Saori's Umwelt (加藤沙織の環世界)

オミィ・ランバード

第37話 Motala Cohenburg (モーシャ・コーヘンバーグ)

「それでは、まずは沙織と愛染にオーラの使い方を教えなくてはならないな。モーシャ」

「はっ」

 呼ばれて、ダビデ王と近い年齢に見える男がやってきた。ターバンを巻いて、ヤマと同じような上着を着ている。
 緑のロングスカートを履いて、宝石がついた指輪をはめているが、女装趣味があるようには見えない。
 声に張りがある。
 耳が大きく、額の赤い聖痕と鋭い目が特徴的だ。
 手には二本の棒を持っている。

「KOKではオーラの師範をしている。6番隊隊長、モーシャ・コーヘンバーグだ」

 モーシャは、棒を沙織と愛染に放り投げた。吸い込まれるようにうまく二人の手元におさまる。

「それでは、今からどのくらいのオーラが出せるのか、その棒にオーラを込めてみたまえ」

 沙織は、まじまじと棒を見た。
 黒い。
 軽い。
 長さは二十センチくらい。沙織の手にもなんとか収まる太さだ。

ーー麩菓子(ふがし)みたい。

 沙織は、素直に自分の精神を集中させた。もう今日だけでも三回、しっかりとオーラを錬成している。毎日繰り返している修行ではあるが、やはり実践は違うのだろう。いつもよりかなり速く、多めにオーラを生成することができるようになった。
 全身に回ったオーラを棒に集中させる。

ーーどうだろう。これでいいのだろうか?

 愛染を見ると、愛染の棒にもかなりのオーラが溜まっているようだ。うっすらとオーラが見える。他人の目からもオーラが見えるというのは、かなりの達人レベルだ。

ーー凄い。

 しかし、沙織にも自信があった。

ーーどう?

 沙織はモーシャを見た。

「これで全力か?」

 驚かれると思ったのに、モーシャは逆に納得がいっていないようだ。

ーーでも、これで全力だもん。

 不承不承、沙織はうなづいた。

「なるほど。素質はあるが、まだ気とオーラの違いが理解できていないようだな」

「棒にオーラを注入すると、本当はどうなるんですか?」

 愛染の問いに、モーシャは無言で手を出した。愛染は、モーシャに棒を手渡した。モーシャは目をつぶり、一言なにかをつぶやいた。目を開ける。モーシャの額にある赤い聖痕が光る。棒は意志を持ったように動き出し、十メートル伸び、細くなり、色を変え、トゲトゲになり、また元の黒い棒に戻った。

「こうなるな」

 モーシャは、愛染に棒を投げ返した。

「なるほど、です」

 愛染は、棒をまじまじと見ている。どうなるのかという結果がわかればそこへ向かえばいい。目的がわかっていればやるだけだ。
 沙織は棒にオーラを通し、まずは伸びたり縮んだりするイメージを持った。
 が、できない。
 他のクリーチャーたちが呆れた顔をしていないので、こういうものなのかもしれない。
 沙織は、一発でできる自信があったので悔しかった。
 唯一の慰めは、愛染もできていないことだった。

 何分かそうしていたが、今すぐは無理だとダビデ王は思ったようだ。玉座のように豪華な椅子で座って見ていたが、立ち上がって何かを言おうとした。

「Saori's Umwelt (加藤沙織の環世界)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く