忍者活劇編 ラインズセリフ2

前三之助

身隠しの術 の巻!

【前回までの ラインズセリフ】

・チーフ (リーダー)
・シークレットヘアーのアンディ(通信担当)
・もみ上げのザック (操舵担当)
・タンクトップのケビン (分析担当)
・前髪のジョニー (オリハルコンと融合担当)
・上げすぎズボンのフランク (前髪のジョニー お迎え担当)
・スパッツのトニー (前髪のジョニー お迎え担当)
・カリスマドクターのマーカス (船内クルー担当)

・親分(リーダー)
・幻術のマサ(負傷担当)
・忍術のジョー(リンの弟担当)
・妖術のリン(ジョーの姉担当)

----------------------------------------------------------------------


「親分、幻術のマサは痛がってたわりに無傷だったな!」
「あいつは体が柔軟だからな、ま、妖術のリンが見ているから心配はない」
「親分!村を抜け出したけど、これから赤い男の所に行くんだろ!」
「そうだ、忍術のジョー」
「でも親分、リン姉貴は疑ってたな、勘が鋭いからな姉貴は」
「確かに、川に釣り道具を取りに戻るってのはちょと無理があったか・・・」
「それにしても親分!あの赤い男は、本当にまだあそこに居るのか?逃げてないのか?」
「あいつは逃げない 忍術のジョー、いや、恐らく逃げることが出来ない」
「だからそれは何でだよ、親分!」
「忍術のジョーよ、それは赤い男の所に行けば分かる」

「あ、親分、あいつらを見ろ!」
「声をおさえろ、忍術のジョー」
「親分、あの先頭の男はハチだ、抜け忍のハチだ」
「あの男を知っているのか、忍術のジョー」
「え?知らねえのか親分、抜け忍のハチは相当な腕前なのに忍者を辞めて、山賊のカシラになったって噂だ」
「山賊か・・・こいつは厄介だな」
「10人はいるぞ、親分」
「やはり、あれだけの音だ、気づかない方がおかしい」
「空飛ぶ船が落ちた音か?親分」
「そうだ、忍術のジョー」
「奴ら、赤い男の方に向かってるぞ、親分」
「草木で隠した赤い男が見つからなければよいが・・・よし、距離を置いて後をつけるぞ、忍術のジョー」
「あいよ親分」

「風下だと言ってるだろ、忍術のジョー、風を感じろ」
「あいよ親分、じゃ、こっちだ」
「お前は気配を消すのは一級品なんだがな・・・よし、ここからは、身隠しの術を使うぞ 忍術のジョー」
「あいよ親分、忍法、身隠しの術ぅ・・・どうだ親分?」
「ま、いいだろう、よし、進むぞ 忍術のジョー」

「お!親分、あれ・・・」

「な、何だ、あれは・・・」
「白いヨロイだ、親分、全身まっ白のヨロイの奴が2人いるぞ」
「囲まれている・・・白いヨロイの2人は、山賊に囲まれたぞ、まだ気づいていない」
「どうする親分、あの2人のすぐ横に赤い男を隠しているんだぞ、見つかっちまう」
「待て、忍術のジョー、今は様子を見るしかない、向こうにゆっくりと移動するぞ」

「あ、親分、このままじゃ白いヨロイの奴らは山賊に吊るされるぞ」
「ああ、見事な手際だ、縄の使い方が尋常じゃない」
「あ、1人吊るされたぞ、親分、もう1人は山賊に捕まった」
「どうやら山賊たちは、赤い男には気づいていないようだな」
「吊り上げた白いヨロイの奴を下ろしはじめたぞ、親分」
「あの2人をどうするつもりだ、山賊は」

「あ、姉貴!」
「ばか、大声を立てるな、忍術のジョー」
「だって、親分、リン姉貴が・・・山賊に捕まってんだぞ」
「くそ、恐らく俺たちの後を追ってきたんだ、妖術のリンは・・・」
「親分、おいら、助けに行く」
「待て、忍術のジョー、落ち着け、まずは後をつける」
「何言ってる親分、今助けなくちゃ、リン姉貴が」
「無理だ、忍術のジョー、山賊のあの数を見ろ、2人では無理だ」
「行っちまうぞ親分、早く後をつけよう」

「おい!そこにいるんだろ!忍びか!」

「な、気付かれた、この距離で、」
「親分・・・」

「誰かは知らんが我らの後を追うな!少しでも気配を見せたら全員命は無いと思え!」

「どうすんだよ、親分」




白いヨロイの男2人と共に山賊に捕まった妖術のリン!
忍者たちは妖術のリンを救い出すことができるのか!
そして山賊の目的とは!
次回「捜索開始」お楽しみに!


「忍者活劇編 ラインズセリフ2」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く