異世界ものが書けなくて

真曽木トウル

(7)ヒーローが無愛想とかマンガの中の話じゃないの?

   ◇ ◇ ◇




 次の道場練習の日。その日、僕はひとりで道場を出た。




 いつもなら、他にも一緒に帰る女の子たちがいるのだけど、今日はなぜかみんな残ると言い出したせいだ。
 どうやら新たに道場に黒帯の人が入るらしく、この練習後に、道場長と鈴鹿先輩がその人を迎えるのだという。
 なぜ道場の練習時間に来ないのか僕はよくわからなかったが、もしかしたら社会人で、仕事終わりに来るつもりなのかもしれない。




(一体どういう人なんだろう?)




 緑帯の僕には、黒帯は果てしなく遠くて、そこまでの道も想像がつかない。


 歩きながら、屈強な大男を想像して、僕はひとり怖くなった。


 今はやっていないけれど、道場では以前、一般の練習の後に『プロ練』という時間を設けていたそうだ。
 黒帯なら、僕らと直接当たらず、そちらになるんじゃないか……とうっすら期待したけれど、それも期待でしかない。
 やっぱり、怖い。当たりたくはない。


 帰り道。
 時間はそこそこ遅いけれど、季節が季節なので、日はまだ落ち切っていない。




(…………はやく帰ろ……)




 そう、僕は速足になろうとしたのだけど、その足を止めざるを得ないものを、目にしてしまった。




「やぁ。尾嶋」


「………なんでここに」




 軽薄に笑っているのは、ついこの間、真織に絡んできた理系男子だ。
 同じ中学出身なので、当然僕のことも知っている。




「ちょっと頼みがあるんだけど」




 僕は踵を返し道場へ走ろうとしたが、その僕の行く手をふさぐように、彼の仲間の男子たちが回り込んだ。帰宅部連中のはずなのに、空手をやっている僕よりも速く。
 理由は明白。みんな、僕よりも身長が15センチから20センチぐらい、高い。
 一歩の長さが、全然違う。




(…………ほんと、これだから、男子嫌い!)




「逃げるなよー。何もしないからぁ。
 ただ、水崎のこと呼び出してほしいだけ」


「バカじゃないの?
 もう家に帰って、今頃真織、ごはん食べてる。
 真織のおかあさんがどんなに怖いか知ってるでしょ? 門限もめちゃくちゃ厳しいし。
 一回家に帰って、抜け出せるわけなんてない」


「んー。でももう、高校生なんだしさぁ。
 親ぐらい説得できるでしょうし、親友の尾嶋のためなら、抜け出したりだってできるだろ?
 尾嶋っていつもそう。過保護に邪魔してくるよなー」


「………怒られるのは真織なんだよ?
 なんで好きな相手に、そんなリスク押し付けられるの。
 そんなん『好き』って言わないよ」




 言葉が多くなってしまうのは怖いから。怖くて、整理できないから。
 自分より大きな人間たちに周りを囲まれて、暗くて、怖い。
 蹴り? 突き?
 自分より明らかに頑丈な人間相手に?




「そう。
 まぁいいや、尾嶋が帰るのが遅くなるだけだし――――」




 6人だ。6人の男子に包囲されてる。
 ガタガタと、僕のひざが笑い始めたのを見て、周りの男子は「いや、何もしないからー」とか笑ってる。もうしてる。
 空手やってるくせにとか笑ってくる。空手やってるからだよ。空手やってるから、男女の差の恐ろしさを痛感してるんだよ。




「帰らせないだけだよー。
 遅い時間になればなるほど、水崎も酷く怒られるでしょ?
 さぁ、早くさぁ……」


 ああ、もう。真織―――――――――








「だから邪魔だって」




 再び聞き覚えがある声がした―――――――と、思ったら、「うわぁぁ!?」首謀者の彼が首ねっこをまたつかまれて、引きずり倒された。


(なになに!?)


 ものすごくデジャヴな状況であるにもかかわらず、いったい何が起きたのか、一瞬僕はわからなかった。
 そして、目が合った。
 首謀者の彼の代わりにそこに立っていた、細身の男子と。




「―――――あ………の……?」






 うちの学校の男子の夏制服の上に、黒い長袖カーディガン。このまえ助けてくれたばかりの男子が、スポーツバッグ型の指定カバンを斜めがけにして立っている。


 かれは、僕よりは確実に10センチ以上高いものの、周りの男子と比べてそんなに背が高いわけじゃない。


 だけど、顔が小さくて、めちゃくちゃ手足が長い。
 俳優とかアイドルというより、モデルみたいなしゅっとした顔立ちで、アメジスト色の瞳が、薄闇の中でキラリと光った。




「ひ、ひじかたさん!?」




 周りの男子が、さん付けで呼んだ。


 一番背が高いその男子の喉元に、黒いカーディガン男の、『足』が突きつけられた。
 ものすごくきれいな形の足刀を、人の喉元という高さに。ぴたりと、刃を突きつけるみたいに。
 鈴鹿さんでもこんな蹴りができるかどうか、というぐらいのその足刀に、僕はただ、見とれた。




「――――――喧嘩したいのか?」




 中性的な声。声変わり前の男ともとれるけど、女の低い声ともとれる。




「い、いやだなぁ、ひじかたさんとけんかなんて、命知らずなこと……」


「邪魔」


「はいっ!!」




 立っている男子たちは敬礼かという勢いで、道の左右に寄って、開けた。ふいっ、と、黒カーディガンは突きつけていた蹴り足を下ろした。モーゼが割った海のように左右に別れた男子たちの間を、すたすた、歩いていく。


 ただ一人、黒いカーディガン男の背中をにらみつけている奴がいる。真織に告白し付きまとっている男子だ。




「なんだよ、女のくせに……」




 彼は、つぶやきながら立ち上がると、止める間もなく僕の目の前を通り過ぎ、黒い背中に飛び蹴りを――――――




「っ!………あ!、がぁ…………」




 後ろも見ないまま、飛び蹴りをひょいとかわした黒カーディガン男は、付きまとい男子がかわされ着地した瞬間、彼の腹に強烈な肘うち。
 さらに顔面に裏拳入れたのち、そのまま同じ手で鉄槌打ちで金的?(死角で見えなかった)
 そうして、付きまとい男子は、がっくりと崩れ落ちて地面で丸まった。




、っていう相手に後ろから飛び蹴りとは、ずいぶんな」




 さげすむような一瞥とともに吐いたその言葉。
 低い声だけど、確かに、女のものとも思える声だった。


 とても速足の彼――――――いや、彼女?――――はもうだいぶ前のほうにいる。
 僕は、たっ、と駆け出して、どうにかその黒い背中に、追いつく。男?女?どっちだろう?




「………あの!」




 お礼を言わなきゃ。そう思って一生懸命追いついたのに、『ひじかた』こと黒カーディガンはすたすたすたすたと先に行ってしまう。
 再び僕は追った。




「あの! すみ、ません! ありがとうございます!」




 走りながら何度も声をかけた。




「この! 間も! 助けて! くれましたよね!」




 ようやく、黒カーディガンが、僕をちらりと視界に入れた。






「――――――――忘れた」






 僕はずっこけた。
 そのときにはもうだいぶ、自分が来たばかりの道を戻っていてしまった。
 それもそのはず、黒カーディガンの人物は、僕が出てきたところを目的地にしていたのらしい。


「失礼します」と言って、彼が入っていったのは、僕がついさっき出てきたばかりの道場だった。




   ◇ ◇ ◇

「異世界ものが書けなくて」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く