忍者活劇編 ラインズセリフ2

前三之助

捜索開始

【前回までの ラインズセリフ】

・チーフ (リーダー)
・シークレットヘアーのアンディ(通信担当)
・もみ上げのザック (操舵担当)
・タンクトップのケビン (分析担当)
・前髪のジョニー (オリハルコンと融合担当)
・上げすぎズボンのフランク (山賊の捕虜担当)
・スパッツのトニー (山賊の捕虜担当)
・カリスマドクターのマーカス (船内クルー担当)

・親分(リーダー)
・幻術のマサ(負傷担当)
・忍術のジョー(リンの弟担当)
・妖術のリン(ジョーの姉・山賊の捕虜担当)

・山賊のハチ(元忍者で山賊のカシラ担当)

----------------------------------------------------------------------




「チーフ、ニンジャに捕まりました!」
「スパッツのトニー!小声で話せ!気づかれるな!」
「了解チーフ」
「上げすぎズボンのフランクはどうなった!」
「今、逆さ吊りから下ろされています」

「上げすぎズボンのフランク!聞こえるか!」
「は、はいチーフ・・・」
「大丈夫か!上げすぎズボンのフランク!」
「はい、逆さ吊りから下ろされる時に、ちょっとズボンがクイって食い込みましたが、なんとか無事です」
「ちょっと食い込んだか!上げすぎズボンのフランク!」
「はい、食い込みましたチーフ!」

「よし、いいか2人ともよく聞いてくれ!ニンジャたちに無駄な抵抗はするな!人数が多すぎる!下手に刺激するな!」
「了解しましたチーフ・・・・・あ!チーフ」

「どうした!スパッツのトニー!」
「女ですチーフ、女が捕まりました」
「女?」
「そうですチーフ・・・・・あ、これからどこかに移動するようです」
「抵抗せずにニンジャたちに従ってくれ!スパッツのトニー!」
「了解チーフ」

「シークレットヘアーのアンディ!センサー、レーダーそれぞれで2人を追えているか!」
「はいチーフ、これを見て下さい!この中心が2人です、その周りにニンジャたちがいます!」
「この外側にある3つの点はなんだ?シークレットヘアーのアンディ!」
「2人から遠巻きに距離を置いて、この3つの点も同じ方向に移動しています、チーフ」
「誰か3人が後をつけている、ということかシークレットヘアーのアンディ」
「そうなりますチーフ・・・・・ん、チーフ!この先は!」
「どうした?シークレットヘアーのアンディ!」
「この船です!チーフ!彼らはこの船に向かって来ています!」
「なんだと!?」
「船が墜落した時の衝撃で気づかれたようですチーフ!」
「確かにそうだな、ここは彼らのテリトリーだ!シークレットヘアーのアンディ、船の修理は!後どのくらい時間がかかるんだ!」
「まだ時間が必要ですチーフ!」
「くそ!みんな聞いてくれ!彼らがここに来るまでには修理を終わらせるんだ!飛べる状態だ!飛べるだけでいい!全員で修理を急げ!」
「了解チーフ!」

「スパッツのトニー!聞こえるか!」
「はい、聞こえますチーフ」
「確認する!ニンジャとお前たちは、この船に向かっているのか!」
「ニンジャたちの動きからすると、そのようですチーフ」
「できる範囲でいい!船までの到着時間を引き延ばすことはできそうか!スパッツのトニー!」
「分かりましたチーフ、歩く速度を落として出来るだけ時間を稼ぎます」
「無理をするな!スパッツのトニー!」
「了解チーフ」

「チーフ!これを見て下さい!」
「どうした!タンクトップのケビン!」
「先ほどのレーダーとセンサーでの各配置です!この中心の2点がスパッツのトニーと 上げすぎズボンのフランクです」
「ああ、それで?」
「そしてこの2人を大勢が取り囲んでいます」
「ああそうだ、で、何が言いたいんだタンクトップのケビン!」
「ニンジャというのは小人数で隠密行動をとります、こんな大勢で真っ昼間から人を逆さ吊りにしたり、人をさらったりはあまりしないと思われます」
「だから?」
「この集団は、前髪のジョニーを捕まえたニンジャとは おそらく違います、彼らはニンジャではありません! 」
「ニンジャではない?では彼らは何者だ、タンクトップのケビン!」
「彼らは、サンゾクですチーフ!簡単に言えば、強盗集団です!」
「強盗集団?」
「そうですチーフ、彼らは金になるものなら全て奪い取ります!その為の手段は選びません!」
「その集団がこの船に向かっている・・・」
「そうなりますチーフ」

「シークレットヘアーのアンディ!船の修理はどうなってる!」
「まだですチーフ!船が飛べるまでもう少しかかります!それよりチーフ!そのサンゾクの集団が船に近づいています!」

「タンクトップのケビン!インビジブル・カバーを起動できるか!」
「できますがチーフ、問題があります!」
「問題?」
「電気系統がまだ完全に修復していませんので、インビジブル・カバーの作動時間が短くなりますチーフ!」
「船を見えなくする時間が短くなる・・・・・作動時間はどのくらいだ?」
「長くて、1時間!おそらく1時間以内で効果は消えますチーフ!」
「今すぐ起動しろ、タンクトップのケビン!少しでも時間を稼ぐ!」
「了解チーフ!インビジブル・カバー、起動!船を見えなくします!」

「シークレットヘアーのアンディ!スパッツのトニーにはつながっているか!」
「はい、つながっていますチーフ!」

「スパッツのトニー!状況は!?」
「すみませんチーフ、時間をあまり引きのばせませんでした、もうすぐ船です」
「スパッツのトニー!今、船はインビジブル・カバーで見えなくしている!」
「了解チーフ!」
「それと、スパッツのトニー!お前たちを捕まえたのはニンジャではない!サンゾクだ!」
「サンゾク?」
「そうだ!簡単に言えば強盗団だ!スパッツのトニー!」
「強盗団?・・・・・うおぁ!!!」

「どうした!スパッツのトニー!」

「攻撃ですチーフ!サンゾク達が攻撃を受けています!」




故障した船にせまる山賊たち!
その山賊たちを攻撃するのは一体誰なのか!
元の世界に戻れる日はやって来るのか!
次回「その男の名は の巻!」お楽しみに!


「忍者活劇編 ラインズセリフ2」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く