Saori's Umwelt (加藤沙織の環世界)

オミィ・ランバード

第35話 Crystal Palace (クリスタルパレス)

ーー人間の目や感覚というものは、いくら鍛えてもあてにはならない。なんせ気がついたらこんな場所にいるのだから。

 シューヤマーに触りながら何歩か進んだ沙織は、自分が先ほどの法廷にはいないことに静かに驚いていた。

 ーーここは?

 煌めいている。
 天上から光が降り注ぎ。
 壁に反射し。
 そう。
 この壁は。
 水晶であろうか?
 なんという美しさなのだろう。
 まるでオーロラにでも入っているかのような。
 否。
 もっと人工的な。
 そう。
 万華鏡の中とでもいうのだろうか。

 とにかく、こんな場所に来たことは今まで一度もない。

 諭吉だったら間違いなく、「映える」とか言いながら、一時間はここで写真を撮るだろう。


「ここがクリスタルパレスのようね」

 愛染が言う。そういえば、先ほどヤマは「クリスタルパレスに送る」と言っていた。
 沙織はうなづいた。

 天井が高い。
 夜空を反転させたように光る空に、黒い星が瞬いている。
 沙織たちを囲むようにひらひらと光を通す、シルクのようなカーテンが舞う。
 目の前には一本の曲がりくねった道ができている。
 となると、やることは一つしかない。

 二人は前に進んだ。
 
 少し歩くと、フランス貴族が使うような丸テーブルと椅子が置いてあり、誰かが紅茶を飲みながら話をしている。
 沙織は目がいい。すぐにそれが誰だかわかった。
 スラッとしたスーツを着た短髪の若者と、ピンクのクマのぬいぐるみ。
 まぁ、目が良くなくとも、こんなに特徴的なシルエットのコンビは流石にすぐわかる。

 銀次郎とクマオだ。

 沙織と愛染は、一人と一匹のいる場所へと歩いていった。
 空気の感覚からクリスタルパレスは広いような気がするが、オーロラのカーテンが視界を遮るので全体は見えない。
 行き先以外は見えないし、カーテンもめくることもできない。
 結果、沙織たちも調査などは一切できず、ただ前に向かって歩くことしか出来なかった。

 少し歩くと、すぐにクマオも沙織に気がついたようだ。
 「沙織ー。遅いでー」と大きく腕を振ってくる。沙織も小さく手を振った。

「来られてよかったな」

「うん」

 沙織は辺りを見回した。

ーーあれ? おかしい。

 沙織が質問したいことは、愛染が代わりに尋ねてくれた。

「ミハエルは?」

 銀次郎は言い澱んでいたが、クマオはあっけらかんとした声で話した。

「あいつは来られへんで」

「えっ!」

 クマオは、驚いた声を出す沙織に驚いた。

「そない驚嘆の表現されたかて」

「なんで?」

 愛染は、クマオにではなく銀次郎に問いただした。

「えっと……、そうだね。ミハエルさんは……、あのー、よくわからないんだけど……」

 あの時の騎士が本当に銀次郎だったのかと訝(いぶか)しんでしまうほど、銀次郎の歯切れは悪かった。それでも沙織は耐えて、言葉を待った。
 銀次郎は、困った顔をしたまま続けた。

「なんか……、過去に、リアルカディアで規則を破ったようで」

「秘密を暴露したか、暴力行為を働いたか、KOKの敵になったってこと?」

「詳細はわからないけど……、どうも、リアルカディアに入ることが禁止されているみたいな……」

 沙織は、ミハエルの顔を思い出した。そういえば、いつもと違って何か寂しそうな顔をしていたような気がする。

ーーそうかぁ。ミハエル……。

 何もかも完璧な人格者と思えたミハエルにもそういう面がある。
 沙織は初めて、大人にも大人の歴史があるのだということを考え出した。
 大人も、自分たちと同じように人間で、人格者にも黒歴史がある。

「それじゃあ、この四人、いや、三人と一匹で、全て揃ったということ?」 

「四人、て呼んでもええで」

 愛染はクマオを見た。

「ワイは人間差別をせえへんのや」

 偉そうだ。
 クマオは自分のことを人間より偉いと思っていて、別にそれでも対等でも良いと言っている。なんだか和む。

「じゃあ、行くとしますか。いよいよダビデ王とご対面です」

 銀次郎は立ち上がり、奥に向かって進んでいった。
 沙織はクマオの腕を掴んで、愛染と共に後をついていった。
 道すがら、銀次郎と愛染は話をした。愛染は、もうすでに丁寧語を使っていない。

「最初に会った時に、世界塔へ連れていくと言ってたけど、ここがその世界塔なの?」

「ここはクリスタルパレス。世界塔の一階さ。KOK本部へは、これからエレベーターでいくんだ」

「このクリスタルパレスは大きい感じがするけど、これが塔の一階だとすると、世界塔はもの凄く大きいね」

「世界塔は、高さも階数も、知っているものが誰もいない不思議な塔なんだ。噂では、夢の数だけ階数があるらしい。各階に入れるのは、各階の所有者から認められたものだけで、俺もまだ、三つの階しか入ったことがない。ただ、俺の見た階は、クリスタルパレスほど広くはなかったよ。日本武道館のアリーナよりも狭かった」

 銀次郎は、愛染にもわかりやすいように、剣道の試合場の大きさで喩(たと)えた。

「そうなると、他の階も全て見てみたいね」

「確かに。でも全ての階に入ることができるのは、リアルカディア首長であるジョセフ・シュガーマンだけらしいよ」

 オーロラカーテンに沿って歩きながら話をしていると、いつの間にか沙織たちはエレベーターホールへとたどり着いた。

 エレベーターといわれた場所にはボタンがついていない。全員が上に乗ると、地面からうっすらとした透明の鉱石があらわれ、沙織たちをひとまとめにして包みこむ。竹橋の科学技術館で、シャボン玉の中に入ったことを思い出す、ひんやりとした空気だ。
 下を覗くと、澄んだ湖のような青一色が広がっていて、底から、十メートルはあろうかとでもいうような巨大な生き物が泳いでくる。見たことのない魚だ。ヌメヌメとしていそうな皮膚から、深海に住んでいる生物と推測される。

 魚は水面まで上がってきて、大きな口を開くと、うんねりとしながら、沙織達の包まれている透明の鉱石をゆっくり飲み込んだ。銀次郎とクマオは、「これが普通」という顔をしていたので、沙織も真似して、これが普通という顔をしてみた。

 だが、内心は、ドキドキとワクワクが止まらなかった。

「Saori's Umwelt (加藤沙織の環世界)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く