話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

祝福と加護の高校生、リアル世界で冒険者になる。

千歳

1話



「明日から高校生だ。朝も早いんだし寝なきゃだな。」


置き時計を見ると時間は深夜2時。
いつもと同じ時間に就寝、だけどいつもと違う寝床。
やっと今日引越し作業が終わって、一人暮らしが開始。


「明日の準備も終わったな、家事はもともとやってきてなかったせいであたふたしたが
これも慣れってやつだろう。母親ってホントすごいわ」


置き時計と携帯のアラーム設定を確認して、大丈夫そうだと息を吐く。


「さて、ベットに潜り込みますか」


独り言で一人の寂しさを紛らわそうとしてベットに入った。


だが目を瞑ったと同時に聞こえて来た音声に、俺は睡眠欲を奪われるのである。




《称号 精霊の祝福を獲得しました》
《精霊の祝福により鑑定を獲得しました》
《精霊の祝福により成長促進を獲得しました》
《称号 神の加護を獲得しました》
《神の加護により限定突破を獲得しました》
《神の加護によりジョブ・魔法剣士を獲得しました》
《これにより身体に影響が出ますのでご注意下さい》






は? なにこれ。

「祝福と加護の高校生、リアル世界で冒険者になる。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く