話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

祝福と加護の高校生、リアル世界で冒険者になる。

千歳

7話



「まずは帰って情報収集だな」


「情報収集がどうしたのー? 」


「香里奈さん!? いや別にどうもしないよ!? うん! 」


「えー、今絶対情報収集って言ったー! 聞こえたもーん」


「なんでもないよ!? 」


「ほんとー? まぁいいけど。そういえば今日の校長先生のお話に出てたダンジョン!
あれにはビックリしたよねー。今でも夢見てる気分だよー」


「香里奈さんダンジョンに興味あるの? 」


「そりゃあるよー。私もその手の小説だったりゲームとか
友達に借りて見てたりやったりしてたもん」


「へー香里奈さんってその手には一切の興味がないもんだと思ってた」


「もー!健君は私の事どんな子だと思ってたさー!プンスカ! 」


「え! いや! 何処かの箱入り娘的には思ってたけども」


「そんな事ないよー!? お父さんは会社員だしお母さんも専業主婦だよ? 」


「結構普通なんだね」


「そうだよーもー!」


「はは、ごめんごめん」


「じゃあお詫びに一緒に帰って! ね? 」


「うっ」


「あっ、嫌だった? 」


「嫌とかでは無くてですね香里奈さん。この視線が気になりますと言うかですね」


「あぁー。うん、ごめんね。私はもう慣れたからあれだけど。そうだよね、慣れない人には慣れないよね。うん、ごめん」


「いや、香里奈さんが謝るような事はないよ。うん、一緒に帰ろうそうしよううん」


「大丈夫? 」


「大丈夫と言われれば大丈夫じゃないとなるが、既にさっきエンジョイライフは崩壊したから今更さ」


「そうだねー。ふふ 」


「とりあえずここを離れよう」


「はーい! 」


という感じで俺は家での情報収集までの時間、香里奈さんという鉄壁のガードによって
悠久の時間を過ごすことになった。いや本当に数十分が長いと感じたのなんて久しぶりだわ。

「祝福と加護の高校生、リアル世界で冒険者になる。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く