嬉しそうに笑うヴェノ。

その笑みの理由が少し気になったけど、わざわざ追求するほどでもないか。

「ああ、おやすみ。ヴェノ」

背中越しに、ひらひらと手を振って、学園長室を後にする。

すると、既に廊下に出ていたルクスリアに、ジト〜っとした眼差まなざしで迎えられた。

「……どうかしたか?」

「いえ、別に何でもないです」

『べ、別に何でもありませんからっ!』

ルクスリアの素っ気ない言葉が記憶を揺さぶり、頭の奥から懐かしい声が響いてくる。

……アイツも、良く何でもないって言って、誤魔化してたよなぁ。

けど、そういう時は大抵、何かあったりするんだ。

アイツの場合は、体調不良を隠してるのが、お決まりのパターンだった。

それ以外にも、顔を真っ赤にして言ってる時があったけど、アレは結局なんだったんだろう。

他の奴らは気付いてるっぽかったのに、俺だけ蚊帳かやの外で、悔しい思いをしたのを覚えている。

「……シルクさん? 早く行きますよ」

「ああ、悪い。いま行くよ」

感傷かんしょうひたるのは、約束を果たした後にしよう。

でないと、アイツらに怒られちまうからな。

気持ちを切り替えて、ルクスリアの先導に従い、夜の学園を歩く。

手っ取り早く転移できれば良いんだけど、転移魔法は何らかの目印か、精密な座標を認識しないと使えないので仕方ない。

男子寮とやらには、一度も行ったことが無いからな。

それに、窓から差し込む月明かりだけが照らす廊下は、中々に幻想的だし、こういう時間も悪くない。

そうして、しばらく歩いていると、ふと、ある事に気付いた。

「そう言えば、他の教官や学園のスタッフは、まだ居ないのか? 学園の敷地内にほとんど魔力を感じないんだけど」

「校舎内じゃなくて敷地内って……。どれだけ魔力感知の範囲が広いんですか。この学園には大規模な演習場などもあって、バカにならない広さなんですが」

「いや、流石さすがに魔力の有無が分かるだけで、個々の判別までは出来ないぞ? ヴェノなら出来るだろうけどな」

「比較対象が魔王様な時点で充分に規格外です。……はぁ。それで質問の答えですけど、まだ入学試験は3ヶ月も先だと言われたでしょう? 関係者が出入りする事は勿論もちろんありますが、現段階で学園に住み込んでいるのは、一部だけです。それにしても、転生したのが、この時期で良かったですね。あと3ヶ月遅ければ、女子寮で大勢の生徒が生活していますから、女湯に変質者が出たと大騒ぎになってますよ?」

「そ、それは困るな。女子には卒業まで白い目で見られそうだし、男子には嫉妬しっともった殺気をぶつけられそうだ」

「というか、そもそも医療スタッフとして雇われたかも怪しいですけどね」

そんなIFイフの未来を想像したのか、ルクスリアがクスリと笑う。

そして、ようやく辿たどり着いた学園の玄関の扉を開けた。

どうやら、今宵こよいは晴天で、しかも満月らしく、夜道を明るく照らしている。

「……あれ?」

ふと気付いたけど、ルクスリアが眼鏡を外している。

学園長室を出た時には、まだ付けてたはずなんだけど、いつの間に。

今までは廊下が暗かったから、分からなかったのか。

「……私の顔に何か付いてますか?」

俺の視線が気になったのか、ルクスリアが不思議そうに首をかしげる。

「いや、むしろ付いてたのが無くなったというか。あの赤い眼鏡は何処どこにいったのかな、と」

「ああ、心配せずともポケットに仕舞しまっただけですよ。アレは仕事の時にしか付けませんから」

そう言って、胸ポケットから眼鏡をチラリと覗かせるルクスリア。

くした訳じゃないなら、それで良いんだけど……。

「俺の案内は仕事に入らないんですかね」

「何ですか? そんなに眼鏡を付けて欲しいんですか? 眼鏡フェチなんですか?」

「別に眼鏡フェチとかでは無いけど、ルクスリアに良く似合ってたから、勿体もったいないなと思ってさ」

「……申し訳ありません。私には魔王様という心に決めた御方おかたが……」

「いや、口説くどいてる訳じゃねーよ!」

確かに、言ってから少し気障きざっぽいかな、とは思ったけども!

