Saori's Umwelt (加藤沙織の環世界)

オミィ・ランバード

第28話 Damned if you go, and damned if you don't (行くも地獄、戻るも地獄)

 イノギンとモーゼは、二人同時に固まった。沙織の言ったことが信じられないようだった。

「えっと、君がKOKに?」

「はーっはっは!」

 愛染と話していたモーゼが、沙織を見下す。

「何を言うかと思ったら。いいかい、お嬢ちゃん。KOKというのはエリート中のエリートだ。とんでもない才能を持った人間が、訓練の末にやっと入れるか入れないか、そういう世界なんだ。私は若い頃、ギリシャの特殊部隊で最強と言われていた。その私でさえ、才能がないと弾かれる。そのくらい難しいものなのだ。君が私より強いなんてありえないだろう? 無理とはいえ、剣道日本一の藤原愛染が言うのならば百歩譲ってまだわかるが、お嬢さんにはとてもとても」

「なにか試験とか……あるのなら、受けさせてください」

「いやいや……。Fも制御できないし、声も小さい……。試験以前の問題だろう」

「声……出ますっっ!」

 沙織の声は、音楽室いっぱいに破裂した。愛染ですら初めて聞いた声だ。モーゼは驚いたが、すぐ沙織に言った。

「声が大きければいいってもんじゃない」

「あとは、何があればいいんですかっっ?」

 モーゼは耳を押さえながら言った。

「あー。もう声を小さくしていい。才能だよ、才能。こんなに不完全にFを発動させてしまって、止めることもできやしない。君にはFを使う才能がない」

 沙織は、夢が遠のいていくのを感じた。

ーーーまだ何も試してもらってないのに! 修行すればできるようになるかもしれないのに! 愛ちゃんならともかく、アタピは話にならないなんて!

 これは外見と肩書きでの判断だろう。沙織は普段から努力をして、たくさんの成功体験を得てきている。なので、KOKに入りたいということが、そんなにも無謀なことだとは思えなかった。
 日本で一番の女子校で、いつも学年トップクラスの成績。一日も休まず毎日仙術で心技体を鍛えている。
 それでも、こことは違う世界に入ることは、そんなにも無謀なことなのだろうか?
 丁寧語だって使った。大声も出した。こんなにも必死に懇願したというのに。

 沙織は、全身の力が抜けた。目からは止めようとしても涙が溢れ、冬だというのに汗が制服の中で一気に流れてくるのを感じた。

「チョッ、チョイ」

 視界の端で、クマオがイノギンを呼び寄せている。

ーーこんな時だというのに。

 沙織は知らず、聞き耳を立てていた。

「イノギン。あんな、ワイの幻脳ウィキとイノギンのPカード、繋げてみ」

「プットー」

「了解です。……繋ぎました」

ーープットー?

 聞いたことがないが、最新モバイルなのだろう。イノギンの腕時計から、無機質な女性の声がした。カブトの目が出ていた部分には、薄い膜(まく)が張られている。

「そ。そんで、沙織と愛染を見い」

 イノギンは、沙織をじっと見た。沙織は、別に見られることが嫌いな訳ではないが、泣いている姿を見られたくはない。すぐに後ろを向く。
 だが、後ろを向いても特に関係がないようだ。イノギンとクマオは、ただじっと沙織を見つめた。

「これは……」

「なっ?」

「愛染も?」

「せや」

 イノギンは、愛染のこともじっと見る。

「うーん」

「ホンマやろ?」

「壊れてないよね?」

「逆に、壊れる幻脳ウィキを見てみたいもんやわ」

「確かに」

 イノギンは唸った後、しばらく黙りこんだ。


 音楽室の時計が秒針を奏でる。

 イノギンは顔を上げた。

「モーゼさん」

「ん?」

 モーゼは、早く終わらせろという表情だ。

「モーゼさん。加藤沙織は、アルキメストの素質がありますよ」

「なんだと?」

 モーゼは、あまりにも予想外の出来事で驚いたのだろう。首を上下に動かし、イノギンと沙織を交互に見比べ、独り言のように呟いた。

「アルキメストは、オーラを大量に持つ者だけがなれるはず。そういう者は何かで一流の者か、長い間オーラを作り出す訓練をしている者しかいない。何もしていないのに出来る生まれついての天才なんて、今まで一度も例がないだろう?」

「ですね。ですから沙織さん達には、毎日オーラを作る訓練をしていることがうかがえるのですよ」

「一般人だろ? なぜそんな訓練をしているのだ?」

「わかりません。しかし事実です」

 モーゼは、鬼気迫った顔で沙織の肩を掴んだ。

「お前は何者だ? なぜオーラの訓練なんてしているのだ?」

 沙織は、肩にモーゼの指の喰い込みを感じながら、よく考えた。

「ん、と。仙術の修行のこと、ですか?」

「仙術? いったいそれは何だ?」

 沙織の代わりに愛染が答えた。

「個体のポテンシャルを、心技体全て最大に引き出すための技術です。その中にはその、オーラを引き出す訓練も含まれているのかもしれません」

「そういえばさっき、沙織たち、と言っていたな。ならば愛染にも素質があるのか?」

 モーゼはイノギンに尋ねた。
 イノギンはうなづく。
 モーゼはまた、愛染と沙織を交互に見比べて呟いた。

「信じられん……」

 モーゼは絶句の後、自分を取り戻したかのように、再びイノギンに尋(たず)ねた。

「ならば、二人にはさぞかし高名な師匠がいるのではないか? オーラを扱える人間を二人も育成するなんて、そうでもないと説明がつかん。彼女たちの師匠が誰なのかわかるか?」

