話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

祝福と加護の高校生、リアル世界で冒険者になる。

千歳

20話



俺らが惚けていると前の受付と思われる所から
女性が大振りに手を振って
こっちこっちと手招きするのが見えた。
20mくらいの距離があるのによく見えたものだ。


香里奈さんと顔を見合わせて、思った事が伝わったのか
頷かれ、俺を先頭に女性の所まで真っ直ぐ歩いて行く。


「いらっしゃいませ!
今日はどのようなご用件でしょうか?
あ! 分かった! その学生服大見根高校のでしょ!
ということは初めての冒険者登録かな!?
ではこちらで登録しちゃいますので
まずはその椅子にかけちゃって下さい! では説明に入りますね! 」


「ちょ! ちょっと!! ちょっと待ってください! まずは落ち着いて下さいよ」


「あら! ごめんなさいね。
一気に喋る癖は昔から治らないのよ。
これでも抑えてる方なんだけどね。
 昔なんかーー」


「ま! まずは! 自分たち二人とも登録というのは合ってます!
それで俺は和嶋健です! こちらの女性が橘香里奈さん! あなたは?!」


「あらご丁寧にどうもありがとうございます。和嶋様と橘様ですね。
申し遅れました、私はここ冒険者ギルド専属受付嬢の
東城崎とうじょうざきアンジェリカと申します。
気軽にアンジェと呼んで下さい」


これが専属受付嬢こと、東城崎アンジェリカさんとの初めての出会いになる。
これからの冒険者稼業にてこの人ありの人物になりそうだ。
というか凄い厄介事の匂いが・・・。



「祝福と加護の高校生、リアル世界で冒険者になる。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く