「冗談です。それにしても、貴方あなたという人は……。そう言えば、魔王様にも小さいだの、可愛いだのと言ってましたね。もしや、小さくて可愛い人なら誰でも良いんですか?」

「だから深い意味は無くて、感じたことを口に出しただけなんだけど……。というか、お前は別に小さくないだろ」 

むしろ平均的な女性より、かなり身長が高い。

手足もスラリと長くて、顔は小さめなので、典型的なモデル体型と言えるだろう。

「まぁ、胸は小さいですけどね」

「コメントに困るから、その自虐じぎゃくはやめろ」

やさぐれた様子で、自嘲じちょうするルクスリアに、すかさずツッコミを入れる。

どこか、わざとらしい冗談みたいな口調だったけと、目は笑っていないだよなぁ。

まったく、どこまで本気なのやら。

「そう言えば、ヴェノって何で、あんなに幼い見た目なんだ? 魔族は人間より寿命が長いって聞くけど、不老の魔族がいるなんて聞いたことがないぞ?」

再び男子寮を目指して歩きながら、ルクスリアに疑問を投げかける。

「別に不老という訳ではありませんよ。魔族は保有する魔力が多ければ多い程、老化が遅く、寿命も長くなるんです。そして、外見の年齢が20代になった頃に全盛期を迎えると言われています」

「……えっ? じゃあなに? アイツって、まだ全盛期を迎えてないの?」

むしろ、外見年齢が12歳の今って、人間で言うとバリバリの成長期なんじゃあ。

「ふふっ。魔王様の真価(進化)は、これからが本番ですよ」

「……俺、もう二度とヴェノとは戦わないわ」

というか、100年前の時点で軽くあしらわれてた俺って……。

「賢明な判断です。もっとも、仮に魔王様に仇為あだなすなら、私が先に貴方を始末しなければ、いけませんけど。……出来れば、貴方を傷付けたくありません」

……まったく、コイツは本当に、お人好しだな。

魔王の側近なら、『その時は一切、容赦ようしゃしませんので』くらい言わないと。

まぁ、俺としては、こうやって割り切れない思いを抱えながら、それでも前に進んで行く奴が嫌いじゃないけどさ。

「気にするな。もしも敵対する事になったら、その時は全力で殺しに来い。その上で、お前も、ヴェノも、俺自身も、まとめて救ってみせるから」

俺の言葉に目を丸くしたルクスリアが、ハッと我に返って、プイッと顔をそむける。

「……ふんっ。私や貴方自身はともかく、魔王様を救うだなんて100年早いです!」

「そうか? 少なくとも、ヴェノに勝つよりは現実的だと思うぞ? だって、その場合は、アイツに仇為す愚か者をぶっ飛ばせば良いだけだろ。世界最強の魔王様と戦うより、よっぽど楽だ」

「……確かに、革命派などという、ご大層な看板を掲げた犯罪集団も潜伏している訳ですし、そんな機会もあるかもしれませんね」

心の底から軽蔑けいべつを込めたような、寒気のする笑みを浮かべるルクスリア。

思わず、背中がゾクッとしたぞ。

「あー、やっぱり魔王様を敬愛する右腕としては許せないよな」

勿論もちろん、それもありますが、それだけではありません。奴らは魔王様に歯向かった挙げ句、罪なき同胞達まで手に掛けた、正真正銘しょうしんしょうめいの腐れ外道共ですから」

隣を歩くルクスリアの肩が震えている。

やり場のない怒りを必死にこらえているんだろう。

「魔王が言ってたな。人間と友好的に接してた魔族が殺されたって」

「えぇ……。別に魔王様と異なる意見を持つのは構いません。魔王様だって進むべき道に迷う事はありますし、そんな時に進言するのは、私達の役目ですから。しかし、その上で魔王様が決めた事なら、たとえ地獄の底だろうと付いていくのが私達の誇りです。そして、どうしても納得できないなら、命をして立ちはだかり、一切の抵抗なく、ただ忠言ちゅうげんを叫び続ける」

決然けつぜんとした表情で断言するルクスリア。

その覚悟には、一片の揺るぎも感じられない。

後ろに付き従う時も、前に立ちはだかる時も、彼女の命は常に魔王にささげられている。

まさに魔王の忠臣ちゅうしんと呼ぶに相応ふさわしい彼女だからこそ、どうしても許せないのだ。

何の罪もない民を虐殺ぎゃくさつし、人間に責を押し付け、安全な位置から対立をあおった革命派の非道を。

……それにしても、魔王でも見つけられないなんて、革命派は、いったい何処どこに潜伏しているんだろう。

「全ての魔法を極めた勇者が魔王学園の保健室で働くワケ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く