「師匠? 少し待ってくださいね」

 イノギンは、沙織と愛染を交互に見た。カブトについている電子器具が点滅する。

「えっと、ミハエル・ヒャルコビッチさん、ですね」

 そのまま中空を指でなぞる。

「元ロシア軍人。三十歳で陸軍少将になった後で、除隊し傭兵に。そこでカトゥーさんと出会っています。以降、十年ほど共同で調査、探索をおこなっていますね。カトゥーさんが行方不明になった後は日本に帰化し、四谷でコマンドサンボの教室を開いています。東京格闘技協会の理事もつとめているそうです」

「カトゥーさんの戦友。なるほど。それなら理解できる」

 モーゼは唸った。

「しかしこの子たちが、なぁ」

 自分に才能がなかったのに、目の前の女子高生に才能がある。モーゼには、それがどうしても信じられない。

「プットー、ありがとう」

「終了します」

 イノギンは、緊張した面持ちの沙織を意識しながら、モーゼに提案した。

「モーゼさん。こういうのはどうでしょう? KOKはその性質上、万年人材不足です。なので、ダビデ王にこれから連絡して、俺の推薦で世界塔に連れていってテストを受けさせる、というのは。KOKに入団できるのならこれ幸い。駄目だとなったら、Fの制御法だけ覚えてもらって、監視付きでクルクルクラウンを持っていてもらう。制御法を覚えることもできなかったら、その時は、沙織さんがなんといってもFを渡してもらう、というのは」

「監視が付くんですか?」

 愛染が、緊張した面持ちで尋ねる。

「Fを持っている人間には、基本的にパートナーと呼ばれる一匹のネコと契約してもらうことになってるんだ。そいつがいなくなった時、すぐに見つけ出せるようにするためにな。世界を滅ぼす可能性のあるFを、一人の人間に持たせて放任することはさすがにできない」

 愛染の顔がこわばったのを横目で見ながら、イノギンは話を続けた。

「大丈夫。俺にも信長がついているけど、プライバシーは守ってくれる。制約を破った時や、ピンチの時に居場所がわかるようになるだけだ。それ以外は意見をくれたり、無条件ではないが他の猫の手も借りられたりと、非常にパートナーとして頼りになるぞ。さっき結界を張ってくれたのも信長だし、俺が君達を見つけられたのも猫の手を借りたからだ。なっ、信長」
 音楽室の隅で丸まっていた黒猫は、めんどくさそうな顔で招き猫のように片手をあげた。片目に傷がある。あの猫が信長というのだろう。

ーーしかし、猫の手を借りたという言葉を使った時、イノギンさんは気分良さそうだったな。おそらくこのネタ、気に入ってて何度も擦ってるんだろな。

 沙織は涙も止まって、微笑ましい気分になった。

ーー猫といえば。

 沙織は思い出した。集中した時、カーテンの外に猫がいたことを。それに、クマオを連れてきてくれたのもチャタローという子猫だった。

ーー今日は冬なのにやけに猫が多いなーと思っていたが、そういうことだったんだ。

 愛染はいつの間にか、自分が主人公という顔をしてイノギンと話を続けている。

「それを了承しなければ、交渉もさせてもらえないということ?」

 かなり譲歩したよ、という顔をしながら、イノギンはうなづいた。
 イノギンと普通に会話している愛染。沙織の頭の中には急に疑問符が浮かび、その数が増えていった。

ーー???

 沙織は、疑問を口に出した。

「愛ちゃんも、KOK行くの?」

 愛染が不思議そうな顔で返す。

「むしろ、私がそんな危ない場所に、沙織を一人で向かわせるとでも思ったの? 運のいいことに、ちょうど私にも才能があるみたいだし」

「でも、政治家の夢は……」

 愛染は、当然のような顔をしてイノギンに質問した。

「KOKは政治家になってはいけない、なんてルールはないよね?」

「ないな」

「ほらね。私、欲張りなの」

 愛染は、勝ち誇った笑顔で沙織を見下ろした。
 愛染が一緒に来てくれるということは不安がなくなる。けれども沙織は、一人きりで新しい世界に飛び込みたい、という気持ちもあった。それと同時に、もし自分が落とされて愛染だけが受かったらどうしよう、という思いも湧き出てきた。一度思うとその思いはどんどんと膨らんでくる。心配でたまらない。

 だが、沙織の心の中なんて誰も見てはくれない。

 時間は進み、イノギンは腕時計越しに誰かと連絡をとっている。おそらくKOKの責任者に電話しているのだろう。
 沙織は心臓が痛くなり、視界がぼやけていた。まるで夜の海に溺れているような。
 満月のようにきれいに光るクルクルクラウンだけが自分の意識をつなぎとめている。世界の向こう側では、モーゼも愛染も、みんなが誰かと電話をしているような気がした。

 沙織は立ったまま、世界の中に沈みこんでいった。

「Saori's Umwelt (加藤沙織の環世界)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く