忍者活劇編 ラインズセリフ2

前三之助

おいらが飛んだ の巻!


【前回までの ラインズセリフ】

・チーフ (リーダー)
・シークレットヘアーのアンディ(通信担当)
・もみ上げのザック (操舵担当)
・タンクトップのケビン (船内クルー担当)
・上げすぎズボンのフランク (船内クルー担当)
・前髪のジョニー (オリハルコンと融合担当)
・スパッツのトニー (船内クルー担当)
・カリスマドクターのマーカス (船内クルー担当)

・親分(崖下り担当)
・忍術のジョー(崖下り担当)
・幻術のマサ(崖下り担当)


----------------------------------------------------------------------



「親分!花火が!花火が終わった!もう出ないぞ!でっけえ石がすぐそこだ!」
「やるしかない!忍術のジョー!同時に蹴るんだ!巨石を飛び越える!」
「もうヤケクソだ!親分!やってやる!」
「よし!忍術のジョー!今だ!蹴るんだ!」
「行け!飛べー!!」

「・・・親、分・・・」
「何、だ・・・忍術の、ジョー」

「おいら、飛んでる・・・お!お!親分!おいら達!空を飛んでるぞ!親分!」
「ばか!はしゃぐな!忍術のジョー!落ちたらどうする!」
「すまねぇ親分!・・・あ!空飛ぶ船が落ちていくぞ!あれも、おいら達がやっつけたのか!」
「分からんが、これ、どこに向かって飛んでいるんだ?」
「そうだ親分!幻術のマサを!あいつを探さねぇと!」
「崖だ!忍術のジョー!幻術のマサは崖の下にいるはずだ!」
「よし親分!崖の下に行こう!」
「どうやって行くんだ?忍術のジョー!」
「お?方向が変わったぞ親分!」
「忍術のジョー、お前なにをしたんだ?」
「おいら何もしちゃいねぇよ親分!」
「忍術のジョー、これ、崖の下に向かってるぞ!」
「ちょうどいいじゃないか親分!・・・うお!何か向こうでスゲェ音がしたぞ!親分!」
「恐らく船が落ちた音だ、忍術のジョー」
「あの空飛ぶ船か?親分」
「そうだ、忍術のジョー」

「あ!親分!あそこ!幻術のマサだ!幻術のマサが倒れてる!親分!あそこに降りよう!」
「・・・・・?」
「どうしたんだ親分!」
「いや、忍術のジョーよ、さっきはどうやって赤い男の腕から花火を出したんだ?」
「そんなの知ったこっちゃねぇよ親分!腕にしがみついてたら花火が出たんだ!」
「そうなのか?」
「そうだ!そんな事より着いたぞ親分!この赤い男、木の葉が落ちるみたいにイイ感じで止まったぞ!」
「そうだな、忍術のジョー・・・」

「おい!マサ!幻術のマサ!しっかりしやがれ!男だろ!」
「うう、忍術のジョー、体中が痛いけど大丈夫ッス!」
「それより見たか!幻術のマサ!おいら達、いま空を飛んだんだぞ!見てたか!?」
「いや、見てないッス、忍術のジョー、体中が痛かったんで」

「幻術のマサ!とりあえず無事で何よりだ!忍術のジョー!村まで幻術のマサを運ぶぞ!手伝え!」
「こいつは!?この赤い男はどうすんだ、親分!?」
「草木をかけて隠しておく!」
「ココにか!?こいつ、逃げるぞ、親分!」
「いや、この赤い男は逃げない、忍術のジョー」
「何でだ!何で逃げないんだ!親分!」
「こいつはもう俺たちのモノだ!先に幻術のマサを村まで運ぶぞ!赤い男はその後だ!」
「何であいつ逃げねぇんだよ親分!」
「しつこいぞ、忍術のジョー!早く手伝え!赤い男に草木をかけろ!」

「何なんだ、どういう事だよ・・・」
「よし、いいぞ!うまく隠せた!忍術のジョー!ブツブツ言ってないで早く肩をかせ!幻術のマサを運ぶぞ!」
「あいよ親分!ほら!立て、幻術のマサ!」
「すまねぇッス、親分、忍術のジョー」
「気にするな、幻術のマサ、村はすぐそこだ」

「何やってんの!あんたたち!」

「うわ!めんどくさいのが来たぞ!親分!」
「余計なことは言うんじゃないぞ、忍術のジョー」

「あんた!今、面倒くさいって言ったね!ジョー!」
「言ってねぇよ、リン姉貴!・・・地獄耳だぜ」
「何!?」
「うひゃ!」

「それよりどうした?妖術のリン」
「親分たちが出かけた方向から物凄い音がしたから来てみたのよ」

「あ!それ、崖から船が落ちた音だ!リン姉貴!」
「崖から船が落ちた?」
「そうだ!幻術のマサも落ちた!親分とおいらは空を飛んだんだぜ!」

「親分!あたしの弟に何飲ませたのよ!また変な薬草を飲ませたの!」
「いや、飲ませてはいない、妖術のリン」
「本当なんだぜ!リン姉貴!」

「それより、どうしたの!幻術のマサ!大丈夫なの!」
「大丈夫ッス、妖術のリン・・・見た目ほどひどくないッス!」
「一体何があったのよ!親分!」
「幻術のマサが、崖から足を滑らせたんだ、妖術のリン」
「あの高い崖から?」
「そうだ、妖術のリン」
「親分と弟はどうやって降りてきたのよ?」
「・・・・・」

「ま、いいわ!幻術のマサを村まで運ぶわよ!」



遂に赤い男を確保した忍者たち!
赤い男はなぜ逃げないのか!
親分は一体 何を悟ったのか!悟っていないのか!
次回「正体」お楽しみに!


「忍者活劇編 ラインズセリフ2」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く