不思議人物アパート

ササ

#1 誰???

とある街のとあるアパートの前に僕は立っている......
まだ入ってないのにすごい威圧を感じる。
フゥっとひとつため息をついたあと僕は、ようやく1歩踏み出した。
なにか分からないけどすごく怖い...
とりあえず管理人室に行ってみよう。確かここだよな、誰もいない。「すいませーん、管理人さんいますか?」と呼びかけてみたが反応はない。管理人室の奥は灯りが付いているんだけどな、行ってみようか、
管理人室の奥には管理人と思わしき人が倒れていた!
「あの〜、大丈夫ですか?」応答はない
続けて
「あの〜、生きてます?」息は.......!!!!!!!
してない!!!!やばいやばい。
大丈夫じゃない!
どうしよう、あっ!あんなところに救急キットが!よしこれを使って....なんか影が僕以外の影が「ヘッ!?......おわっ!」そこに居たのは...さっきまで倒れていた管理人と思わしき人が後ろにいる!
「君、見たことないけどどなたカナ?」
どうしよう(完全に不審者って思われてるよな)その管理人と思わしき人は鋭い目つきで、全身から『お前誰だぁ??、とっとと失せろ!』っていう気配を出している
怖いな(汗)
でもまぁ今は僕は無実です!を全面的に主張しなければ......よし
「あっ、あの僕はですねーその...先程お電話したはずなんですけど、管理人さん?が倒れていらっしゃったので...声をかけて、
息もしてなかったので、ちょうどそばにあった救急キットを使おうとしていたところですね。」おかしくないよね?うん伝わったはず......管理人はずっと黙っている。
なんか変なこと言った?僕......
そして管理人はひらめいたような顔をして
僕に向かって言った。
「あぁー、君ね!アハハ、ごめんごめん、寝惚けてた。うん、よし、わかった。じゃあ早速部屋に行こうか!」
いや、切り替え早すぎ、まぁいっか。
結構綺麗だな。さっきまで感じてた怖さも感じさせないくらい綺麗。
アレ?管理人さんが足を止めた。
「君の部屋ここね!あっそうそうこれ、鍵
君は今から立派なこのアパートの住人だよ!」いや、おいおい待てよなにか聞こえる中に人いるよねこれ、僕の部屋って言ってくれたばっかだよねこれ。
「じゃあ、管理人ちゃんはここで〜、なにかあったら管理人室にいるから〜バイバーイ」
そう言って管理人ちゃん?は去って行った。
鍵よし!荷物よし!気持ち...よしかも...
覚悟!よし!        いざ!
ガチャ

**********

は?
「あのーすみません、どなたですか?」
ここ僕の部屋だよね。
鍵使えたし。
じゃあこの人たち
不法侵入!!!!!




というか、       誰?????????





   #1   誰???           
     ↓
     ↓
   #2   神木  恬      です

「不思議人物アパート」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く