話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

婚約破棄の事実は意外なものでした

かじ

14

フランソワは考え込んでいた。
工場での作業は体に負荷はかかるものの、単純な事務的作業であるため手だけを動かしながらあれこれと思考を巡らせることが出来る。
何を考えているのかというと、それは先日のロイドとの約束のことだった。
ロイドは、今度はフランソワが自分を招待してくださいなどと言っていたが、経済力のないフランソワは外食などしたことがないため、招待できるあてなどなかった。
かといって、ロイドに対する日頃の感謝の意を込めてどこか有意義な所に招待したいという気持ちもあり、また、ロイドに喜んでもらいたいという単純な気持ちもある。そんな理想と現実との衝突が、フランソワの頭の中をより混沌とさせる。
まあ、ロイドと次に会うのは明後日のことだ。
それまでにじっくりと考え、結論を出せば良い。今は仕事に真摯に向き合うことが先決だと、真面目なフランソワは頭を切り替えることにした。












一方その頃、ロイドは宮殿内の清掃員に対して片っ端から聞き込み調査を行なっていた。













「すいません」











「ロ、ロイド様…!な、何でしょうか」











「母とソフィさんの昼食会はどこの部屋で行われるか知っていますか?」









「さ、さぁ…申し訳ございません。私は存じ上げておりません」










「そうですか、ありがとうございます」










アリアス夫人と違い、ロイドは身分の明らかに低い清掃員に対しても感謝の意を述べる時にはしっかりと頭を下げる。それに清掃員たちは恐縮するが、いずれもロイドに対する印象は良かった。しかしながらこれで清掃員に対する聞き込みももう30人目。
半ばもう無理だと思いかけたが、先日におけるフランソワの期待のこもった表情を思い出すと、どうしても諦めるわけにはいかなかった。
100人ほど、つまり宮殿にいるほとんどの清楚員に声をかけた結果、ついにロイドは情報を得ることに成功した。












「ええ。ソフィお嬢様とアリアス奥様はアセンブルホールで、執事の方を交えて食事会を行うと聞いていますよ」










「え、本当ですか!ありがとうございます!」









「とんでもございません。しかしそれがどうかしましたのかしら?」










清楚員のその言葉はロイドに向けられたものであったが、ロイドは既にその場にはいなかった。大急ぎで走り出していたのだ。
ロイドは夢中になって走った。アセンブルホールを目指し、広い、あまりにも広いこのアリアス宮殿の中を走り回った。
あの2人が来る前になんとしてでもアセンブルホールに辿り着かなければ。ロイドの頭の中にあるのはただそれだけだった。
ロイドの作戦は既に整っていたのだ。




「婚約破棄の事実は意外なものでした」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く