忍者活劇編 ラインズセリフ2

前三之助

赤いヨロイ の巻!

【前回までの ラインズセリフ】

・チーフ (リーダー)
・シークレットヘアーのアンディ(通信担当)
・もみ上げのザック (操舵担当)
・タンクトップのケビン (分析担当)
・前髪のジョニー or シュウ(オリハルコンと融合担当)
・上げすぎズボンのフランク (山賊の捕虜担当)
・スパッツのトニー (山賊の捕虜担当)
・カリスマドクターのマーカス (船内クルー担当)

・親分(リーダー)
・幻術のマサ(負傷担当)
・忍術のジョー(リンの弟担当)
・妖術のリン(ジョーの姉・山賊の捕虜担当)

・山賊のハチ(元忍者で山賊のカシラ担当)

----------------------------------------------------------------------


「うわ!止まらねぇ親分!花火が止まらねぇ!」
「ばか!シュウに命令しろ!忍術のジョー!止まれって言え!」
「シュウ!やめろ!花火を止めろ!」

「止まっ・・・た」

「親分!姉貴は!リン姉貴に花火が当たっちゃいねぇだろうな!」
「ここからじゃ爆発の煙でよく分からない!その前に移動するぞ!忍術のジョー!今の花火で居場所が知られた!急げ!」
「あいよ!親分!シュウ行くぞ!・・・ん?」
「どうした忍術のジョー!急げ!」
「動かねぇぞ親分!シュウが動かなくなった!」
「もう一度、命令してみろ!忍術のジョー!」
「行くぞ、シュウ!ほら!どうした!うわ!」
「何だ!?何やってる!」
「お、親分!シュウが!両手を広げた!手から何か出た!広がったぞ!」
「な、何が起こっている!?これは!」
「親分!半透明のマユだ!おいら達マユに包まれている!」
「繭?確かに繭のようだ・・・シュウの手から出た何かに包まれている・・・」
「お!親分!何かいっぱい飛んできたぞ!前から!」
「何だ!?光!?光の槍!?大量の槍!?」
「ぶつかる親分!」
「後ろだ!忍術のジョー!シュウの後ろに隠れろ!」

「うわぁあああああ!!親分ー!」
「捕まれ!ジョー!うわぁあ!」
「親ぶーん!」
「ジョー!離すな!うわぁああ!」

「・・・・・・」

「何が・・・一体・・・ジョー・・・忍術のジョー、大丈夫か」
「親分・・・おいら達・・・どうなったんだ?」
「どうやら、シュウに助けられたようだ、忍術のジョー」
「このマユがおいら達を守ったんだな?親分」
「そうだ、あの光の槍から・・・」
「光のヤリ?」
「ああ、しかしあの光の槍は一体どこから、ん?何だ?」
「親分!マユが、マユが消えるぞ!」
「シュウには危険を知る能力があるってことか・・・」
「こいつはすげえな親分!シュウ、お前は大したもんだ!」
「よし、忍術のジョー!とにかくここから移動する!」
「あいよ、親分!でも砂煙で前がよく見えねぇ!」
「文句を言うな!忍術のジョー!千里眼を使え!」
「あいよ、親分!忍法ぅ、千里眼ー!よし、シュウ行くぞ!ついて来い!」

「しかし、忍術のジョーよ、あの光の槍はもの凄い力だな、山が吹き飛んでいる・・・」
「ここには、さっきまで山があったんだな、親分!」
「そうだ、忍術のジョー!」
「ま、それから守ったシュウがいれば、おいら達は無敵だぞ、親分!」

「待て、忍術のジョー、止まれ」
「どうしたんだ 親分」
「気配がする、この木の陰に隠れるぞ、忍術のジョー」
「親分、山賊か?」
「いや違う・・・忍びだ、忍術のジョー・・・あそこだ、3人いる、見えるか?」
「すごい早さで木の間をすり抜けてるぞ、ま、まさか、親分、あの動きは・・・」
「そうだ、伊賀だ、忍術のジョー」
「伊賀?親分、伊賀がこんな所まで?」
「信じられんが、間違いない、あれは伊賀流の忍びだ、忍術のジョー」
「何をしにこんな所まで・・・・あ、あの方向は、親分!」
「慌てるでない、忍術のジョー」
「だけど親分、あいつら リン姉貴たちの方に向かっているぞ」

「分かっている・・・右手だ、忍術のジョー、俺たちは右手側から接近する、急ぐぞ」
「あいよ、親分!」



遂に伊賀の忍者が現れた!
親分たちは、山賊に捕らえられた妖術のリンを救い出すことができるのか!
しかし彼らは更なる苦境に追い込まれることを今はまだ知る由もない!
次回「ニンジャ と サンゾク」お楽しみに!


「忍者活劇編 ラインズセリフ2」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く