忍者活劇編 ラインズセリフ2

前三之助

正体

【前回までの ラインズセリフ】

・チーフ (リーダー)
・シークレットヘアーのアンディ(通信担当)
・もみ上げのザック (操舵担当)
・タンクトップのケビン (船内クルー担当)
・上げすぎズボンのフランク (船内クルー担当)
・前髪のジョニー (オリハルコンと融合担当)
・スパッツのトニー (船内クルー担当)
・カリスマドクターのマーカス (船内クルー担当)

・親分(リーダー)
・幻術のマサ(負傷担当)
・忍術のジョー(リンの弟担当)
・妖術のリン(ジョーの姉担当)

----------------------------------------------------------------------



「みんな大丈夫か!各自チェックしろ!」

「今回も凄い衝撃でしたねチーフ!」
「ああ、タンクトップのケビン!降着スプリング・フットはどうなった!」
「破損はありますが、なんとか耐えました!チーフ!」

「シークレットヘアーのアンディ!船の自己回復機能で飛べるようになるまでに、どれくらい時間が必要だ!」
「今の船の状態だと回復には・・・およそ1時間です!チーフ!」

「よし!スパッツのトニー!上げすぎズボンのフランク!その間に前髪のジョニーを連れ戻すんだ!」
「了解チーフ!」
「スペーススーツだ!スペーススーツを着用しろ!」
「スペーススーツですか?チーフ!」
「そうだ、上げすぎズボンのフランク!万が一、前髪のジョニーが攻撃をしてくるかもしれん!防御の役目だ!」
「しかしチーフ!あの武器をまともに食らうと、いくらスペーススーツでも・・・」
「ああそうだ、上げすぎズボンのフランク!無理かもしれんが、無いよりはましだろう!」
「わかりましたチーフ!」
「それと、もしサムライと接触した場合は絶対に刺激するな!よし!では2人とも準備してくれ!」
「了解チーフ!すぐに準備します!」
「頼んだ!スパッツのトニー!上げすぎズボンのフランク!」

「あと手の空いている者は船の修復にかかってくれ!船の自己回復機能も働いているが修復を急ぐんだ!」
「了解チーフ!」

「シークレットヘアーのアンディ!前髪のジョニーの位置情報は生きているか!」
「はいチーフ!前髪のジョニーの位置、確認できます!」
「よし!それと、船の周囲を監視を強化しろ!」
「了解チーフ!全システムで監視します!」

「チーフ!こちらスパッツのトニー!準備できました!いつでも行けます!」
「上げすぎズボンのフランクも準備はいいか!」
「大丈夫です!準備完了です!」
「2人とも酸素は必要ない!ヘルメットのダクトを開けておけ!」
「了解チーフ!スペーススーツのヘルメットダクト、オープンします!」

「よし!今、船のハッチを開けた!2人とも無理はするな!」
「了解チーフ!誘導お願いします!」
「南だ!南へ向かえ!」
「了解チーフ!南に移動します!」

「シークレットヘアーのアンディ!2人を前髪のジョニーの所まで誘導してくれ」
「了解チーフ!」

「チーフ!これを見て下さい!」
「どうした!タンクトップのケビン!」
「先ほどの崖を滑り落ちるサムライと前髪のジョニーの映像です!そして、こちらがセンサーの映像です!」
「ん?何だ今のは?石を避けたぞ!」
「そうですチーフ!本来、崖をあの速度で滑り落ちながら石を避けるのは、まず不可能です!そして、ココです!」
「何か投げたぞ!」
「そうですチーフ、この直後に砂煙が大量に舞いはじめました!」
「何が言いたい、タンクトップのケビン!」
「チーフ、おそらく彼らはサムライではありません!」
「サムライではない!?」
「はい、彼らは ニンジャです チーフ!」
「ニンジャ?ニンジャってあの忍者か?タンクトップのケビン!」
「そうですチーフ!ニンジャは諜報、破壊、暗殺のプロ集団です。そして忍術という特殊な能力の持ち主です!」
「特殊な能力?」
「はいチーフ!その特殊能力で石を避けたんです!そして大量の砂煙はエンマクです、敵から身を守るものです!」
「やけに詳しいじゃないか、タンクトップのケビン!」
「はいチーフ・・・」

「チーフ!様子が変です!」

「どうした!シークレットヘアーのアンディ!」
「前髪のジョニーの姿がありません!」
「どういう事だ!シークレットヘアーのアンディ!」
「前髪のジョニーのいる位置まで誘導したのですが・・・」
「シークレットヘアーのアンディ!すぐに スパッツのトニーに繋いでくれ!」
「了解チーフ!スパッツのトニーです!」

「スパッツのトニー!どうなってる!」
「誰もいません!チーフ!」
「よく探せ!スパッツのトニー!位置情報では、真横だ!真横に前髪のジョニーがいる!」

「真横?・・・・・あ!発見しました!前髪のジョニーです!」

「状況を報告しろ!スパッツのトニー!」
「草と木で覆われています!前髪のジョニーは隠された状態です!」
「前髪のジョニーの様子は?大丈夫なのか?スパッツのトニー!」
「草木が覆いかぶさってよく分かりませんチーフ!」

「チーフ!センサーを見て下さい!2人に何か近づいています!」
「さっきのニンジャか!シークレットヘアーのアンディ!」
「わかりません!あ!チーフ!分かれました!うあ!どんどん分かれています!大勢です!」
「なんだと!?」

「スパッツのトニー!よく聞け!今すぐ前髪のジョニーを連れて戻るんだ!」

「あ!チーフ!」

「どうした!スパッツのトニー!」
「サムライですチーフ!サムライが目の前にいます!」
「サムライ!?まずい!スパッツのトニー!それはサムライではない!」
「え?どういうことですチーフ!」
「それはニンジャだ!スパッツのトニー!上げすぎズボンのフランク!接触するな!逃げるんだ!」
「チーフ!囲まれています!ここは!囲まれています!」
「逃げろ!スパッツのトニー!」
「あ!上げすぎズボンのフランクが!」
「上げすぎズボンのフランクがどうしたんだ!」
「吊し上げられました!逆さ吊りで吊り上げられました!」
「何だと!?」
「うわあ!!!」
「どうした!スパッツのトニー!スパッツのトニー!」



スパッツのトニーと 上げすぎズボンのフランクの前に姿を現した大勢のニンジャ!
そして 上げすぎズボンのフランクを逆さ吊りにするニンジャ!
果たしてニンジャは敵か味方か!
次回「身隠しの術 の巻!」お楽しみに!


「忍者活劇編 ラインズセリフ2」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く