話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

祝福と加護の高校生、リアル世界で冒険者になる。

千歳

12話



家に帰ってきた。


ホームセンターに行くのではなかったのかと問われると
そうだったとしか言いようがない。
その理由も実の所、情報を得るためにある。
先程調べて情報規制されている事は知っているが、
それはダンジョンについてのみなのだ。
だったら他の情報は調べられるのではないかと考えた結果、帰ってきたという事になる。


まず調べる事は、銃刀法について。
これは元々買うはずだった鉈が銃刀法の対象になるのかというもの。
結果として、「対象ではない」だった。
本来なら適用されるのだろうが、それが今回に限っては含まれない。
調べてみて分かった事は
「冒険者として、刀剣類の所持は特別処置して認める事とする」だった。


これもダンジョン関係の情報だろうと
タカをくくって調べてなかった自分もいけないのだが
ダンジョン関係の政府発足専用ページではなく、
その他個人で運営しているページでの情報なのだ。


本来この情報も規制はされているのだろうが
怖い物知らずというのはどこの世界にもいるのだ。
どんな情報でも自分のページが見られるのであれば
なんであろうとやってしまうのが個人のエゴという物だ。
まぁこのページの主も、時期をみてお国のお偉いさん方に成敗されてしまうのであろう。
南無三。

「祝福と加護の高校生、リアル世界で冒険者になる。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く