話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

婚約破棄の事実は意外なものでした

かじ

4

フランソワを後ろから追いかけていたのは、なんと、ついこの間婚約を破棄したばかりのドリス王子の弟、ロイドだった。









「フランソワさーん!」








「ロイドさん……?!」








あまりの驚きに、一瞬にして涙を止めることが出来た。しかし、ロイドはフランソワの泣き腫らした顔を見て、少し決まり悪そうな表情になった。












「フランソワさん、お久しぶりです」









「お久しぶりです」








お互いに頭を下げて挨拶する。









「この度は兄が、その……」








とても言いにくそうだったので、フランソワはロイドの意思を汲んでやる事にした。









「大丈夫。私なら心配ありませんわ。それよりロイドさん、わざわざありがとう」










「フランソワさん……」









ロイドは気づいた。フランソワが作った満面の笑みの奥底は、全く笑っていないということに。心が痛くなると同時に、自分の兄がしたことであるため、少なからず責任を感じた。










「あの、フランソワさん。婚約破棄について。
僕はあなたが、心優しいあなたが、指輪を盗んだとはとても思えないのです。真実をお聞かせくださいませんか!」











かなりの思い切った発言に対して、フランソワは微笑みながら優しく拒絶の意を表する。










「気遣いはありがたいけれど、お兄様を疑うのはよくないですわ。でも本当にありがとうね」











嘘だ。こんなに眩しく、こんなに美しく、こんなに透き通った笑顔を持つこの人が、あんな罪を犯すはずがない。
ロイドはこの後も粘り強く頼み込んだが、やんわりと断られてしまった。

「婚約破棄の事実は意外なものでした」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く