忍者活劇編 ラインズセリフ2

前三之助

その男の名は の巻!

【前回までの ラインズセリフ】

・チーフ (リーダー)
・シークレットヘアーのアンディ(通信担当)
・もみ上げのザック (操舵担当)
・タンクトップのケビン (分析担当)
・前髪のジョニー (オリハルコンと融合担当)
・上げすぎズボンのフランク (山賊の捕虜担当)
・スパッツのトニー (山賊の捕虜担当)
・カリスマドクターのマーカス (船内クルー担当)

・親分(リーダー)
・幻術のマサ(負傷担当)
・忍術のジョー(リンの弟担当)
・妖術のリン(ジョーの姉・山賊の捕虜担当)

・山賊のハチ(元忍者で山賊のカシラ担当)

----------------------------------------------------------------------



「待て、忍術のジョー、ここは山賊たちをひとまず やり過ごす」
「な、なに言ってんだ親分」
「考えがある、下手に動くな 忍術のジョー、妖術のリンがどうなってもいいのか」
「く、・・・じゃあ、どうすんだよ親分」
「赤い男を使う」
「赤い男?」
「そうだ、忍術のジョー、奴ら山賊は、赤い男の存在を知らない」
「赤い男をどうすんだよ親分」
「ちょっと待て、よし!山賊たちは行ったみたいだな!忍術のジョー、まずは赤い男の所に行くぞ」
「わ・・・わかったよ親分」

「忍術のジョー!かぶせている草木を取るぞ!」
「こいつをどうすんだよ親分!そろそろ教えてくれよ!」
「よし、いいだろう、忍術のジョー!こっちに来い!」
「なんだ親分?」
「忍術のジョー!この赤い男に向かって命令するんだ!何でもいい!」
「一体どういう事だ親分!」
「いいからやれ!忍術のジョー!こいつに立つように言え!」
「ちっ!何なんだよ・・・・・おい!立て!」
「・・・・・」
「立たねぇぞ親分」
「もう一度だ」
「立て!」
「・・・・・」
「動かねぇぞ親分」
「忍術のジョー、その赤い男に触れて、言ってみろ!」
「触って言うのか?・・・・・立て!ぅわ!立った!」
「やはりな」
「何だ!どういう事だ親分!」
「なぜかは知らんが、さっきは、お前が言った通りに赤い男は行動していた」
「え!?」
「お前が飛べと言ったらこいつは飛んだ、崖の下に降りろと言ったらそうなった」
「じゃあこいつは、おいらの言うことを聞くって事か!」
「恐らくそうだ、赤い男のどこかに触れて何か言ってみろ、忍術のジョー!」
「それじゃ、背中を触って・・・・・両手を上げろ!ぅわ!ほんとだ!親分!すげぇ!右足を上げろ!」
「忍術のジョー、あまり調子に乗るな!」
「すげぇぞ親分!右足を上げた!左だ!左足も上げろ!ぅわ!倒れた!両手を上げて倒れた!」
「いい加減にしろ、忍術のジョー」

「親分!行こう!こいつがいれば、あの花火で山賊をやっつけられる!」
「花火は全部使ったはずだ、忍術のジョー!」
「そうか!それじゃ・・・・・どうすんだよ親分」
「まずは奴らを追う!山賊のハチを!急ぐぞ、忍術のジョー!」
「あいよ親分!よし!赤い男、お前はおいらについて来い!」

「なぁ親分!」
「どうした、忍術のジョー!」
「こいつ、何と呼ぼう?」
「何でもいい、お前の好きにしろ、忍術のジョー」
「じゃあ、・・・・・赤いので、朱色!シュウだ!」
「シュウか・・・いい名だ、忍術のジョー」
「ああ親分!こいつは今からシュウだ!」

「止まれ、忍術のジョー、気配を消して声を落とせ」
「奴らか、親分」
「そうだ、忍術のジョー、近いぞ、ゆっくり進む」
「ゆっくりだな親分」
「そうだ、ゆっくりだ」
「あ!いたぞ、親分!山賊たちはあそこだ!谷の底にいる!あ!姉貴だ、リン姉貴もいる」
「慌てるな、忍術のジョー、まずは状況を知る、それからだ」
「よし、シュウ おいらの横にしゃがめ、ん?ここは・・・これは何だ?足に何かあるぞ、こっから何か出そうだ」
「何してる、忍術のジョー」
「シュウ、出せ!ぅわ!出た親分!足から花火が出た!」
「ばか!何やってる!」
「うわ!止まらねぇ親分!連続花火だ!」




谷底の山賊を見つけた忍者!
勝手な攻撃を始める忍者!
この攻撃が壮絶な戦いの幕開けとなる!
忍者たちは赤いヨロイのシュウを使い、妖術のリンを助け出すことができるのか!
次回「攻撃と攻撃」お楽しみに!

「忍者活劇編 ラインズセリフ2」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く