忍者活劇編 ラインズセリフ2

前三之助

忍術のジョーの巻

【前回までの ラインズセリフ】

・チーフ (リーダー)
・シークレットヘアーのアンディ(通信担当)
・もみ上げのザック (操舵担当)
・タンクトップのケビン (船内クルー担当)
・上げすぎズボンのフランク (船内クルー担当)
・前髪のジョニー (逃走担当)
・スパッツのトニー (復帰担当)
・カリスマドクターのマーカス (復帰担当)


----------------------------------------------------------------------





「親分!全然釣れねぇぞ!」
「釣れるまでを楽しむのも釣りの醍醐味だ、忍術のジョー、少しは耐えることを覚えろ」
「ちッ!」
「舌打ちはやめろと言ってるだろ、忍術のジョー」

「親分!親分!大変です!」
「どうした?幻術のマサ!」
「赤い男が落ちてきました!」
「赤い男?」
「幻術のマサ!お前、また何言ってるんだ!」
「忍術のジョー、ちょっと待て!幻術のマサ、一体どういう事だ?」
「親分!こいつ、相手にしちゃいけねぇよ!」
「忍術のジョー、お前は少し黙ってろ!幻術のマサ、説明しろ!」
「へい親分!なんか、こう、回転しながら落っこちて来たんスよ!空から人が!」
「人が空から落ちて来た?で、そいつはどうなった?」
「地面に落ちる寸前に消えちまいやした!親分!」
「ほーれ見ろ!また幻術のマサのホラだ!」

「あ!あれです、親分、あの赤い男ッス、あそこに立ってる・・・」

「な!何だあれは!?」
「お、親分!全身まっ赤な奇妙なヨロイを着てるぞ!」
「よし!忍術のジョー!忍法ヨロイ剥ぎ を使え!」
「忍法ヨロイ剥ぎ?あいつを丸裸にするのかい?親分」
「そうだ!あんなヨロイは見たことが無い!あれは高く売れる!なるべく傷をつけるな!」
「分かったぜ親分!」
「幻術のマサは、分身の術を使え!奴をかく乱させる!」
「へい親分!」
「よし、合図を待て!一気に行くぞ!」

「あ、消えた!親分、消えたぞ!」

「何だ?どこだ!どこに行った!」
「あそこッス親分!赤い奴は、あそこにいます!」
「いつの間に あんな所に、すごい速さだ!」
「親分!早さなら、おいらも負けねぇぜ!」
「忍術のジョー!様子を見て来い!」
「まかせとけ親分!」
「いやちょっと待て、忍術のジョー!奴は、あそこで何をやってる?」
「親分!ありゃ、花火だ!空に向かって花火を打ち上げているんだ!」
「花火なら夜でなきゃダメですよね、親分」
「花火?あんな連続で飛び出す花火を見るのは初めてだ!」
「親分!花火を打ち上げるヨロイとなっちゃ、そうとう高く売れるぞ!」

「おい、あれは・・・・何だ?・・・空から何か落ちてくるぞ!」

「親分!赤い奴はあれに向かって花火を打ってたに ちげえねぇッス!」
「お、親分!何だありゃ!でっかい光る塊がこっちに落ちて来る!親分!早く逃げねぇと大変だ!」
「逃げるな!忍術のジョー!あの奇妙な赤いヨロイだけは何が何でも奪い取るぞ!」
「けど親分!でっかい光る塊が!こっちに!」
「忍術のジョーよ!見ただろ、あの速さと攻撃力、あのヨロイがあれば何でも手に入るぞ!」
「何でも?ずっと遊んで暮らせるってことか!親分!」
「それ以上だ、忍術のジョー!天下さえ取れるぞ!」
「天下?それじゃ、あのヨロイがあれば、おいら達・・・」
「そういう事だ」
「だったら、おいらやるぜ!親分!」

「あ、親分!赤い男の上に光る塊が落ちやした!うわあああああ!!!」







3人の忍者の前に現れた謎の赤いヨロイの男!
その男の上に落ちる光る塊!
果たして3人の忍者は赤いヨロイを奪い取ることができるのか!
次回「未知なる攻撃」お楽しみに!


「忍者活劇編 ラインズセリフ2」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く