異世界ものが書けなくて

真曽木トウル

(1)僕のおさななじみは異世界ものが読みたい









「…………転生してアルベドになるには、どういう死にかたすればいいかなぁ」


と、目の前のおさななじみが呟いた。




 僕と彼女を含め、セーラー服の女子高生2人しかいない、2年生の静かな教室。


 僕はペットボトルのお茶を1口飲み、至極軽い言い方を選んで、


「死んだら、『オーバーロード』とは違う世界に行くでしょ。ひとをかばって通り魔に刺されたら行く世界とか、ひとをかばってトラックにはねられたら行く世界とか、決まってるんじゃない?
 『オーバーロード』の世界にいきたいなら、サービス停止寸前のオンラインゲームかなんか?をやってないといけないんじゃないの?」


と返した。




 わざわざ『ひとをかばって』を付け足したのは、死にかたのハードルをあげるためだ。
 トラックにはねられればいいんだ、と安易に選ばれたらたまるものか。




「そっかぁ。
 アインズ様と結ばれるのは難しいね」


「黒髪サラサラストレートの学年一の美少女様がガイコツに懸想けそうしているのは、はた目に見て正直どうかと思うよ」


「何言ってるの? アインズ様のカッコよさに人間ごときが足元にも及ばないでしょ」




 楽しそうに、おさななじみの真織まおり は言う。
 大和撫子そのままという美貌を持ちながら、自分と同じ種族を『人間ごときが』とか『人間ふぜいが』というとき、本当に真織はいい笑顔をする。美しい。




「じゃあ、稲穂いなほちゃんはどういう死にかたがいいの?」


と、僕に聞く。


 死ネタから離れてほしい、いい加減。受験もまだしばらく先の女子高生2人が、放課後なごやかにする会話じゃない。




「80ぐらいで、畳の上で、家族に看取られながらゆっくり眠るように息を引き取りたい」


「ええと、そのパターンだと……」


「いや、忘れてた。 その前に好きな小説を好きなだけ書き散らしてから死ぬ。だから書く」


 真織はにこりと微笑んで、「新作楽しみにしてるね」と言う。




 僕は知っている。彼女、水崎真織みずさき まおり が本当に懸想しているのは、『オーバーロード』の主人公アインズ様ではない。異世界の愛くるしいスライムでもなく、イケメン剣士などでもない。


 彼女が恋い焦がれているのは『死』だ。死の先にあるものが何なのか?という好奇心に、ずっととりつかれている。転生の物語など取り上げては、キラキラした目で彼女は死を語る。そんな真織は、とても美しい。




 すこしばかり他人と異なる価値観の持ち主である彼女のなかでは、多分いつ死んでも良いのだと思う。


 けれど、今のところまだ死なないでいてくれている。
 それは僕、尾嶋稲穂おじま いなほが書く小説を読みたいかららしい。




「稲穂ちゃん。次書くのはどういうお話にするの?」


「まぁ、大体なんとなく。格闘ものになるかなぁ。高校の中で部活対抗で闘うみたいな感じの。といっても、僕は空手以外よくわからないから調べないと」






 ふうん、と、真織は首をかしげる。




「わからないことは調べて書くんだよね? だったら学園ものばっかりじゃなくてもいいんじゃない?」


「異世界ものは無理」


「即答?」真織はすねたように唇を尖らせる。




 嫌がらせのつもりか、僕のお茶を奪い取って飲んだ。ただ可愛いだけだし間接キスなんだがいいのかな。




「あれだけバトルシーンが面白いんだもの、剣と魔法の世界を描いたら、歴史を変えるような小説だって書けちゃうと思うんだけどなぁ」


「いつかね。僕が勉強してかけるようになったら」


「勉強のためにとりあえず書いてみてもいいじゃない?」


「自分で納得いかない出来のものを真織に読ませたくない」


「もう……頑固だなぁ」




 真織に異世界ものを書いてと頼まれたのは、実はこれでもう59回目。
 いい加減叶えてあげたいのはやまやまだけど、やっぱりまだ駄目だ。




 何度も試してみたけれど、僕は、異世界ものを書くことができないのだ。




   ◇ ◇ ◇
 

「異世界ものが書けなくて」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く