話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

祝福と加護の高校生、リアル世界で冒険者になる。

千歳

4話



助かったと一息吐き、九死に一生を得た健。
その高校生活が変人扱いから難を逃れた健に向けて
斜め後ろの女子から声が掛かった。
体育館の座っていた列で歩いていた。
体育館での座席は特に決まっておらず、
皆バラバラに座っていたので
移動中の列も男女バラバラ。
なので斜め後ろの女子から声がかかるのは
偶然といえば偶然。
だが初の女子からのお声掛け。
普通は胸が高鳴るのだが、


それでもこれは些か辛い。


「和嶋君、人気者街道真っしぐらかな? ふふ」


「そ、それは勘弁してくれ。俺のHPは0に近いんだ。
これ以上はストレスで頭が大変な事になってしまう」


「でももう2クラス分くらいの人に
見られちゃってるよ? 」


「あぁ俺の高校生活エンジョイライフ
遠のいていく・・・」


「飴ちゃんあげるから、ほら元気だして!
あ、私橘香里奈ね! 橘は難しい方の橘ね。
よろしくー」


「ありがとう橘さん、俺は和嶋健。
俺の嶋も難しい方の嶋だよ。よろしく」


「もう、香里奈でいいよー?
私も健君って呼んでもいい?
あ、いきなり図々しくしちゃってごめんね。
嫌だったら言ってね」


「いや俺の方は大丈夫だよ。
じゃあ俺も香里奈さんって呼ぶよ」


「うん!人気者健くん!ふふ」


「うぅ」


たちばな 香里奈かりなさん。
高校初の女子の友達。
身長は俺が173cmだから
そこから計算して160cmから155cm。
髪は少し茶に近い黒。
目はクリクリの二重で睫毛が長い。
少し垂れ目で笑顔がよく似合う女子。
右目の横の小さなホクロがチャームポイント。
そして極め付けが、
制服の上からでもわかる豊満なお山。
実はタイプだったりするのだが、
この会話からも分かる通り
いい具合に言い返せてない。
それもその筈。
香里奈さんのパーソナルスペースがかなり狭いのだ。
色々と近い。
そりゃあ睫毛の長さまで分かるってものだ。


そして香里奈さんが話し掛けて来てから、
男子からの視線が痛い。物凄く痛い。
多分だけど香里奈さんはこの学校一の美少女。
こんなに男子からの視線を釘付けにしているのだ。
女子からのやっかみが怖そうだけど、
そこは上手くやるだろう。
なにせ健よりコミュ力が高い。
俺に声をかける前には
周りの男女と喋っていたのだろう、
と思わせる程の塊が出来ている。
クラスや年代関わらず仲良くなるだろう。


そんな美少女の身体に、
視線という釘がいっぱい刺さっているのが
全部俺に来たのだ。
尚更HPが減るというものだ。
そりゃあ辛いのなにものでもない。
香里奈さんは俺になにか
恨みでもあるのだろうかというレベルで。


「ほら、みんな教室入っちゃったよ? 
そこで挫折してないで入ろ? 」


ほらこんな感じで。
こりゃ本格的に俺の高校生活エンジョイライフは遠のいたな。


まぁ美少女橘 香里奈に声を掛けられただけでも
良しとしておこう。



「祝福と加護の高校生、リアル世界で冒険者になる。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く